F-8単語

エフハチ

1.4千文字の記事
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

F-8とは、チャンスボート社の開発したアメリカ海軍向けの音速艦上戦闘機である。

概要

開発がおこなわれた1950年代前半において、アメリカ海軍戦闘機戦闘システムはいかにあるべきかを模索していた。この当時の戦闘スタイルとしては

  1. 機関による撃墜を意識した格闘戦
  2. 距離からレーダー照準によるロケット弾により大爆撃機を葬り去る迎撃戦
  3. ミサイルによる撃墜をメインとする迎撃戦

の3つが考えられていたが、F-8はこのどれにでも対応可なよう設計されている。これを実現するために、コルトMk.12 20ミリ機関を4門装備、あわせてレーダーを備え(初期は未装備)、AIM-9サイドワインダー空対空ミサイルロケットポッドが携行可である。爆弾も装備できるので爆撃任務も行える。

また。機首の独特の形状がショックコーンの働きをしているためか、同種のJ57ターボジェットエンジンを装備しているF-100の最高速度を大きくしのぎ、同じくJ57を装備してエリアルールを採用しているF-102の最高速度すらえる飛行性を有する。

何より最大の特徴は、空母への着艦時の視界善を狙っての取り付けの変更が行える点である。これによって機首を大きく上げることなく着艦が行えるようになり、事故の危険性を大きく減らすことになった。

艦上戦闘機であるからの折りたたみ機構を有する。折りみ機構と飛行姿勢に関する制御系統は独立しているためを折りんだ状態でも一応飛行は可事実海兵隊の地上基地での展開を忘れ、を折りんだまま発進する事例があった何回か起こった様子。ただしの展開や折りみは飛行中にできない。エリア88元ネタである。

上述した戦闘機としての戦闘を維持するため、パイロットベトナム戦争時に格闘戦の訓練を受けさせられていた。それと良好な運動を持ち合わせていたため、交戦規程などのせいで自慢のスパロー空対空ミサイル自由に扱えず苦戦したF-4に北ベトナム空軍相手におよそ8:1のキルレシオを残した。そのことでミグマスターや最後のガンファイターと呼ばれた。ただし機関での撃墜は1機のみであり他はすべてミサイルによる撃墜である(その撃墜もロケット弾との併用)。その機関も故障が起こりやすく、信頼性は良いものではなかった。

基礎設計が優秀で、エンジンや航続距離にも余裕があったため設計を流用して攻撃機であるA-7ルセアが開発されている。また偵察機としてRF-8も開発され、こちらは80年代まで空母運用されていた。

より強なJ75ターボジェットエンジンや新レーダー、可変式エアインテークを装備し、マッハ2級の高速性AIM-7スパロー空対空ミサイルの運用を併せ持ったF8U-3スーパークルセイダーも開発されたが、較審の末マクドネルF4H-1ファントムに敗れて不採用になった。

配備状況

アメリカ海軍海兵隊に配備された機体は、すでに全機が退役済み。

F-8はフランスフィリピンに輸出されたが、フランス海軍ではラファールと交代する形で、フィリピン空軍では経済的に機体を維持できず、自然消滅する形で全機退役済み。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/10/03(月) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2022/10/03(月) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP