単語記事: 方言

編集

方言とは、ある言語の内、標準の言葉に対して、地域や社会区分により使われる語彙や文法に違いが見られる言葉のことである。

転じてプログラム用語における独自の言語仕様に対してもこの語が使用される。

自然言語における方言

まず、標準となる言語について考えよう。これは、ある言語のうち、話者数が多かったり、あるいは権威ある言葉遣いと思われるなどして、他の地域や社会階級の言葉に対し、何らかの面で優越、優勢となっている言葉である(日本において、江戸時代以前は京都方言、江戸時代以降は江戸方言や首都圏方言)。

これに対し、方言は標準的(と考えられるよう)な言葉ではないものをさす。

言語はその文化や風土に合わせて変化することが多い。標準とされる言語地域に対し、環境の違う地方では、独自の表現が用いられることが考えられる。あるいは、逆に標準とされる言語地域では、社会の発展によって新しい文物が取り入れられ、それによって新たな語彙や表現が獲得されていくに従い古い言葉が廃れていく一方、地方において、古い語彙や表現が残ることもある。また、発音や文法も異なっていく。

この中央と地方の差が長年にわたって蓄積していくと、意思疎通が成されても同じ言葉とは思えない程に変わるのである。これが方言の形成となる。このまま、隔たりが開いていき、意思疎通も出来ず、共通の文法も見いだせなくなると、両者は異なる言語と見なされるようになる。

複数の国で使われている言語における○○なまりというのも方言の一種と言えるかもしれない。フランス訛りの英語など。

方言か言語か

ある地域にのみ通用している言語が近縁の言語の一方言なのかひとつの独立した言語(ないし地域言語)なのかについては明確な基準がなく、政治的意図に大きく左右される部分である。
ある人曰く、言語とは軍事力を持った方言だ、とか。

たとえば日本においては、統語的体系が大きく異なるアイヌ語を日本語の方言とすることはないが、沖縄でもちいられていた言葉(≠沖縄弁)を日本語の琉球方言とするか日本語族のひとつである琉球語とするかは、明確な基準が存在しない (ちなみにうちなーやまとぐちと呼ばれる沖縄弁を独立した言語として扱う者はめったにいない) 。

日本以外では、英語と米語(アメリカ英語)は同じ言語と認識はされているもののアメリカ独立以来、その差は広がり続けており、文語の表記の違いや、互いに通じない口語の表現も多くなっているのは確かで有る。

ドイツ語の中でも低地~中央~高地でそれぞれ連続をしているものの低地ドイツ語と高地ドイツ語では発音の体系が違うことから別の言語だとする意見がある。

中国なんかでは、もはや北と南で方言と呼べないほどの差がある。それ故、中国語というのは場合によっては中国における言語の総称と考えたほうが良い。

逆に、スペイン語とポルトガル語、あるいはさらにフランス語やイタリア語まで含めたロマンス諸語は方言の内だという場合もある。実は、フランス南部の方言(オック語)は言語学的に、カタルーニャ語などのイベリア系との共通点も多く、南東部のプロヴァンス語は北イタリアの方言と共通点を有するなど一概にフランス語の方言とは言えないのである。また、北欧なんかだと隣合う国の言葉がなんとなく通じるんだとか。

さらに極端なものだと、ユーゴスラビアが存在した時代にはセルボクロアチア語(あるいはクロアトセルビア語)とされた言葉が、ユーゴスラビア解体以後はセルビア語、クロアチア語、ボスニア語などのように別々なものであると主張されている例がある。ユーゴスラビア崩壊から20年程度しか経過しておらず、また境界地域では普通に会話ができているのに。

日本における方言

琉球語を方言とするなら、まず日本語は琉球方言とそれ以外の本土方言で大きく別れる。これらがわかれたのは日本語が文字資料に表れる前であり、両者の違いはまさしく言語か方言かを争う際である。琉球方言はその多様性から琉球語派とも称される。更に、琉球方言の中ですらそれぞれの方言が、方言なのか言語なのかが怪しい。

本土の方言は、西日本方言と東日本方言に分かれる。この分割線は親不知子不知から越中と飛騨の境を抜け、関ヶ原から木曽川に至るまでである。更に九州方言を西日本方言から分ける意見もある。

日本方言は、さらに八丈方言とそれ以外に別れる。それ以外に当たる方言は順に、北海道、北東北、南東北、西関東(北関東)、東関東(南関東)、越後、中部(長野・山・静岡)、濃尾(愛知・美濃・飛騨)に分かれる。東日本と西日本の方言差は万葉集にもあるくらい古くからあり、九世紀にはすでにその存在が意識されていた。

西日本方言は、北陸、近畿、中国、雲伯、四国に分かれる。雲伯方言は旧国の出雲、隠岐と伯耆で話されている。余談だが、木曽川のお陰で三重は一応、近畿方言である。

九州方言は、肥筑、豊日、薩隅方言に分かれる。それぞれの範囲はおよそ旧国のままである。

琉球方言は、まず本島以北の北琉球方言と宮古以南の南琉球方言に分かれる。北琉球方言は、奄美、国頭、沖縄に別れる。南琉球方言は、宮古、八重山、与那国に別れる。

そして、それぞれの方言は更に島ごと、地域ごとに分かれていく。

但し、分かれるといっても明確にどこかで別れるというわけではなく、連続的に変わっていくものである。(明確に別れる場合もあるが)

ニコニコ大百科に記事のある方言一覧

  • 津軽弁
  • 下北弁
  • ケセン語(気仙沼の方言)
  • 首都圏方言
  • 三河弁
  • 飛騨弁
  • 伊勢弁
  • 京言葉(京都弁)
  • 関西弁
  • 大阪
  • 讃岐弁
  • 土佐弁
  • 九州弁
  • 北九州弁
  • 佐賀弁
  • 熊本弁
  • 宮崎弁
  • 鹿児島弁
  • 琉球方言(沖縄方言/うちなーぐち)・沖縄弁

関連動画

関連商品

関連項目

  • 新潟県の方言一覧
  • 鹿児島県の方言一覧
  • 方言キャラクターの一覧
  • 方言で歌ってみたシリーズ
  • 関西弁標準語化計画

プログラミング言語における方言

プログラミング言語において、言語別による区分の他に、1つの言語ごとに様々なコードの書き方の違いが存在することがある。特にLISPは自己拡張が容易なため、ユーザー毎に書き方が違うと言ってもよく、またこれをして上述の言語的方言にあやかって「方言」と言いならされており、今もプログラミング言語界に影響を及ぼしている。

同じソースコードを記述しても、処理が変わってしまう、構文解析に失敗すると言ったことがある。
これは、処理系における差分が原因である。

従って、方言が含まれるような構文でソースコードを示す場合、その処理系を併せて示すのが一般的である。

関連項目

  • プログラミング言語
  • プログラミング関連用語の一覧

【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E6%96%B9%E8%A8%80
ページ番号: 459225 リビジョン番号: 2457487
読み:ホウゲン
初版作成日: 08/08/13 20:40 ◆ 最終更新日: 17/02/09 18:41
編集内容についての説明/コメント: typo,hN要素
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

方言について語るスレ

180 : 本当は必要だろ :2016/04/15(金) 02:31:01 ID: OanTb648yy
津軽弁「33-4
181 : ななしのよっしん :2016/04/22(金) 17:41:47 ID: CEhkYy/2gG
若い役者さんとかがNHKの連ドラとかで頑張って方言真似てるの見るとああんもう!って感じでもどかしいけど、逆に歳を取った年配の人(つっても大抵40代以降)がネイティブな発音をすると逆にスゲーって感心する
キャラ付けの為だけのなんちゃっては、まぁ、うん。
182 : ななしのよっしん :2016/04/26(火) 23:49:27 ID: vmucjvh3Yz
先輩が目にゴミが入ったわけでもないのにゴロゴロするって言ってたので
「それ、めばちこできてるんじゃないですか?」
って言ったら先輩すごい戦慄してた。
なんでも得体の知れないものができてるって言われたと思ったとか、ものもらいって言い直さないと通じなかった
183 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 15:11:23 ID: 35AlUQ26W1
まあ、元々はものもらいも関東方言なんだけどね
私が子供の頃初めて聞いた時どういう意味かと思ったものだよ
今でこそテレビの影響などで全国に広がってるけど自分からは使わないし

因みに一番使用地域が多い言葉は「めばちこ」でも「ものもらい」でもなく
「めいぼ(目イボ)」か「めぼ」だと聞いたことはあるけどね
184 : ななしのよっしん :2016/05/19(木) 21:54:34 ID: g+J+UEL7rT
俺は目が痛い時にばかができたって言ったら同僚に目がバカになった!?って驚かれたことあるわ…
185 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 09:15:03 ID: pRgoSwoAs2
全国方言資料と云う本があるので、興味がある人は購入してみると良いと思う。この本では、標準語やテレビ、ラジオの影響をなるべく受けていない『純粋方言』自然会話の蒐集を目的としたもので、田一晴彦氏ら数々の言語学者協力の下、主として昭和三十年代に行われたもの。

其の時点で既に柳田國男氏曰く、「残念ながら三十年遅い」との事だが、僻地や離島にはまだ純粋方言がギリギリ残っている可能性があるとの事。更に、都市部であっても今より遙かに方言を残しており、今では失われてしまった方言による会話が収録されている。昭和廿~四十年代にかけて制作。

話者は其々明治一桁から四十年代生まれが中心で、場所によって若干年の差がある。
以下はそれらの方言の収録地点
186 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 09:16:28 ID: pRgoSwoAs2
全国方言資料 第1巻(東北・北海道編)
1 青森県南津軽郡黒石町/23 2 青森県三戸郡五戸町/55 3 岩手県宮古市高浜/81
4 岩手県胆沢郡佐倉河村/109 5 宮城県宮城郡根白石村/141 6 秋田県南秋田郡富津内村/175
7 山形県南置賜郡三沢村/209 8 山形県東田川郡黒川村/233 9 福島県相馬郡石神村/257
10 福島県河沼郡勝常村/285
北海道方言の特徴/315 11 北海道松前郡福島町白符/319 12 北海道美唄市西美唄山形/345

全国方言資料 第2巻(関東・甲信越編)
1 茨城県新治郡葦穂村/31 2 栃木県那須郡黒羽町/71 3 群馬県勢多郡大胡町/123
4 埼玉県秩父郡両神村/161 5 千葉県安房郡富崎村布良/197 6 千葉県香取郡小見川町神里/235
7 東京都(江戸)/269 8 神奈川県愛甲郡宮ヶ瀬村/293 9 新潟県糸魚川市砂場/325
10 新潟県中魚沼郡津南町結東/353 11 新潟県岩船郡朝日村高根/385
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
187 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 09:18:05 ID: pRgoSwoAs2
全国方言資料 第4巻(近畿編)
1 三重県一志郡美杉村川上/27 2 三重県志摩郡浜島町南張/57 3 三重県北牟婁郡海山町河内/87
4 滋賀県犬上郡多賀町萱原/123 5 滋賀県高島郡朽木村/151 6 大阪大阪市/189
7 京都府京都市/229 8 兵庫県神崎郡神崎町粟賀/269 9 兵庫県城崎郡城崎町飯谷/305
10 奈良県山辺郡都祁村(旧都介野村)/333 11 和歌山県日高郡竜神村大熊/369
12 和歌山県東牟婁郡古座町/397

全国方言資料 第5巻(中国・四国編)
1 鳥取県倉吉市国分寺/25 2 島根県大原郡大東町春殖畑鵯/47 3 島根県那賀郡雲城村/75
4 岡山県真庭郡勝山町神代/105 5 広島県庄原市山内町(旧比婆郡山内西村)/133
6 広島県佐伯郡水内村/163 7 山口県都濃郡都濃町(旧須村)/199 8 山口県美禰郡秋芳町別府江原/231
9 徳島県那賀郡延野村雄/261 10 香川県三豊郡詑間町大浜肥地木/289
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
188 : ななしのよっしん :2016/07/31(日) 09:20:07 ID: pRgoSwoAs2
全国方言資料 第8巻(僻地・離島編 第2)
1 新潟県佐渡郡相川町大倉/31 2 新潟県佐渡郡畑野村後山/59 3 新潟県佐渡郡羽茂村大崎/89
4 富山県東砺波郡平村上/115 5 石川県輪島市海士町/147 6 石川県鹿島郡能登島町向田/173
7 奈良県吉野郡十津川村小原/199 8 奈良県吉野郡下北山村上桑原/227 9 島根県周吉郡中村伊後/257
10 島根県知夫郡西ノ島町宇賀/289 11 高知県幡多郡大月町竜ケ迫/321

全国方言資料 第9巻(僻地・離島編 第3)
1 長崎県福江市上大津/31 2 長崎県南松浦郡新魚目町浦桑/61 3 長崎県壱岐郡郷ノ浦町里触/89
4 長崎県下県郡厳原町豆酘/121 5 長崎県上県郡上対馬町鰐浦/151 6 熊本県本渡市佐伊津/177
7 大分県臼杵市諏訪津留/207 8 宮崎県西臼杵郡五箇瀬町桑野内/247
9 鹿児島県阿久根市大川尻無小麦/275 10 鹿児島県揖宿郡山川町岡児ケ水/303
11 鹿児島県薩摩郡上甑村中甑/329 12 鹿児島県薩摩郡鹿島村鹿島/355
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
189 : ななしのよっしん :2017/02/09(木) 20:47:40 ID: 6A9FDw9Pvn
地方民だけど方言なんて耳にしたことないんだけど
郊外の方だと使ってるんかな?
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015