今注目のニュース
“孤独”皆藤愛子「誰のために生きてるんだっけ」
「犯罪をした人は悪い。だけど同じ人間」 元受刑者が「社会を明るくする運動」で理解訴え
加藤浩次「僕は会社を辞める」発言でネット「かっこよすぎる」と話題に

TOPANGAリーグ単語

トパンガリーグ

掲示板をみる(13)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

TOPANGAリーグとは、格闘ゲーム配信及び企画運営団体TOPANGAニコニコ動画と提携し実現したニコニコ公式生放送における賞付き格闘ゲーム大会の有料動画配信企画である。

概要

2012年1月18日に発表されたCAPCOM公式に協している数少ない非公式大会である。

企画ニコニコ生放送公式生放送にて配信されていたTOPANGA催におけるトパンガコンセプトマッチの好評を受け、有料配信を前提に企画を進めて実現した。経緯の詳細については4Gamerに掲載された記事exitを参照。

2012年までの内の格闘ゲームの有料配信は、闘劇だけが企画を実現していた(「闘劇’10」、「闘劇’11」)。闘劇ニコニコ生放送と提携・配信していたのだが、多数のゲームタイトルの対戦が同時進行している状態にもかかわらず、本来の的である動画配信の配信が1つしかなかったため視聴者が観覧したいゲームの対戦が配信できず、さらにその配信ですら注カードの対戦にカメラが向くことなく決着がつくなど、お世辞にも成功したとはいい難い配信企画となってしまった。

対してTOPANGAリーグでは闘劇海外の大会にべて規模こそ小さいものの、対戦種スパ4AEの一種であり、さらに配信日を12回と割くことで全対戦が高画質で視聴可となっている。
どの程度まで視聴者に受け入れられるのか、そしてチケットを購入してくれるのかが推測の域をえない状態で始まったこの有料動画配信企画であるが、急遽本戦開始前に賞付きMVP制度が発表され、さらには現在リーグをAクラスとし下位リーグであるBクラスの導入を検討するなど、第2期以降のTOPANGAリーグの構想を着々と拡大していることから、予想以上の成功を収めていると推測できる。

この企画の行く末が、今後の格闘ゲーム有料動画配信の未来を占う試石であるのは言うまでもい。

第1期 TOPANGAリーグ

既存の大会で活躍したプレイヤーの中からさらに選抜したプロアマ集う強プレイヤー12名における順位決定戦。
システムは「予選ステージ」と「本戦ステージ」の2段階による全格付け。
(第二期以降のシステムは、大会結果から変更の可性あり)

「予選ステージ」はオンラインにおける暫定順位決定戦。
「本戦ステージ」はオフラインにおける暫定順位者の全順位決定戦。

使用タイトルは「スーパーストリートファイターⅣ ARCADE EDITION Ver.2012Xbox360版。
使用キャラは1キャラのみとし、途中変更禁止。

予選ステージ[開催期間:2012年1月20日22日、1月27日~29日]
本戦ステージ[開催期間:2012年2月11日~12日、2月21日~26日]

予選ステージ6日間、本戦ステージ6日間の計12日間に渡って配信が行われる。
視聴料は1日分が500ニコニコポイント(以下NP)。全12日分をまとめた通しチケットは特別価格の3500NP。

1日分の配信時間はおおよそ3時間程度であり、その冒頭である約1時間は無料視聴が可。この無料視聴可帯域はタイムシフト予約等に関係なく、生放送アーカイブ開されている間は視聴可となっている。

対戦の実況コンセプトマッチからの協者であるアールが担当し、解説はヨシヲと志郎によって行われる。
配信開幕時のアールの掛けトパンガリィィィィィ」はもはやお約束。対戦開始時の「いってみましょおおおお」もそれと双璧をなす人気句。

参戦プレイヤー

ウメハラリュウ) "THE BEAST" マゴフェイロン) "2D神"
ときど豪鬼) "THE MURDER FACE" ふ~どフェイロン) "EVO2011 GODS#4王者"
sakoいぶき) "最強の矛" ももちコーディー) "忍者の末裔"
かずのこセス) "闘劇2011王者" 金デヴキャミィ) "COOKIE MONSTER"
RFサガット) "闘劇二冠王" ハイタニまこと) "CRAZY RASCAL"
ボンちゃんサガット) "運量を極めし者" うりょさくら) "MR.GODSGARDEN"

プレイヤー二つ名は、第一期TOPANGAリーグPV第1弾内のもの。

賞金

参戦プレイヤーにはファイトマネーの他に順位に応じて賞が授与される。賞提供者はニコニコ動画

  • 1位・・・555,555
  • 2位・・・100,000円
  • 3位・・・50,000円
  • 4位・・・25,000円
  • 5位・・・20,000円
  • 6位・・・15,000円
  • 7位・・・10,000円
  • 8位・・・5,000円
  • 9位・・・1,000円
  • 10位・・・500円
  • 11位・・・100円
  • 12位・・・5円

この他に、最終日に行われるアンケートにより8位以上となったプレイヤー内から3名のMVPが選出され、投票の割合によってMVP252,500円が分配される。

この高額賞については多くのプレイヤー視聴者から絶賛されている反面、下位の、特に12位プレイヤーに対してはあまりにも小額の賞であることから、一部アンチ荒らしの対になるのではないかとの懸念のも聞かれる。

下位リーグ構想

本戦トーナメント開始前に下位リーグとなるBクラス構想が発表された。

内容は第1期TOPANGAリーグでの順位11位及び12位はBクラスに降格し、Bクラスの順位1位,2位となる。
9位及び10位はBクラス3位,4位との入れ替え戦が行われる。Bクラス参戦メンバーの選抜方法は現時点では不明。

戦況

対戦結果は公式サイト情報を参照。→対戦結果exit

配信

予選はスパ4オンラインシステムの好調さもあり各試合が滞りなく進行していたのだが、第3戦における ときどvsRF の対戦では両者がうまくマッチングできず、対戦日が変更される事態に陥った。
試合が先延ばしされた結果、参戦者のスケジュールが予定されていた各配信期間に合わなくなり、ときどvsRFの対戦は配信時間外に行われた対戦を録画したものを実況・配信する形となった。
スパ4オンライン対戦の特定マッチングの不具合は以前から確認されている。しかし同じ対戦者が同じ回線を使っていても日が違えば問題なく対戦ができる等、安定はしていない。この問題は未だ解決していない。)

対戦日変更については、当初2月10~12日の開催予定であったが、参戦者の海外大会参加におけるスケジュールの都合上、2月11,12,21日へと変更になった。
これはTOPANGAリーグが海外の大会開催期間の都合を調整をせずに開催を強行した弊であるとされている。

本戦1日には、無料視聴者の配信停止の際に有料視聴者までもが配信を停止させられてしまうトラブルが発生。解決策として全視聴者が配信可な状態へと変更された。しかしその後も無料視聴者の配信停止が実行出来ず、結果として無料視聴者は最後まで視聴が可であった。

さらに本戦4日以降は配信中に頻繁に配信が断続し、ライブドラマと違って数で大きく展開の変わる格闘ゲームにおいては何とも耐え難い配信となった。運営の対応として、配信のビットレートを下げ(画質を落として)配信したが、それでも不定期に配信が途切れ続けた。
これは「有料高画質」として配信している本放送としては避けがたい問題である。

また、本配信の購入者すら試合の録画を見ることが出来るのは1一日程度となっており、DVD化のや大会開催後の視聴解禁が願われている。

有料動画配信が故の弊とはいえ、それでも配信者側の問題は山積みであり、視聴者の悩みは尽きない。
安定した大会運営動画配信が今後の課題となっている。

関連動画

関連生放送

予選ステージ

本戦ステージ

第2期 TOPANGAリーグ

第2期 TOPANGAリーグ(B)

第2期TOPANGAリーグはBリーグメンバーの決定から始まった。Bリーグメンバーはこれまでの大会実績等により選抜された14名と、2012年6月2日に行われたオンライン選抜大会exit_nicoliveの上位2名からなる16名。このメンバーによるオンラインでのリーグ戦となる。

優勝賞は10万円、2位は5万円、3位は3万円、4位は1万円

このリーグ戦の上位2名はAリーグ参加が確定、3位と4位は第1期TOPANGAリーグの9位,10位であったときど,ぼんちゃんとの昇格決定戦を行なって、勝者がAリーグ参加となる。昇格決定戦はオフラインで行われる。

戦況

対戦結果は公式サイト情報を参照。→対戦結果exit

関連生放送

オンライン選抜大会

予選ステージ

関連動画

第2期 TOPANGAリーグ(A)

参加者は第1期TOPANGAリーグ上位8名とBリーグ1位2位そして昇格決定戦の勝者2名の12名。

第1期のオンライン戦でほぼ順位が確定する・上位組の試合が少なくなりすぎる点を善するため、足切りとオフラインでの総当りを採用(詳しくはTOPANGA LEAGUE 第2期Aリーグexit

は優勝100万円とストリートファイター25周年公式大会のシード権2位30万円、3位10万円、4位5万円

関連動画

TOPANGAリーグASIA

日本から第2期優勝者ふ~ど、準優勝者ウメハラ、第1期優勝者sako、そして第1期準優勝者のハイタニ辞退した為exit、第1期・第2期それぞれの次点うりょボンちゃんによる決定戦の勝者の4名。韓国からPoongko中国からXiao Hai(小孩)、台湾からGamerBeeシンガポールからXianの4名が参加。

4日連続開催による全試合オフライン戦、事前に2キャラまで登録可キャラ変え有り)の7先デュース制総当り。

登録キャラふ~どフェイロンウメハラリュウsako殺意リュウいぶきボンちゃんサガット豪鬼PoongkoセスキャミィXiao HaiキャミィユンGamerBeeアドンキャミィXian(元)

は優勝100万円、2位30万円、3位15万円

関連動画

関連チャンネル、コミュニティ

関連リンク

関連項目

掲示板

  • 11ななしのよっしん

    2013/11/16(土) 01:56:15 ID: xYIljdjO5b

    4亀の記事で初めて存在知ったわ。闘劇以外にもいろいろあるんだな

  • 12ななしのよっしん

    2013/12/06(金) 19:38:17 ID: mPeGqgPNIR

    >>9は確実にウメスレ

  • 13ななしのよっしん

    2014/10/19(日) 21:48:42 ID: ge9J2+p63O

    コメントきっついな

急上昇ワード

最終更新:2019/07/23(火) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/23(火) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP