今注目のニュース
ミニストップの人気No1パフェ「練乳いちごパフェ」食べてきた 溶かしながら食べるといいぞ!
飲酒運転で衝突事故を起こした男 ズタズタの遺体を乗せたまま逃走
「誰にも迷惑かからないよ」死んだ飼い犬を山に埋葬する老婆、法的に問題ない?

IS01単語

アイエスゼロイチ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

IS01とは、auの発売するスマートフォンブランドISシリーズ』の第1世代スマートブックである。

概要

Android対応。これはauとしては初。
メーカーシャープ。本端末は、Android端末としても初である(ソニー・エリクソンの『Xperia』も同時期に発表されたが、同社はソニーと、スウェーデンのエリクソンの合弁会社であるため、全なメーカーとは言えない)。

いわゆるiPhoneXperiaのようなストレートな形ではなく、ネット上では発表時から揶揄されていた眼鏡ケースのような形をした、スマートブックである。

他社のスマートフォンからの差別化を図り、ワンセグ赤外線通信セカイカメラ内初)EZナビウォークリスなど、これまでauが展開してきた携帯向けサービスに多く対応させている。また、EZwebEメールにもアップデートによって対応している。
iPhoneXperiaなどを展開する内2社に出遅れた面のあるauとしては、ガラケーと揶揄される日本独自のこれらのサービス・機を切り捨てることなく取り入れていく方針であり、以後のISシリーズにもそれを反映させると言う。

なお、ドコモから発売されている『LYNX』は、通信規格とデザインに違いがあるものの、同スペック兄弟機である。

仕様

マイクスピーカーを搭載しており本体のみでスピーカーホンとして通話可ヘッドセットを使えば周囲に音を漏らさずに通話することも出来る。

評判

au初の本格的なスマートフォンブランドの始動とあって、『ISデビュー2010年9月末まで)』などの割引を多く提供した結果、品切れが続出し、auの予想を上回る好評だった。
もっとも、出荷・製造台数がそもそも少なかったからだが、Wi-Fi運用で8円の維持費や、終盤ではほとんど投げ売り状態だったことも人気の理由である。

iPhone内のスマートフォン人気を牽引するソフトバンクXperiaをはじめとする多くのスマートフォン提供するドコモの2社にべ、璧に出遅れたとしか言いようのない状態にあるauだが、このISシリーズを足がかりにスマートフォンを充実させる方針を発表している。

特に、先述の通り日本独自の『ガラケー』と呼ばれる機が多く存在する内にあって、それらを切り捨てる傾向にある他社のスマートフォンに対し、auはそれらの機をむしろ多く取り入れ、ガラケースマートフォンのいいところを両立させることで差別化と人気回復を図る的がある。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/02/24(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/24(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP