B-52単語

ビーゴジュウニ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(183)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ボーイングB-52 ストラトフォートレス by エイ B52スレ#17

ボーイングB-52 ストラトフォートレスBoeing B-52 Stratofortress)とは、アメリカ合衆国ボーイングが開発した戦略爆撃機である。

概要

ボーイングB-52 ストラトフォートレス
Boeing B-52 Stratofortress
用途 戦略爆撃機
分類 ジェット爆撃機
製造者 ボーイング
運用者 アメリカ空軍
総生産数 744
製造期間 1952年1962年
初飛行 1952年4月15日
運用導入 1955年2月

ボーイングが開発・製造した多発式ジェット爆撃機アメリカ空軍USAF)にて1955年から運用・良を重ね、2019年現在は最終量産型機B-52Hが使用されている非常に息の長い軍用機である。称のストラトフォートレスStratofortress)は、「成層圏の要塞」を意味する。

機体

全長、全幅共に50m近い巨人機。長大な後退に8発のジェットエンジンを搭載している。

日本人染みの爆撃機といえば第二次大戦の要塞B-29であるが、最初の戦略爆撃機とも言えるB-29から、より大量の爆弾をより遠くへ、という進化の流れのその終端に立っている爆撃機B-29に対して航続距離は1.5倍、速度は1.8倍、爆弾搭載量は3.5倍におよぶ。

先代の重爆撃機B-36の後継であり、本土から飛び立ってソ連を核攻撃するため、長大な航続距離と当時の巨大な核爆弾を搭載するを実現した。

実は航続距離、搭載量いずれもB-36に若干劣るが、ジェット機となったことで速度では300km/h近く向上している。

経歴

開発

B-52の構想そのものは1946年2月陸軍航空隊(まだ空軍独立していない)が航空メーカーに提案要したことに端を発する。先代の重爆撃機となるB-36もまだ開発中で気のい話であるが、B-36は基本的にはレシプロ機であり、遠からずジェットエンジンの時代が来ることもまた自明であった。

当初は直線ターボプロップ6発機として計画されていたが、性的にB-36と大差いものになってしまい、計画は難航。そうこうしているうちにジェットエンジンの技術が進み、紆余曲折の末、後退ターボジェット8発機となった。原機XB-52の初飛行は1952年4月15日

導入後も通常爆弾巡航ミサイル運用への対応、電子装備の強化、ターボファンエンジンへの換装などの修が行われている。

核攻撃任務

B-52の基本任務は核攻撃である。配備当初はまだICBMく、核爆弾の小化も途上であり、戦略爆撃機は核戦争であった。初期はまだ自由落下式の核爆弾で、ソ連網を焼き払いながら突っ込むような作戦が構想されていたが、後に核巡航ミサイルを装備し、防網の外からスタンドオフ攻撃を行う構想にシフトした。

冷戦中は戦略トロール任務についており、本土の基地が破壊された場合の報復、いは速攻で先制核攻撃を行う為に、常時核爆弾を担いでソ連の近くで中待機するという危なっかしい仕事をやっていた。核爆弾を搭載したまま墜落する事故を数件やらかしており、(より生存性の高いSLBMなどの登場もあって)冷戦期の後半には常時のパトロールは中止されたが、緊急発進できる体制は維持されていた。

実際に核攻撃をする事はかったが、2019年現在も核攻撃を保有している。

実戦参加

核攻撃をする機会はかったB-52であるが、通常の爆弾による爆撃任務ではベトナム戦争を皮切りに多くの戦争に参加している。

ベトナム戦争では大量の通常爆弾をばらまく第二次大戦以来の絨毯爆撃しか出来なかったが、その後の修により巡航ミサイルや誘導爆弾の運用が可になり、湾岸戦争では長距離からの精密攻撃を行っている。

対艦ミサイルでの対艦攻撃も可だが、実戦でやったことはない。

後のアフガニスタンでは長い滞時間を生かし、上に待機して地上部隊のオーダーに応じてミサイルや誘導爆弾を放り込むという近接航空支援まで手を出していた。

老兵B-52

B-52自体は名機であったが、時代は冷戦中である。ソ連側の迎撃機や対空ミサイルの発達も著しく、いずれB-52も時代遅れになると見られていた。(実際にベトナム戦争では対空ミサイルに撃墜されている)

空軍ソ連網を突破しう戦略爆撃機を幾度も計画したが、軍縮、要が高すぎるが故のハイコスト、新しい核攻撃手段である弾道ミサイルの登場、さらに冷戦そのものの終結という状況の変化により、いずれも計画の中止や大幅縮小を余儀なくされた。

