今注目のニュース
「小学生の息子じゃなく?」 ユーチューバーになりたい夫を巡る議論
BMWあおり運転の「宮崎文夫容疑者」前科持ちだった事が判明!?タクシー監禁に関与か。
歯磨きしても口がクサいと言われる人の特徴5

No.39 希望皇ホープ・ルーツ単語

ナンバーズサンジュウキュウキボウオウホープルーツ

掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

現れろ、ランク1、No.39
希望進化へと突き進む!原初の記憶を解き放て!
天衣無縫希望皇ホープルーツ

No.39 希望皇ホープ・ルーツとは、アニメ遊☆戯☆王ゼアル」に登場するカードである。

※記事名はOCG版のものに従ったが、アニメ版のカード名は「No.39 希望皇ホープルーツ」である。

概要

No.39 希望皇ホープ」がランクダウンした姿。

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/属性/戦士族/ATK 500/DEF 100
レベル1モンスター×2
このカードは「No.」と名のつくモンスター以外との戦闘では破壊されない。
このカードが相手モンスターエクシーズ1体と戦闘を行う場合、
このカードエクシーズ素材1つを取り除き、そのエクシーズ素材
戦闘を行う相手モンスターエクシーズ1体の下に重ねてエクシーズ素材とする事で、
このカードの効果を発動する事ができる。
このカードの攻撃を効にする。
このターンエンドフェイズ時まで、このカードの攻撃
戦闘を行う相手モンスターエクシーズとこのカードランクの差分×100ポイント
相手フィールド上のエクシーズ素材の数を掛けた数値になる。

公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」第47回による

アストラル世界ランクアップを絶対のものとし、不要なカオスを切り捨てるエリファスに対し、遊馬シャイニング・ドローによって「RDM-ヌメロン・フォール」を創造。その効果で「No.39 希望皇ホープ」をランクダウンさせ、このカードが降臨した。

ランク差が大きいほどを発揮するエリファスカードを前に、ランクダウンしたことでかえって状況が悪くなったようであった。しかし、これは不要なものを切り捨て、ただ選ばれた者だけがランクアップすることを是とするエリファスへの抗議の思いがあった。

遊馬はこのカードランク13の「NO13 エーテリック・アメン」へ攻撃、自身の効果で攻撃を効化して素材を与えることで、攻撃1200とする。さらに、エーテリック・アメンの33のオーバーレイユニットによって攻撃は33倍の39600となり、さらに「ダブル・アップ・チャンス」を発動、攻撃を2倍の79200として再攻撃し(勝敗に影がないためか省略されているが、ルール上は戦闘の際にエリファスの永続魔法ランクドミネーション」によって攻撃12000ポイントダウンし、67200となっている)、決着をつけた。

その後、長らく実際のデュエルに登場することはなかったが、VSドン・サウザンド戦でのホープの最後の攻撃のシーンや、VSナッシュ戦での「No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープエクシーズ召喚時の演出に、ほかのホープ進化形態とともに登場していた。


アストラルVS遊馬戦でアストラルが使用。
ホープが破壊されたときに「RDM-ホープフォール」によってランクダウンされた。さらに、「ナンバーズフレーム」をこのカードへ装備して攻撃1500ポイントアップさせ、エクストラデッキの「No.32 海咬龍シャーク・ドレイク」と「No.62 銀河眼の光子竜皇」をこのカードオーバーレイユニットにした。

そして遊馬の「ガガガガンマン」へ攻撃、「ガガガムライ」の妨を受けそうになったが、高ランクモンスターの効果を封じる「ランクレボリューション」で回避し、「ガガガガンマン」を戦闘破壊した。
さらに「オーバーレイアクセル」でオーバーレイユニットとなったNo.32を使って「ガガガムライ」へ攻撃し、破壊した。

続けて「オーバーレイアクセル」でNo.62を使って直接攻撃したが、遊馬の「マスダイ・ドロー」で攻撃を効にされ、さらに発動された「マスター・ピース」によってランク0の「FNo.0 未来皇ホープ」が出現。

攻撃0の未来皇で攻撃してきた遊馬に対し、何かあると考えたアストラルはこのカードの効果を使い攻撃300とした。未来皇の効果はバトルフェイズ中のコントロール奪取であり、これによってアストラルダメージを最小限に抑えている。

次のアストラルターン、「HRUM-アルティメットフォース」によってこのカードは「No.99 希望皇龍ホープドラグーン」へとランクアップされた。


攻撃名は「ホープルーツ・スラッシュ」。

公式サイト「必勝!モンスターアカデミー」では、アストラルがこのカードを「『ランクアップ』だけをし続けた、アストラル世界に示した新たな可性」である「ランクダウン」の徴と説明している。
遊馬VSエリファス戦で、エリファスが高ランクモンスターサポートするカードを使用していたのと対照的に、アストラルVS遊馬戦でのアストラルは、低ランクモンスターサポートする「ランクレボリューション」を使用している。

エクシーズ召喚の際に演出として表示されるナンバーは、他の希望皇ホープと異なり水色で描かれていた。しかし、実際に左肩に描かれているナンバーの色はほかの希望皇ホープと同じ赤色である。この水色39は、「No.39 希望皇ビヨンド・ザ・ホープ」でも見られた。

このカードの効果は、自身が攻撃した場合でも相手の攻撃を受けた場合でも発動できるが、「このカードの攻撃を効にする」とテキストにあるように、攻撃を効にできるのはこちらから攻撃した場合のみである。そのため、アストラルVS遊馬では未来ホープの攻撃を効にできていない(アストラルも「攻撃を効にする」とは言っていない)。

