アノマロカリス単語

アノマロカリス
  • 32
  • 0pt
掲示板へ

アノマロカリス(Anomalocaris)とは、カンブリア紀中期のに生息していた生物の一種。
この時代の動物としては最大かつ最強で、カンブリア紀の生態系の頂点に君臨していた。

発見

アノマロカリス・カナデンシス

19世紀末、古生物学者達を悩ますとある化石群があった。それはエビしっぽを思わせる姿をしていたが、見つかるのはしっぽばかりでどこを探しても頭部が見当たらない、通常エビならあるはずの消化管(いわゆる背わた)も見当たらないなどエビと呼ぶには妙な特徴ばかり。なんて奇妙なエビなんだ! …ということで、この“エビ”にはアノマロカリス(奇妙なエビ)という学名が与えられた。

その後、ロッキー山脈中にあるバージェス岩という地層から化石としては残りにくい軟体組織を含んだ質の良い化石が多量に出土され、カンブリア紀の生物に関する研究は急速に進んだ。

生物学者チャールズ・ウォルコットは出土された化石の中からん中にの開いた“クラゲ”(通常クラゲは口と消化器が身体のん中にあるため、そこがになっているというのは妙な特徴である)、ひれのある“ナマコ”を発見する。

その後1970年代になってハリーウィッチトンらがそれまで出土された化石を再検討する事になり、その結果、“エビ”、“クラゲ”、“ナマコ”がひとつにくっついた化石が発見され、 それまで別個の生物と思われていた“エビ”、“クラゲ”、“ナマコ”は実はひとつの生物のそれぞれ触手、口、胴体である事が判明する。
そして1985年、この新発見の生物めてアノマロカリスの名が与えられた。

特徴 

全長は標準的なもので60cm程度、最大では2mに達するものもいた。
身体は大きく頭部と胴体にわかれている。頭部前方にはエビしっぽに似た2本の触手が下向きに曲がって生えている。これで獲物を捕らえ、頭部下面にある円形の口へと運んだ。口にはアノマロカリスだけの特徴である放射状に開閉するがあり、これで獲物を噛み砕いた。は二重構造になっている上に食の内側にもびっしりとが生えていてこれにより食べた獲物を確実にに送り込む構造になっていた。どうやら三葉虫食にしていたものと思われ、鋭利なのようなものでかじられた三葉虫化石がしばしば発見されている。(屍をむさぼるいわゆるスカベンジャーだったという説もある)

頭部上面両側には大きな眼が短い柄を介してり出している。胴体両側には大きなひれが13対ついていてこれを波打たせるようにして動かす事で泳いでいた。胴体最後部には3対の小さなひれが斜め上を向いてついている。

余談だがアノマロカリスのウンチの化石も発見されている。

アノマロカリスは何類?

発見当初、アノマロカリスはそのあまりにパラペユトイアも異様な姿、特徴から既存のすべての動物に当てはまらない独立した動物門と考えられていた。ところが1990年代に入ってから実は節足動物の一種ではないかという説が上がるようになった。理由は澄江動物群のひとつパラペユトイア(右のイラスト)が発見されたことである。これは一見アノマロカリスに似た姿をしていたが、ひれの根元から節足動物に似た脚が生えていたのだ。つまりパラペユトイアは節足動物の一種がアノマロカリスに進化する中間に当たる生物だというのである。だがこれには異論を唱える学者もいる。学者のなかには円形の口からむしろ有動物、あるいは葉足動物ではないかという説を唱えるものもいる。結局のところよくわからないので現在では取りあえずアノマロカリス類というグループに納められている。

アノマロカリスの仲間たち

アノマロカリス類にはアノマロカリス、ペユトイア、アンプレクトベルアフルディア、シンダーハンネスなどが知られており、新種も続々と見つかっている。さらに近縁とされる種としてパラペユトイア、パンブデルリオンケリグマケラオパビニアなどが知られている。ここでは正規のアノマロカリス類をイラスト入りで解説する。

ペユトイア(Peytoia)

ペユトイア胴体がラグビーボールに似ていることから、長く「ラガニア(Laggania)」と呼ばれていたが異名(シノニム)とされペユトイアと呼ばれるようになった。ペイトイアとも。実はチャールズ・ウォルコットが“ナマコ”だと勘違いしたのはこれである。現在ではアノマロカリスとはその特徴が多くの点で異なるため、別種として扱われている。その特徴とは、

  • 胴体が太い楕円形である
  • が口の後方にあり、上を向いている(アノマロカリスはが口の前方にあり、横にり出している)
  • 最後部のひれが斜め上を向いていない

全長は15cmで、アノマロカリス類としては小の部類に属する。その大きさと特徴から、ペユトイアは海底付近に生息し、プランクトン食にしていたものと考えられる。

アンプレクトベルア(Amplectobelua)

アンプレクトベルア

澄江動物群のひとつ。全長は5cmとアノマロカリス類としてはもっとも小さいが、胴体が太くひれが大きいので全体的に幅広である。最後尾に2本の尻尾があるのも特徴。

 

 

フルディア(Hurdia)

フルディア近年になって発見されたアノマロカリス類。この種も体の各パーツごとに発見され、各々別の動物化石として報告されていて、後に全体化石が発見されたというアノマロカリスと同様の経緯を辿っている。

全長は40cm。最大の特徴は頭部先端から突き出た装甲のような突起であるが、その役はまだわかっていない。

 

シンダーハンネス(Schinderhannes)

シンダーハンネス

アノマロカリスが活躍したのはカンブリア紀中期の約5億2500万年前から約5億500万年前までの約2000万年の期間で、その後は絶滅したと思われていた。だが最近になってドイツにあるデボン紀の地層からこのシンダーハンネスの化石が発見されたことでその生息期間はさらに1億年も延長したことになったのである。

全長は10cmと小ながら先祖のアノマロカリス同様優秀なハンターだった。頭部の両側の大きなひれを羽ばたかせるようにしてかなり俊敏に泳ぎまわっていたと考えられている。

関連動画

関連コミュニティ

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 32
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%A2%E3%83%8E%E3%83%9E%E3%83%AD%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アノマロカリス

140 ななしのよっしん
2020/03/05(木) 18:45:36 ID: UAk9YY6M3Z
https://twitter.com/satoshikawasaki/status/1234641450907791361exit
最新の復元によればアノマロカリスの頭部には硬い殻がある。フルディアやエーギロカシスの頭甲はこれが発達したものらしい。
141 ななしのよっしん
2020/04/10(金) 02:15:43 ID: bzNrfxCS5/
カンブリ爆発やそれに先立つバージェス、エディアカラ動物群も生命の賛歌のように思われているけれど別の見方ではエデンからの追放だった
食うことも食われることもなく個体の生死と種の生死の区別も定かではなくただ全体に広がってから晩まで合成をしていれば良かった単細胞バクテリアだけが生命だった時代がその合成の廃棄物たる酸素によって終わり食うか食われるかの命がけの競争をすることになった
142 ななしのよっしん
2020/04/12(日) 22:37:48 ID: vJ2kmGONJr
生物同士の殺し合いや寄生なら合成よりずっと前からあったし、ウイルスも最初からいる
エデンは人類がこれから作るものだ
143 ななしのよっしん
2020/04/13(月) 12:33:48 ID: UAk9YY6M3Z
細菌にも他の細菌を食べる捕食性細菌というのもいたし、初期の生物アメーバのように細菌を捕食していたといわれている。食う喰われるの関係は生命創生の頃からあったんだよ。
144 ななしのよっしん
2020/05/24(日) 11:10:32 ID: /jS03/wD04
三葉虫みたいな甲殻もちを食えるようなじゃないって話を聞いたままだったけど調べてみたらアノマロカリス類の中でアノマロカリス・カナデンシスのがそうだったってことみたいね。
食われた跡がある三葉虫化石と一致するを持ってるのはフルディア科。
アノマロカリス・カナデンシスの方も付属肢の形から何か捕食してたのが通説。遊泳性の動物を捕えてたんじゃないかって話。
145 ななしのよっしん
2020/06/22(月) 12:19:18 ID: c1SXhLF+ay
よく知られた形のアノマロカリスが、アノマロカリス類カナデンシス
発見されたものでは58cmが最大
こいつが三葉虫文字通りが立たなかったわけで、
世間一般的にはアノマロカリス三葉虫食えないってイメージでいいんじゃね

相手を丸呑みできるほどでかいエーギロカシスや、
普通食のフルディアと情報が混じって混同されてたのが現状だろうなあ
カナデンシスの絵で体長2mとかが実際は間違いなわけだ
実際に2m以上あるエーギロカシスもかっこいい姿なのにな
146 ななしのよっしん
2020/07/21(火) 14:34:15 ID: mbWuvWKR1S
何だかんだでカナデンシスが(今のところ)立った葉足も頭く一番シンプルなフォルムというのがまた興味深い
色んな強化武装に見惚れつつも最終的に原点に戻るというか

同種の食性についてはどうだろうな
個人的にはまだまだ検討&新発見の余地もあると思ってる
三葉虫りは出来なくとも現生のガザミやロブスターみたいに獲物引き裂いて中身だけ食べてたとかならありそうだし
もしくは大半の生き物軟体アノマロカリスご飯だった中、三葉虫だけが対アノマロカリス格だったとか…
147 ななしのよっしん
2020/08/18(火) 07:19:40 ID: q96cVHr/V5
節足動物で、全に遊泳に特化した形状に進化したのは
あとにも先にもこの種くらいなもんでは?
148 ななしのよっしん
2020/08/30(日) 23:57:00 ID: hdcj8+MVQa
NHKスペシャル40億年はるかで作られた
アノマロカリス模型は今どこにあるんだろうか
149 名無し
2021/03/23(火) 21:06:01 ID: QDg03RLp52
今知られてる姿は これで確定ファイナルアンサーで良いの?
実はこの姿もまだ全体像の一部分でしたとか
恐竜みたいにどんどん想像図が変わっていったりとかいのかな