今注目のニュース
有害な宇宙線を安価に遮断する新素材は「錆(サビ)」!?
岡副麻希、インスタの悩みを解決する方法が「かわいすぎる」
猫がいる日常、猫との暮らしで気になった3つのこと

MiG-23単語

ミグニジュウサン

  • 2
  • 0
掲示板をみる(18)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

MiG-23とは旧ソ連軍の開発した可変戦闘機である。ここではMiG-23に加えて戦闘爆撃機であるMiG-27についても記述する。

概要

1960年代、旧ソ連軍では前線戦闘機としてはMiG-21フィッシュベッドを使用していた。MiG-21は、小で機動性や速度が高く、簡素なものながらレーダーを装備し赤外線誘導ミサイルの運用も与えられていたため使い勝手の良い機体ではあった。しかし同時期に仮想敵であるアメリカ海軍軍ではF-4ファントム機として使用していた。F-4は大の機体とそれに見合う大レーダーを装備、AIM-7スパロー中距離空対空ミサイルの運用が可であった。スパローは命中率や信頼性に問題があったものの赤外線誘導式のミサイルべてはるかに長大な射程を持っており、F-4とスパローの組み合わせ相手ではMiG-21では少々分が悪いことが問題になっていた。それに対抗して開発されたのが当機である。

離着陸性の向上と高速性の両立を狙って可変後退を採用している。離着陸時には大きな揚を得られるようほぼ直線にが広げられる。逆に高速飛行時には抵抗が小さくなるようにいっぱい後ろに下げている。の制御は手動式である。ただし可変は複雑な構造故、重量が重くなり、運動性に関してはMiG-21を下回るといったデメリットもある。

レーダーはモノパルス式のドップラーレーダーを備える。ベトナム戦争で撃墜されたF-4を回収して分析されたようで、ルックダウンに優れAA-7エイペクス空対空ミサイルの誘導が可。このためF-4とBVRで互以上に渡り合うことが可となった。エンジンも強で、近距離戦闘でも高い加速を生かした戦いに持ち込めば十分に強みを発揮できる。

は高かった当機であったが、冷戦終結後それにともなう軍縮の動きによって予算が削減、維持費がかかることからそれを嫌った一部の装備は退役を推し進めている。

MiG-27

MIG-23は強エンジンとそれによって支えられた航続距離や搭載量が武器であった。それに着したミグ設計局は生形として戦闘爆撃機タイプであるMiG-27を開発した。MiG-23との違いは以下の通り。

おもにソ連軍で運用されたがインドスリランカなどにも輸出されている。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 16ななしのよっしん

    2018/02/21(水) 22:32:35 ID: qRwy1mD6dN

    しかしプラモメーカーロシア機、特にMig視するのが悔しいな。
    図面が手に入らないのかな?MLかMFならイスラエル鹵獲していると思うのだが?

  • 17ななしのよっしん

    2019/02/08(金) 23:10:40 ID: Vaa8IzTY5c

    北朝鮮にもあるはずだがとんと出てこなくなったな…もうバラされたか?

  • 18ななしのよっしん

    2019/11/17(日) 11:30:34 ID: LfMcgezNiM

    どう考えても整備に手間かかりそうだしな。

急上昇ワード

最終更新:2020/02/22(土) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/22(土) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP