今注目のニュース
沢尻容疑者の代役に川口春奈 偶然の一致に「鳥肌立った」と騒然
『刃牙』シリーズをBLとして読むオタクの感想本、表紙も危険(ヤバ)かった 帯コメントはまさかの上野千鶴子先生ッッ!!
指原莉乃、離婚報告で涙ぐむSHELLYに最高の一言 「さすがだ…」

EM(エンタメイト)単語

エンタメイト

  • 2
  • 0
掲示板をみる(405)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

EM(エンタメイト)とは、コナミカードゲーム遊戯王 オフシャルカードゲーム』に登場するモンスターカードカテゴリーである。

概要

アニメ遊戯王ARC-V』において、主人公榊遊矢として使用するモンスターカテゴリー主人公父親・遊勝もこのカテゴリーを使用している。

EM(エンタメイト)とは、「エンターテインメントentertainment)」の略称である「エンタメ」と「仲間mate)」を組み合わせた造であり、表記もそれらの頭文字を付け合せたもの。イラストは全て生き物モチーフとしており、イラストのどこかにマークが記されている。また共通して、ネクタイシルクハットなどサーカス業集団のような装いをしている。

コンセプトとしては仲間同士を合わせて相手の強モンスターや布に立ち向かうというモノ。かつてはカテゴリー間のシナジーは薄く、遊矢のファンデッキでもなければ統一デッキを作る意義は薄かった。しかし、個々のは汎用性が高く、様々なデッキ出張と言う名の業を行っていた。

ペンデュラム召喚登場と合わせて産まれたカテゴリーであり、遊矢はペンデュラム召喚軸にしている為、EM所属モンスターの多くがペンデュラムモンスターでもある。

その後ストラクチャデッキマスターオブペンデュラム」や限定カードEMペンデュラムマジシャンの登場で、豊富なサーチで回転させつつP召喚で展開を狙うデッキに変貌。「マスターオブペンデュラム」の追加カードにより、本格的に「魔術師」や「オッドアイズ」のペンデュラムモンスターと混成した、所謂「遊矢デッキとして組めるようになった。後述の禁止カードを抜きにしても、50種類以上のモンスターと10種類以上の種族を抱えているため、構築の幅も広くなっている。

ぶっ壊れペンデュラムモンスターどもを抱えた後述の「Em(エンタメイジ)」と組み合わせることで圧倒的な展開速度を誇るデッキと化し、2015年後半の環境一強のまま独走した。10月にはEMモンキーボードが登場し、これにより一強が決定的と成る。
2016年1月より、Emカードに加え、先に展開して相手の返しを封殺するNo.16 色の支配者ショック・ルーラーといった相性のいいカードが一気に禁止カードとなるが、EM自体に一切の規制はかからなかった。
EM環境に押し上げたパーツEMモンキーボード》《EMクロバットジョーカー》《EMペンデュラムマジシャンがそれぞれをサーチできるという凄まじき状態であり、特にEMモンキーボードは通常召喚権・ペンデュラム召喚権の双方を使わずペンデュラムケールセッティングするだけでサーチができるというとんでもない性を誇っていたため、安定性が異常なほどに高くなってしまい、忌み嫌われていた。これの規制がなかった結果、結局新たに「士」とそのサポートを取り入れたEM士】一強として台頭することになってしまう。
あんまりにもOCG環境を固定化しすぎたせいか、EMモンキーボード2016年4月1日を以て現行最速タイの禁止、残り2枚も悉く制限に逝った。中でも禁止化されたEMモンキーボードには同情の欠片もない。EM弱体化したことで遊戯王笑顔がもたらされるとはなんと皮な事態だろうか。

::::::::        ┌──────────────────────┐
::::::::        | 慧眼の魔術師がやられたようだな  │
:::::   ┌─────└───────────v───┬──────┘
:::::   | フフ…奴はエムエムの中でも最弱   |
┌─────└────────v──┬───────┘
| 改訂如きに負けるとは|
| エムエムの面汚しよ │
└────v─────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡      ●
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|    _(_
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /   ( ゚ω゚ )
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\ '    `
  ドクロバット   ペンマジ ジャグラー  ヒグルミ  リザードロー  クラウン  眼差し 
  • 三ヶ月後

::::::::        ┌──────────────────────┐
::::::::        | ルーラージャグラーヒグルミがやられたようだな│
:::::   ┌─────└───────────v───┬──────┘
:::::   | フフ…奴らはエムエムの中でも最弱   |
┌─────└────────v──┬───────┘
| 改訂如きに負けるとは|
| エムエムの面汚しよ │
└────v─────────┘
  |ミ,  /  `ヽ /!    ,.──、
  |彡/二Oニニ|ノ    /三三三!,       |!
  `,' \、、_,|/-ャ    ト `=j r=レ     /ミ !彡      ●
T 爪| / / ̄|/´__,ャ  |`三三‐/     |`=、|,='|    _(_
/人 ヽ ミ='/|`:::::::/イ__ ト`ー く__,-,  、 _!_ /   ( ゚ω゚ )
/  `ー─'" |_,.イ、 | |/、   Y  /| | | j / ミ`┴'彡\ '    `
 モンキーボード    ドクロバット   ペンマジ クラウン ギタートル リザードロー アリアドネ ラスター 眼差し 竜虎

カード説明

2014年4月19日発売”THE DUELIST ADVENT” 

EMディスカバー・ヒッポ

効果モンスター
3/地属性/族/攻 800/守 800
(1):このカードが召喚に成功したターン
自分は通常召喚に加えて1度だけ、自分メインフェイズに、
レベル7以上のモンスター1体を表側攻撃表示でアドバンス召喚できる。

レベル3下級モンスターデフォルメされたカバで、遊矢のマスコットモンスターDホイール。通常召喚に成功したターンにもう1度通常召喚権と最上モンスターアドバンス召喚出来る。詳しくは該当記事

EMソード・フィッシュ

効果モンスター
2/属性/族/攻 600/守 600
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃・守備60ダウンする。
(2):このカードモンスターゾーンに存在し、
自分がモンスターの特殊召喚に成功した場合に発動する。
相手フィールドの全てのモンスターの攻撃・守備60ダウンする。

レベル2の下級モンスターグラサンリーゼントイカダンディ太刀。自身の召喚成功時や仲間が特殊召喚される度に相手モンスター全てを弱体化させる。モンスター同士の殴り合いを有利に進められたり相手の猛攻を防いだり出来る。

EMウィップバイパー

効果モンスター
4/地属性/爬虫類族/攻1700/守 900
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示のモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃・守備ターン終了時まで入れ替える。
この効果はお互いのメインフェイズにのみ発動できる。

レベル4の下級モンスターデフォルメされ怖さがくなったコブラ。両者のメインフェイズモンスター1体の攻守を入れ替える。攻守どちらかの数値が偏っているモンスターを狙ったり仲間落とし穴カードの脅威から守ったり出来る。当然「No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ」と相性が良い。
EMディスカバー・ヒッポに負けず劣らず中々にらしい表情や行動を見せてくれる。モンスターの中ではしく文字通り(><)←こんな表情を見せてくれた。

EMアメンボート

効果モンスター
4/属性/昆虫族/攻 500/守1600
(1):攻撃表示のこのカードが攻撃対に選択された時に発動できる。
このカードを表側守備表示にし、その攻撃を効にする。

レベル4の下級モンスター巨大化してカラフルになったアメンボジト目。攻撃対になると守備表示になる事でその攻撃を中断させる。場持ちの良いになるだけでなく、相手ターンで場にモンスターが居ない状態での生やリクルーターで引っったりすると猛攻をげることも。

EMレイドスコーピオン

ペンデュラム・効果モンスター
6/属性/昆虫族/攻 100/守2300
【Pスケール4/4】
(1):自分フィールド属性モンスターの攻撃300アップする。
モンスター効果】
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動できる。
このターン、そのモンスターは相手フィールド
特殊召喚されたモンスター全てに1回ずつ攻撃できる。

レベル6の上級Pモンスターデフォルメされ可らしくなったサソリつぶらな瞳が特徴。自軍属性モンスターを強化するP効果と自軍モンスターに全体攻撃を与えるモンスター効果を備える。上昇値300地味ながらも殴り合いで嬉しい・相手にとっては嫌らしい数値。全体攻撃出来る相手モンスターは特殊召喚されたモンスターにのみだが、現環境ではそれほど問題にはならない。

名前は「カレイドスコープKaleidoscope:万華鏡)」と「スコーピオンScorpion)」を混ぜ合わせたモノ。

EMヒックリカエル

ペンデュラム・効果モンスター
2/属性/族/攻   0/守 800
【Pスケール3/3】
(1):1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃・守備ターン終了時まで入れ替える。
モンスター効果】
(1):自分バトルフェイズに1度、自分フィールドモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更し、その攻撃・守備ターン終了時まで入れ替える。

レベル2の下級Pモンスターデフォルメされ気持ち悪くなくなったカエル。人1人を乗せられるくらいデカい。名前通り、モンスターの表示形式をひっくり返す。モンスターの攻守を入れ替えるP効果と自軍モンスターの攻守と表示形式を変更するモンスター効果を持つ。相手モンスター弱体化や守備の高いモンスターをアタッカー変身させる・「No.33 先史遺産-超兵器マシュ=マック」などと組み合わせるなど、様々なコンボに組み込める。

ガエルではなくカエルなので、ガエルサポートカードの恩恵は受けられない。

Vジャンプ2014年6月号付属カード

EMシルバー・クロウ

ペンデュラム・効果モンスター
4/闇属性/族/攻1800/守 700
【Pスケール5/5】
(1):自分フィールドの「EMモンスターの攻撃300アップする。
モンスター効果】
(1):このカードの攻撃宣言時に発動する。
自分フィールドの「EMモンスターの攻撃
バトルフェイズ終了時まで300アップする。

レベル4の下級Pモンスター。鋭いと牙を持ち々しい顔つきのオオカミクロウとはカラスの事ではなくを差している。P効果・モンスター効果共に自軍EMを強化する効果。効果の関係上このカードの攻める時の攻撃は実質2100である。仲間に先んじて攻撃すれば自軍EMも強化出来る。

Vジャンプ2014年7月号応募者全員サービス”V JUMP EDITION ペンデュラムVパック”

EMヘイタイガー

効果モンスター
4/地属性/戦士族/攻1700/守 500
EMヘイタイガー」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカード戦闘で相手モンスターを破壊し墓地へ送った時に発動できる。
デッキから「EM」Pモンスター1体を手札に加える。

レベル4の下級モンスター。名前通り兵隊のトラ。数少ない人モンスターでもある。モンスター戦闘破壊出来れば仲間をサーチする。仲間の補助を受ければより戦闘で活躍出来、効果で後続をサポートし、P召喚での大量展開に繋げられる。

EMジンイノ

効果モンスター
3/属性/岩石族/攻 200/守1800
(1):このカードモンスターゾーンに存在する限り、
相手は他の「EMモンスターを攻撃対に選択できない。
(2):このカード墓地に存在し、
EMジンイノ」以外の自分フィールド
EMカード戦闘・効果で破壊される場合、
代わりに墓地のこのカードを除外できる。

レベル3の下級モンスター雷様の太鼓を備えたサイ付きとが鋭い。仲間を攻撃対にさせない効果と墓地から除外する事で仲間の破壊を防ぐ効果を持つ。相手モンスターの猛攻からEMを率先して守る。墓場に居ようが守る。

名前の由来は「」+「ライノセラス」。

2014年7月19日発売”NEXT CHALLENGERS”

EMアモール

ペンデュラム・効果モンスター
2/地属性/族/攻 600/守1000
【Pスケール5/5】
(1):自分フィールドのPモンスターの攻撃300アップする。
モンスター効果】
EMアモール」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分メインフェイズに元々の攻撃と異なる攻撃を持つモンスター1体を対として発動できる。
そのモンスターの攻撃の数値によって以下の効果を適用する。
そのモンスターの攻撃が元々の攻撃より高い場合、
そのモンスターの攻撃1000アップする。
そのモンスターの攻撃が元々の攻撃より低い場合、
そのモンスターの攻撃1000ダウンする。

レベル2の下級Pモンスター。小さくてかわいい、恥ずかしがり屋のモグラ。自軍Pモンスターを強化するP効果と選択したモンスターの攻撃の元々の数値との上下具合で変わるモンスター効果を持つ。モンスター効果は自軍モンスターの強化にも、相手モンスター弱体化にも使える。ただし、うまい具合に数値が変わったモンスターが居るとは限らないので、有効活用にはなんらかのサポートが必要。

EMトランポリンクス

ペンデュラム・効果モンスター
2/地属性/族/攻 300/守 300
【Pスケール4/4】
EMトランポリンクス」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がP召喚に成功した時、
自分または相手のPゾーンカード1枚を対として発動できる。
そのカードを持ちの手札に戻す。
モンスター効果】
(1):このカードが召喚に成功した時、
自分または相手のPゾーンカード1枚を対として発動できる。
そのカードを持ちの手札に戻す。

レベル2の下級Pモンスタートランポリンのような胴体をした山猫P召喚時にPゾーンカードバウンスするP効果と召喚成功時にPゾーンカードバウンスするモンスター効果を持つ。Pモンスターを手札に戻しても次のターンには直ぐに発動されてしまうため、自分のPゾーンに使用するのがな使い方となるだろう。

余談

アニメにおいて、本カテゴリーを意識した『Em(エンタメイジ)』というカテゴリーが登場している。
こちらは榊遊矢と同じくエンタメデュエリストす留学生デニス・マックフィールド用している。
特徴がサーカスマジシャンといったEM(エンタメイト)と共通する部分が多い。
OCGではこのEmと組み合わせることにより爆発的な展開がさらに高まり、先手を取られると全く追いつけないようになってしまい、環境デッキとして台頭してきたが、本当に危険な単体パーツは当初はEmにあった。
ところが、EMモンキーボードが出た間、その評価は大きく覆ることになる・・・。

関連商品

関連動画

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/11/23(土) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/23(土) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP