単語記事: アストルティア

編集  

アストルティアとは、「ドラゴンクエストX」「蒼天のソウラ」の冒険の舞台となる世界である。同作はMMORPGであるため、すべてのプレイヤーたちがこの世界を共有し、同じ舞台で冒険を繰り広げている。

アストルティアとは、「ドラゴンクエストX」およびその外伝漫画作品「蒼天のソウラ」で冒険の舞台となる世界である。

概要

アストルティアの始まり」

創世の女神ティアナは の果てより
混沌に満ちた時に たどり着き
世界を創るという 偉大な奇跡を行われた。

女神が手をかざすと 混沌は7つに分かれ
界を浮遊する ひとつの大地と
に浮かぶ 6つの大地が 生みだされた。

これが アストルティアと呼ばれる世界
始まりの神話である。

――「不思議の魔塔」に設置された本棚より

スクウェア・エニックスオンラインゲームMMORPG)である、ドラゴンクエストXの冒険の舞台となる世界。本作はMMORPGであるため、すべてのプレイヤーたちがこの世界を共有し、同じ舞台で冒険を繰り広げている。

アストルティアには、「オーガ(ドラゴンクエスト)」「ウェディ」「エルフ(ドラゴンクエスト)」「ドワーフ(ドラゴンクエスト)」「プクリポ」「人間」「族」の7種族がそれぞれ治める7つの大陸世界)が存在している。

上記のほかにも、港町レンドア娯楽島ラッカランといった小さな々が各地に点在している。

これら大陸のうち、レンダーシアナドラガンドを除いた大陸(以降「5大陸」と表記)は「ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」で登場し、レンダーシアは「ドラゴンクエストX 眠れる勇者と導きの盟友 オンライン」で、ナドラガンドは「ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン」でそれぞれプレイヤーたちへと解放された。

5大陸はそれぞれ「大地の船」とよばれる大陸間鉄道によって繋がっており、ゴールドを支払うことで自由大陸間を行き来することができる。レンダーシアとは大陸間鉄道は結ばれていないが、港町レンドアレンダーシア間で路が確立されており、客船グランドタイタス号が互いを往復している。ナドラガンド代(神話の時代)に異世界へと隔離されており、互いを結ぶゲートである「奈落の門」経由でしか辿り着くことができない。

ドラゴンクエストX 目覚めし五つの種族 オンライン」のストーリー冒険において、人間だった主人公(ドラゴンクエストX)はとある事件に巻き込まれ、「オーガ(ドラゴンクエスト)」「ウェディ」「エルフ(ドラゴンクエスト)」「ドワーフ(ドラゴンクエスト)」「プクリポ」の5種族のいずれかへと転生する。そして、それぞれの種族に対応する大陸から物語スタートしていく。5大陸にはそれぞれ、主人公が最初に降り立つ「初期村」、低レベル帯向けの拠点「小国」、高レベル帯向けの拠点「大」があり、その各所で事件が発生している。それらの問題を解決して回りながら成長していくことが、主人公の当面の的となる。

オーグリード大陸

グレン領

詳細は記事「オーグリード大陸」を参照。

アストルティア西部に位置する大陸オーガたちが生活する。

地域によって寒暖差がしく、北方にはの降り積もる山脈が、南方にはけた大地の続く荒地帯が存在している。2014年10月時点のバージョンで、アストルティアにおいて積地帯があるのはこの大陸のみである。

主人公の種族にオーガを選択した場合、「ランガーオ村」が初期村となる。低レベル帯の拠点となるは「グレン城下町」で、ここに冒険者向けの住宅村が用意されている。高レベル帯の拠点となる王都市は「ガートラント城下町」で、王内には後述のスキルポイントリセットするための設備が存在している。

1stパッケージ目覚めし五つの種族 オンライン」のメインストーリーにかかわる重要なエリアが多数存在しており、主人公の討伐標となる冥王ネルゲルのもとへは、この大陸ランドン山脈経由にて突入することとなる。

ウェナ諸島

詳細は記事「ウェナ諸島」を参照。

アストルティア西部に位置する諸ウェディたちが生活する。

5大陸のひとつであるが、その名の通りいくつものが集まった諸である。その性質上、他の大陸とは異なり各地がによって分断されているため、々の間の移動には渡し船が用いられる。

温暖な気で、ヤシの木をはじめとした熱帯植物が多く分布している。諸の南側はミューズ海岸キュララナ海岸ラーディス王島などの沿いのエリアが多く占めるが、北側へ移るにつれてブーナー熱帯ケラコーナ原生林など秘の様相を呈していく。生息するモンスターの強さも南側が較的弱く、北側が強めのものとなっている。

主人公(ドラゴンクエストX)の種族にウェディを選択した場合、本諸の「レーンの村」がオンラインモード開始地点の"初期村"となる。"小国"に分類される低レベルプレイヤー向け拠点は「ジュレットの町」で、ここに冒険者向けの住宅村が用意されている。"大"に分類される高レベルプレイヤー向け拠点は「ヴェリナード城下町」で、本作の重要なシステムのひとつ、アクセサリー合成を行う場所として重要な役割を持つ。いずれの拠点も南リゾートであり、冒険者たちに開放されている住宅村のひとつ「亜の臨都市地区」は人気スポットのひとつとなっている。

本諸は低~中レベル帯でのレベル上げのメッカとして有名であり、低レベル帯ではヴェリナード領南マリンスライムが、中レベル帯のソロ狩りキュララナ海岸タコメットが、同じく中レベル帯のパーティー狩りは永遠の地下迷宮ガルバ・ゴルバなどが人気である。

エルトナ大陸

スイゼン湿原

詳細は記事「エルトナ大陸」を参照。

アストルティア北東部に位置する大陸エルフたちが生活する。

日本安時代を彷彿とさせる、"和"の雰囲気をもつ大陸

主人公の種族にエルフを選択した場合、「ツスクルの村」が初期村となる。低レベル帯の拠点となるは「風の町アズラン」で、ここに冒険者向けの住宅村が用意されている。高レベル帯の拠点となる王都市は「王都カミハルムイ」で、一の2エリア構成の王都市となっている。

ハイレベルプレイヤー向けの外伝ストーリー神話篇」の発端の地であるとともに、神話篇のラスボス災厄の王」が待ち構える地である。

ドワチャッカ大陸

詳細は記事「ドワチャッカ大陸」を参照。

アストルティア東部に位置する大陸ドワーフたちが生活する。

全体的に荒とした土地で占められているのが特徴で、南方は山や断層帯が、北方には砂漠火山などが存在している。

かつては非常に高度な科学技術を有した帝国が繁栄していたが、多くの争いや驕りによって自ら破滅を迎えた。現在は、ウルベア地下遺跡などの廃墟や、ドルボードをはじめとした「カラクリ」と呼ばれるテクノロジーの一部をいくつか遺すのみである。

主人公の種族にドワーフを選択した場合、「アグラニの町」が初期村となる。低レベル帯の拠点となるは「岳都ガタラ」で、ここに冒険者向けの住宅村が用意されているほか、プレイヤーたちの重要な移動手段である「ドルボード」の入手やカスタマイズを行うことができる。高レベル帯の拠点となる王都市は「ドルワーム王国」で、下町には防具鍛冶ギルドがある。また、大地の箱舟の発着するドルワーム王国が王内に敷設されているというしい構造をしている。

メインストーリーで登場するボス難易度がいずれも高く、特に「天魔クァバルナ」の強さは、1stパッケージ時点においてラスボスよりも上であるとされるほどである。

プクランド大陸

エピステーサ丘陵

詳細は記事「プクランド大陸」を参照。

アストルティア南東部に位置する諸プクリポたちが生活する。

平原や丘陵、荒野に風車の丘、そして巨大なキノコ立する山など、プクリポという多様な外見の種族を反映してか実にバリエーション豊かでメルヘンチック風景られている。

主人公の種族にプクリポを選択した場合、「プクレットの村」が初期村となる。低レベル帯の拠点となるは「オルフェアの町」で、ここに冒険者向けの住宅村が用意されている。高レベル帯の拠点となる王都市は「メギストリスの都」で、装備品の見たを変更するドレスアップ屋が存在している。またメギストリスの都の入口前広場には日々多くのプレイヤーたちが集まっており、クエスト関連の取引がさかんに行われている。

大陸南端のチョッピ荒野は高レベル帯のレベル上げで非常に人気であり、日々数えないくらいほどのバザックスイオナズンイオグランデの餌食となっている(→「サポックス」参照)。

レンダーシア

詳細は記事「レンダーシア」を参照。

2ndパッケージにて解放された新たな冒険の舞台。主人公(ドラゴンクエストX)を含めた人間たちが治める大陸

かつては港町レンドアとを結ぶ定期船が運行していたが、レンダーシアを包む魔障と船の故障により断絶している。1stパッケージシナリオクリアすることによりそれらが解消され、主人公たちはレンダーシアへと足を踏み入れることが可となる。

全地域を通して色あせたような色調の風景が続いており、BGM失われた世界」と相まって物悲しげな空気を漂わせている。また、魔物の襲撃を受けて半壊状態の「メルサンディ村」、大人たちがすべて姿を消してしまった「セレドの町」、そして住人全員記憶喪失の「アラハギーロ王国」など、各地もそれぞれ深刻な問題を抱えている。

勇者姫アンルシアめて上陸を果たす主人公であったが、グランゼドーラ王国へ繋がる関所は封鎖されており入することができない。まずは、開門のために上述の「メルサンディ村」「セレドの町」「アラハギーロ王国」を巡って事件を解決し、三匹のを集めていくことが当面の標となる。

ナドラガンド

赤熱の荒野
炎の領界「赤熱の荒野
とこしえの氷原
氷の領界「とこしえの氷原
闇の領界「闇の辺獄」
闇の領界「闇の辺獄

詳細は記事「ナドラガンド」を参照。

3rdパッケージにて解放された新たな冒険の舞台。これまでに包まれていた7番の種族「族」が住む世界

他の6大陸と同様に女神ティアナによって創られた大陸で、かつては界に浮遊していた。々の時代に、何らかの理由によりアストルティアから切り離され、異世界へと隔離されてしまっている。アストルティアナドラガンドゲート奈落の門」によって繋がっているものの、その門には封印が施され、人間を守護するグランゼニスを授かった勇者にしか解除できない状態にあった。

天馬ファルシオン大魔王マデサゴーラの言によると、奈落の門の先には「創生の霊核」と呼ばれる強な魔が存在するとされる。その場所がナドラガンドすのかは不明であるが、2ndパッケージにおいて大魔王マデサゴーラは創生の霊核をめており、奈落の門の封印解除に成功している。以降、アストルティアナドラガンドは開通した状態となっている。

ナドラガンド世界は「領界」と呼ばれる5つの領域に分割されており、「炎の領界」「氷の領界」「闇の領界」「の領界」「の領界」のうち、バージョン3.3時点では前者3つまでが解放されている。

これまでのアストルティアの地とは、まったく常識の異なるが広がっており、各領界い対応する属性で一面がおおわれているのが特徴。

アストルティアの神々

アストルティア女神ティアナによって創られた。そこに暮らす者たちは女神ティアナの子たる7柱の種族により生み出され、現在に至るまで見守られ続けている。

種族のうち、人間を守護するグランゼニス」は、代にを使い果たし眠りについていることが明かされている。その血は宝玉「の緋石」に姿を変え、レンダーシアの地を悪しき者より守護している。また、休息につくグランゼニスの代わりとして、とある人間の子供に自らのの一部を分け与えている。その子供双子であり、勇者としてグランゼドーラ王国おこし、代々その血筋を王に伝えている。現在の末裔は勇者姫アンルシアである。勇者の盟友としてを支え、その末裔が本作の主人公(ドラゴンクエストX)となった。

なお、女神ティアナと種族のほかにも々は存在しており、中でもダーマグランゼニスと友好関係にあり、前述の「の緋石」を預かりダーマ神殿にて保護していたとされる。

創生の女神

7柱の種族神

その他の神々

ドラゴンクエストIXとの関連

アストルティアと、「ドラゴンクエストIX 星空の守り人」とはいくつかの共通点が存在しており、ドラゴンクエストX世界ドラゴンクエストIX未来世界なのではないか、と言われている。

下記の通り共通するキーワードは存在しているが、それが単にスターシステムのような流用なのか、本当に繋がりがあるのかは不明である。

関連動画

関連項目


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2
ページ番号: 5291982 リビジョン番号: 2367956
読み:アストルティア
初版作成日: 14/12/09 13:04 ◆ 最終更新日: 16/06/01 09:28
編集内容についての説明/コメント: ナドラガンドを修正+画像追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧
このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アストルティアについて語るスレ

1 : ななしのよっしん :2014/12/12(金) 16:57:08 ID: 9IYPHOr2Az
めっちゃ最近に出来てたんだな、お疲れ様ー
と共通するキーワードがあるのは知ってたけど、まさかこんなに多いとは知らなかったわ
レンダーシアの町の名前とかよく気づいたねw
2 : ななしのよっしん :2014/12/14(日) 00:46:34 ID: uarLGDF+sR
グランゼドーラはグランゼニスからを授かった初代勇者
しただから明確につながりがあるけど、
他の町についてはグランゼニスグランゼドーラのような関連性が全く見られないし、
ぶっちゃけただのこじつけとしか……
3 : ななしのよっしん :2014/12/14(日) 21:23:25 ID: klbtCrh8s8
現実世界の人間が、自分たちの住む世界を人間界と呼ぶことは基本的にない。
なぜなら現実世界界や魔界は存在しないから。

これは他のDQでも同じで、世界が1つしかない、または2つ世界の規模が小さい場合は、冒険の舞台となる世界に名前は付かない。
例外はDQ3アレフガルドの住人くらいだと思う(上の世界と行き来できないし、アレフガルド以外の土地がい。とはいえ、自分たちの祖先は上の世界からやってきたという伝承や、今でも上の世界から人が来ているので、別におかしくはないかもしれない)。

では何故DQ10では一般人アストルティアという呼び名を使っているのか。

性1
季節イベント妖精スウィ~ツランドといった異世界が登場するから。

性2
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
4 : ななしのよっしん :2014/12/15(月) 00:58:54 ID: fUbwMXEgWt
現実世界でいうところの「地球」みたいな使われ方なんじゃない?>アストルティア
5 : ななしのよっしん :2015/04/22(水) 17:17:19 ID: EvLKxCAOnI
性3というか神話編のエピローグで今冒険で行けない名が出ているから
いずれかはと思っていながら次に向かう世界異世界パネェ
6 : ななしのよっしん :2015/08/03(月) 11:21:20 ID: fUbwMXEgWt
ついにバージョン3.1で新世界ナドラガンド登場だな
3.1のPVを見る限り、どうもナドラガンドには
「炎の領界」を含めた5属性の領界があるように見える。
7 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 12:54:21 ID: fUbwMXEgWt
氷の領界の眺めとBGM好き
8 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 00:15:03 ID: mQnWrOXVml
前々から思っていたんだが、記事の画像ってどこから拾ってるの?静画
9 : ななしのよっしん :2016/07/28(木) 05:35:06 ID: fUbwMXEgWt
>>8
ニコニ・コモンズだね
ニコニコニューストピックス
電ファミwiki
  JASRAC許諾番号: 9013388001Y45123
  NexTone許諾番号: ID000001829