オーバーレイアクセル」のイラストに描かれている。

OCG版

LEGACY OF THE VALIANT」(2013年11月16日発売)でOCGに登場。

エクシーズ・効果モンスター
ランク1/属性/戦士族/ATK 500/DEF 100
レベル1モンスター×2
自分または相手モンスターの攻撃宣言時、
このカードエクシーズ素材を1つ取り除いて発動できる。
そのモンスターの攻撃を効にし、そのモンスターエクシーズモンスターだった場合、
このカードの攻撃はそのモンスターランク×500ポイントアップする。

攻撃を効にするのは自身以外の戦闘でもよく、エクシーズモンスターである必要もなくなった。また、攻撃の上昇は、ランクの差×100ポイントの数値にするのではなく、効化したモンスターランク×500ポイントアップするとなったが、戦闘効にされたモンスターを参照するため、自分から攻撃する場合は500しか上がらない。また、攻撃の変動は永続的なものとなり、取り除いた素材を与えることはなくなり、相手の素材の数をかけることもなくなった。
また、カード名に中点(・)が追加された。

レベル1モンスター×2でエクシーズ召喚できるため、「RDM-ヌメロン・フォール」でランクダウンせずとも、通常のエクシーズ召喚を狙ってもいい。「」など、手段自体は多い。

攻撃効とランクに応じた攻撃上昇の効果を持つ。
しかし、このカードがあることが分かっている状態で相手が攻撃してくることはまずなく、このカード自身で攻撃して効化しても、攻撃1000にしかならず、戦闘に耐えられる数値とはならない。「バトルマニア」などで攻撃を強要する手もあるが、そもそも相手がエクシーズモンスターを出してこない場合意味がなく、不安定である。

動的に活用するならこのカード以外の自分のエクシーズモンスターの攻撃を効化することになる。
ランク1と高ランクモンスター両方を展開するギミックを必要とするため少々難しいが、レベルに融通をきかせやすい「ガガガマジシャン」や「ガガガガール」を用いるといいか。
ランク1がでなくとも、汎用性の高いレベル1モンスターである「エフェクト・ヴェーラー」などは多くのデッキに入れられるため、そこに「」を入れておけばこのカード素材は賄えるので、高ランクとしつつ、うまく素材った時だけこのカードを使うという手もある。本筋から外れるため安定性は犠牲にしなければならないが。

RDM-ヌメロン・フォール」を使うならランク4を出すギミックRDMだけを用意すればすむが、ランク4では攻撃2500にしかならず、元の「No.39 希望皇ホープ」と変わらない。また、RDMの効果を使える範囲の狭さもあり安定せず、それであれば代わりに「RUM-リミテッド・バリアンズ・フォース」などを入れてランクアップさせるほうがまだ安定し、より高い攻撃も望める。

1ターンの発動回数に制限はないため、複数のエクシーズモンスターの攻撃を効化できれば大幅な攻撃上昇を望める。自分がそれを並べるのは大変だが、相手に攻撃を強要させるのであればあるいは実現できるかもしれない。また、「ダブル・アップ・チャンス」とコンボできれば、1ターンに2回効果を使うということもあるだろう。

単体では扱いにくいカードだが、このカードの最大の利点は重なランク1の希望皇ホープであること。既存のランク4を中心とした希望皇ホープとはかみ合わないが、このカードから「No.99 希望皇龍ホープドラグーン」や「SNo.0 ホープ・ゼアル」を出せるため、レベル1を中心としたデッキで不足しがちな大モンスターを利用する手段となる。また、No.99はランク10なので、このカードの効果とも相性が良い。同時に並べるにはリンクモンスター生などが必要だが。

単に攻撃を防ぐモンスターとしてならば、1ターンに1度の戦闘破壊耐性を持ち、対を取る効果への耐性もある「シャイニート・マジシャン」のほうが使いやすいため、ホープ生形へつなぐためのカードとして使いたいところ。


希望皇ホープ」と名のついたモンスターなので、そのサポートを受けられる。
ZWなどで低い攻撃を補えば、かなり戦いやすくなるだろうが、ほとんどのZWレベル4以上で、直接このカードエクシーズ召喚する場合は素材に必要なレベル1モンスターとして使うことができず、RDMで「No.39 希望皇ホープ」を経由させようと思う場合はこのカードを使わずそのままのホープや「CNo.39 希望皇ホープレイ」にZWを使ったほうが、元々の攻撃の高さもあって結果として攻撃が高くなりやすい。
もちろん、このカードに装備した際の相性自体が悪いわけではないため、他の希望皇ホープといっしょにこのカードも採用し、機会があれば装備するという形が一番いいかもしれない。また、前述のようにほかの生形へのつなぎとしては十分に活用できる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 28ななしのよっしん

    2014/06/11(水) 23:06:10 ID: P64B0e/tIv

    パラレルレアとかじゃなくて?
    よほどのことがないと価格上がらないぞ?

  • 29ななしのよっしん

    2014/06/16(月) 20:57:48 ID: IM1PsnH9A+

    >>28
    遅くなりました
    普通ウルトラでした
    別のところだと50円ぐらいでしたけど

  • 30ななしのよっしん

    2014/08/02(土) 09:34:09 ID: 9vc6pLe0uU

    >>29
    単純なぼったく値段のショップだろう、わしにも覚えがある

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP