単語記事: 錬金術

編集

錬金術(れんきんじゅつ、Alchemy)とは、に以下のものをす。

  1. 狭義では、化学的手段を用いて安価金属から高価なを練成する試み。
  2. 広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の体や魂をも対として、それらをより全な存在に錬成する試み。(概要参照)
  3. スラングとして、安い元手で大きな利益を上げる利殖やビジネスの意味。

概要

一般によく知られた錬金術とは、物質をより全な存在に変える賢者の石を創る技術のことをいう。
この賢者の石を用いれば、卑金属などの金属に変える事ができるという。

しかし本来は、一般の物質を「全な」物質に変化・精錬しようとする技術のことであり、さらには人間の霊魂をも「全な」霊魂に変性しようという意味を持つこともあった。
つまり、古代~中世ではよくある「不老不死」の研究の一種である。
また、錬金術世界を創造した過程を再現する大いなる作業であるとされる。

ホムンクルスのように、生物から人間を作ろうとする技術も「一般の物質から、より全な存在に近い魂を備えた人間を作り出す」という意味で錬金術と言える。

心理学者C・G・ユングは錬金術を人間の意識の成長を意味すると定義付けた。

科学に与えた影響

錬金術の試行の過程で、現在化学品の発見が多くなされ、実験具が発明された。その成果は現在科学にも引き継がれている。

例えば、からエリクシールを取り出すために必要な「万物融解液」の発見の過程で、・硝など様々な溶解液が発見された。
他にも磁器や蒸留、火といったものが発見されている。

現代の「金をつくる技術」

理論上、核分裂によってをつくることができる。
は元素番号79番なので、元素番号80番の水銀核分裂させると同位体となる(※1)。
もっとも、長い年と膨大なエネルギーが必要なため採算が合わないのだが。

核融合による生成も理論上は可
ただしのように質量数が大きい物質を核融合で生成するには、高圧・高温という条件が必要となる。
それを人為的に発生・制御できる技術は今のところ存在しない。

(※1:編集前、「ベリリウムを加速器でぶつけると……」と書かれていましたが、ベリリウムをぶつける必要性が不明だったため削除しました。分かる方は修正お願いします)

フィクションにおける錬金術

フィクションでもその名前をにする事が多い。しかしその多くは、どこかずれた設定になっているように見受けられる。

本来の錬金術は魔術と科学両方の性質があったが、フィクションでは魔術的側面が強調されている。
おそらく、科学に寄せると現在では広く知られている『化学』になってしまい、ガジェットとして使いにくいせいだろう。

また、賢者の石は(伝承通りのを持っている場合もあるが)その作品独自の解釈がされる場合が多い。
エリクサーも「品の一種」という扱いにされることも。現実に似た名前の製剤・があるので、そっちをしているのかもしれないが。

ホムンクルスも同様で、人造人間とほぼ同様の解釈をされることが多い。(該当記事も参照)
フラスコでは狭すぎると言わんばかりの体や身体を有しており、その大半が人類の驚異となる。
逆に、フラスコから出れない自分の人生を嘆くものもいる。

ゲーム作品などでは、「アイテムを合成するシステム」を「錬金術」という名で採用するものも見受けられる。
また、それとは別に「賢者の石」「エリクサー」という名の回復アイテムが登場することもしばしば。

錬金術が登場する作品一覧

関連項目

関連商品


【スポンサーリンク】

携帯版URL:
http://dic.nicomoba.jp/k/a/%E9%8C%AC%E9%87%91%E8%A1%93
ページ番号: 736381 リビジョン番号: 2343914
読み:レンキンジュツ
初版作成日: 08/11/23 23:04 ◆ 最終更新日: 16/03/31 00:03
編集内容についての説明/コメント: 関連項目、作品を追加
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

錬金術について語るスレ

138 : ななしのよっしん :2015/10/15(木) 21:02:38 ID: E71TXp0QSG
>>137
フィクションにおける錬金術で一つ一つ作品名出さなくてもいいんじゃないかな
「本来の錬金術は魔術と科学両面があったけど、フィクションでは魔術的側面が強く出されている」くらい書いておけばいいと思う。
捕捉として「科学よりの錬金術現在では広く知られている『化学』になってしまってガジェットとして使いにくいせい」とか。

あとは、今書かれている3つの作品に共通して出てくるホムンクルスの存在が一切書かれてないところは気になるな。
ホムンクルスの設定こそ現実フィクションで大きく扱いが違うことじゃないかな。
細かいところでは『鋼の錬金術師』の錬金術エネルギー視ではないよ。
原作版では地殻や大地の流れのエネルギーを取り出しているといってるし、最初のアニメ版では異世界で死んだ死者の魂を使うって設定がある。
139 : ななしのよっしん :2015/10/30(金) 19:46:32 ID: DCE6GpiiiD
と大気の元素を混ぜて魔法を生み出したり
井戸100杯を中和剤にしたり
クレジットカード使ったと思ったらすぐに物件の所有権を手放したり

錬金術は便利だね!(3つはどうみても不法です。ありがとうございました
140 : ななしのよっしん :2015/11/05(木) 20:36:39 ID: JkLNtWkeBB
一応、ファンタジー世界魔法要素皆無の初歩的な科学とか)を持ち込むときに「錬金術の産物」を名乗る作品はいくつかある
141 : ななしのよっしん :2016/01/31(日) 13:51:48 ID: ACxdFK+iCy
コピペ
錬金術(密度変換法)
の密度は約11、34g  の密度は19、3g
小数点をはぶきます。
 11g    19gを引くと8です。
四大元素
磁器土8g アルミナ46g  磁器土 50g アルミナ 50
これを釉薬とします。
陶器の一つの破片に磁器土50アルミナ50
陶器の一つの破片に磁器土8g アルミナ46g
釉薬をかけます。1回本焼きします。
本焼きした2つの破片にサンドイッチしてまた本焼きします。(1180度)
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
142 : ななしのよっしん :2016/02/19(金) 23:47:51 ID: eCNphGw7qG
炭からダイヤモンドを作ったり、空気から窒素肥料を作るのは現代の錬金術かもと思う
143 : ななしのよっしん :2016/02/21(日) 03:29:48 ID: Yb9x3V/bSy
そういや、現実錬金術師はダイヤモンドに着しなかったのかな?
あれこそ炭素を宝石に変える錬金術なのに
144 : ななしのよっしん :2016/02/21(日) 03:56:33 ID: 7k6YvRdywO
ダイヤモンドが宝石としての価値を高めるのは15世紀以降なので、錬金術師たちが注することもほとんどかったんだろうな。
ダイヤモンド炭素で構成されていることが判明したのは18世紀末で、そこから炭素からダイヤモンドを作り出す研究が始まって、1950年代にようやく合成ダイヤモンドの製造に成功している。
錬金術ではないが、150年以上もかけてダイヤモンドを作り出した科学者たちの執念は、を作り出そうとした錬金術師に匹敵するな。
145 : ななしのよっしん :2016/05/04(水) 20:57:36 ID: JkLNtWkeBB
しかし、つくりだすのに成功した途端に「ダイヤが高いのって合成できないからで、人工的に作れたらそもそもダイヤの価値なくならね?」というジレンマに直面する
146 : ななしのよっしん :2016/05/05(木) 10:26:22 ID: Yb9x3V/bSy
>>144
あるいは、錬金術師の根っこは今も科学者の中に残ってるのかもね
ホムンクルスクローンIPS細胞で……不老不死の研究も最近進んだっけ
科学はそろそろの作成でも始めるんじゃない?

>>145
現代では、一周回って人工ダイヤが工業的な価値を高めてるんだけどね。研磨剤とかドリル素材とか
なんでも、従来の人工ダイヤえる温度と圧で作成したダイヤモンド
下手な天然ダイヤよりも硬い・強い・割れにくい「ナノ多結晶ダイヤモンド」と化したとか
147 : ななしのよっしん :2016/07/20(水) 01:19:50 ID: 2O17Xva4R8
>>146
美しさは二の次になるけどまあ商業的価値はあるし成功した錬金術の一つかな

>>142
ハーバー・ボッシュ法とか大昔の人からすれば最魔術だよなぁw
実際世界人口に影を与えてるし、漫画に出てくるような魔法錬金術よりもぶっ飛んでるだろ
事実は小説より奇なりだな
  JASRAC許諾番号: 9011622001Y31015