そんな中、B-52も核軍縮の流れで300機以上が棄されたが、縮小されつつも運用は続けられ、米軍戦争をするたびに実戦に参加している。2018年時点での保有数は75機。運用期間は既に半世紀を越え、親子孫と三代に渡って搭乗しているB-52一家も居り、そんなパイロットく「B-52最後のパイロットはまだ産まれてさえいない」そうな。

2018年には、2020年代に予定されるB-21の配備に伴い、B-1B-2を順次退役させる一方、その先代のB-52については少なくとも2045年まで運用を続ける方針が発表された。仮にその通りになった場合、今飛んでいる最終の作られた1962年から数えても80年以上の長期運用となる。ひょっとしたら100年を越えて更に22世紀まで飛んでいるかも…?

仕様

B-52H
乗員 5名 (操縦士、副操縦士、レーダーナビゲーター、航法士、電子戦士官)
全長 48.5 m (159 ft 4 in)
全幅 56.4 m (185 ft 0 in)
全高 12.4 m (40 ft 8 in)
面積 371.6 m2 (4,000 ft2
虚重量 83,250 kg (185,000 lb)
全備重量 120,000 kg (265,000 lb)
最大離陸重量 219,600 kg (488,000 lb)
最高速 Mach 0.86 (1,000 km/h、650 mi/h、560KTAS
実用上昇高度 15,240 m (50,000 ft)
最大上昇率 31.85 m/s (104.5 ft/s)
航続距離 16,327 km (10,145 mi、8,816 nmi)
エンジン製造者 プラット&ホイットニー
メインエンジン プラット&ホイットニーTF33-P-3/103バイパスターボファンエンジン × 8基
最大推 75,620 N (7,711 kgf、17,000 lbf) × 8
固定武装 ゼネラル・エレクトリックM61 バルカン 20mmガトリング砲 × 1門 (現在は撤去済み)
搭載武装 爆弾ミサイル等の各種兵器を約31,500kgまで搭載可

バリエーション

USAF

  • XB-52 / YB-52
  • B-52A
  • B-52B / RB-52B
  • B-52C / RB-52C
  • B-52D
  • B-52E
  • B-52F
  • B-52G
  • B-52H

NASA

小ネタ

福島瑞穂議員の発言

国会会議録検索システムexitで「B52」を検索してみると、平成13年11月15日参議院で行われた第153回予算委員会の議事録exitには

福島瑞穂君 済みません、アラビアには、では行くんですか。これは戦闘地域ではないと判断されるんですか。
福島瑞穂君 よくわからないんですね。
 そこでB52が、実際に艦船から飛び立ち、攻撃をするわけです。直接に攻撃をするわけです。ですから、そこは相手方から見て十分攻撃される場所ですから、アメリカ戦闘地域と考えているわけです。日本がいつまでも、日本戦闘地域と考えないと日本だけが言って、だから自衛隊は行けるのだとすることは極めて問題だと思います。

という発言が記録されている。

空母上のB52 by エイ B52スレ#22

ちなみに、空母艦載機B-52をビジュアル化するとこうなる…

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 181ななしのよっしん

    2021/04/29(木) 19:38:24 ID: qFB1C3Dljq

    一から爆撃機を新造したり、戦略兵器削減に引っ掛かる弾道弾より手軽で安上がりだから

    というか、「新造ではなく補修と修ですよ」と言いってガワ以外別物にするのは米軍お決まりの屁理屈なので覚えとくヨロシ

  • 182ななしのよっしん

    2021/04/30(金) 18:29:25 ID: imMbeNzVzq

    >>180
    そういう仕事とはまた別映画TF歩兵レーザーレーザー!いってたやろ?あれや。
    待機して誘導爆弾やらミサイルやらを歩兵の要に対して敵地にお届けするプラットフォームには最適なのよ。
    まあ陸にもそれ用の誘導弾頭の自走砲やら対地ロケットがあるんだけど
    後方近くに展開しとかないとダメだし、そも曲射になっちゃうから使い所が限定される。
    今残ってるやつの中だと運用コストも搭載量も航続距離・高度・速度B52が最適なのよ。
    B-1も同様の仕事をもらって冷戦後もクビにならずに済んだんだけどそういう雑務はガラに合わず体を潰してほぼ退役状態。

  • 183ななしのよっしん

    2021/04/30(金) 20:27:02 ID: z0rogfCWqn

    ばら撒いたり長射程の対艦ミサイル運んだりといった海洋任務にも柔軟に対応できるし見せ札としての効果も高い
    中国軍相手だとガチの正規戦になるけど初手から弾道ミサイル撃ち合うよりは多少穏便に戦争ができるだろう

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/06/13(日) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2021/06/13(日) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP