今注目のニュース
J・ビーバー、トムに喧嘩売ったのは「バカだった」
同一労働同一賃金、肯定派より否定派の企業が多数 「人件費がさらに上がる」「派遣の苦しい声だけを取り上げている」
針を刺すと白く濁ってすぐわかるフィルムを開発、共同印刷

ユーロファイター・タイフーン単語

ユーロファイタータイフーン

  • 9
  • 0
掲示板をみる(576)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ユーロファイター・タイフーンとは、イギリスイタリアスペインドイツがEF2000(EFA)計画によって共同開発した多戦闘機(マルチロール機)である。

概要

ヨーロッパ4か共同の開発計画は1988年スタート1992年にはユーロファイター2000ネーミングされた。その後2002年にはユーロファイター・タイフーンとリネームされ、2003年イギリスドイツイタリアスペインの4かで配備が開始された。[1]

JAS39と同様にカナードとデルタを組み合わせたクロースカップルドデルタの形状を取っており、端を除いて13ヶ所ものハードポイントがあるのが大きな特徴。またアフターバーナーなしでのスーパークルーズに対応しており、全備重量でもマッハ1.3を発揮できる。前面のRCS(レーダ断面積)はF-22に及ばないものの電波吸収材の多用によりF/A-18E/Fラファールよりは小さいとされている。

段階的開発・量産を踏んでおり、トランシェ1~トランシェ3まで順次生産されている。本格的なマルチロール機となるトランシェ3はさらに3A3Bに別れ、3A2013年に初号機がロールアウトした。

イギリス防衛評価研究所の試算をもとに、Su-27(Su-35相当)と撃墜/被撃墜で較するとEF-2000は3~4.5となる。(F-22Aは9~10、F-15Cは0.76、F-16ブロック40は0.26となる)

航空自衛隊F-4の後継機を選定するF-X補にも挙げられていたが、[2]この時は最終的にF-35が選定されている。

厳しい現実

しかしながらトランシェ3の開発はAESAレーダー実用化の大幅な遅延(2015年実用化予定)が発生。各の予算不足からかさっぱり進展してない。また、カナード配置からアヴィオニクス区画が、実はF-2支援戦闘機よりも狭い

現行のトランシェ2に搭載されているレーダーユーロレーダーCAPTERだが、メカニカルスキャン(レーダーアンテナ機械的に首振りする)方式であり、このアンテナ部分をAESA(アクティブフェーズドアレイ)方式に切り替えようとしている。簡単に説明すると、メカニカルスキャンでは、電波の発信から受信までアンテナ部を動かす必要があるので、レーダー幅などに制約を受ける。AESAの場合、アンテナを構成する発信・受信機が電子的に位相を変えつつ送受信を行うので、レーダー探知距離などの性メカニカルスキャンよりも優れる、とされている。ユーロファイター以外の戦闘機ではすでに実装が進んでおり、航空自衛隊F-2が搭載しているJ/APG-1、F/A-18E/FBlock2が搭載するAN/APG-79などがある。

現状、2007年から開発していて2015年実用化という予定はいくらなんでも時間がかかりすぎかもしれない。その間、J/APG-1がAAM-4を運用するためなど各種のアップデートを行い探知距離を延ばしたJ/APG-2になるほか、AN/APG-79は限定的な電子戦まで備えるなどにべるとその動きは低調と言えるだろう。

この間、インドでの126機導入の輸出チャンスがあったといわれるがこのレーダー部分がネックとなり、ダッソー・ラファールの採用が決まった(ラファールはパッシブフェーズレーダー(PESA)搭載)。

2013年6月海外向けの輸出拡大が低調であることを受けて製造元のEADSでは、レーダーAESAへしないと導入に有利に働かないと、開発諸(イギリスドイツスペインイタリア)に予算承認をめている。2011年に基本合意に達したものので、まだ正式調印ではなく、今後の推移はまだ不透明であるといえるだろう。

2015年7月23日イギリス軍とインド軍で行われた演習インドラダヌーシュ」では、「3~4.5で有利」と言われていたはずのフランカー(正確にはSu-30MKI)相手に0対12で敗するという失態を犯した。
さらに、その対戦の中には2機のタイフーンで1機のフランカーと戦うも返り討ちにされる場面も存在したと言われている。

関連動画

MMD-OMF モデル部門 No.027 『ユーロファイター・タイフーン(三機セット)』 (モデラー:シナモソ)

関連商品

関連項目

脚注

  1. *「ユーロファイター・タイフーンの全貌」今泉 航空情報2005年10月
  2. *http://www.clearing.mod.go.jp/hakusho_data/2012/2012/html/n2352000.html

掲示板

  • 574ななしのよっしん

    2020/02/02(日) 07:22:27 ID: IDdD/xHjEV

    キヨタニみたいなのが大手を振って従わないは業界にいられなくしてやるとオンライン記事書いてる若手を攻撃してるような状況がまともなわけないだろと…
    記事を書くための取材より界粛清と若手のいびりに精を出してるんだから

  • 575ななしのよっしん

    2020/02/07(金) 01:33:11 ID: J+cX/dK4+1

    2018年軍オタがどうたらこうたらという内容
    都合の良いお人形を用意してそれを論破するというやっていることが2chの某所レベルで酷すぎる
    しかも自称でキヨタニを使う痛々しさ
    もうミリタリーの現場じゃなくて5chしか見てないんじゃね?
    まともに評論しようとする軍事評論家がかわいそうになる
    自動車評論家でも似たような人がいるけどマスコミに顔が利くけど駄という一番傍迷惑なタイプ

  • 576ななしのよっしん

    2020/02/19(水) 21:40:39 ID: MBfscZzSe3

    言っちゃあ悪いけどキヨ軍オタ(と揶揄される連中)は同族嫌悪だしねえ、評論家という看を掲げてる連中自体碌な物ではない

    所で役のタイフーンはどこに逝ったんすか、ひっそりと息を引き取ったんすか

急上昇ワード

最終更新:2020/02/22(土) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/22(土) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP