アンディ・ウォーホル単語

アンディウォーホル
1.2千文字の記事
  • 3
  • 0pt
掲示板へ

アンディ・ウォーホル(Andy Warhol、1928年8月6日 - 1987年2月22日)とは、アメリカ合衆国芸術家である。本名はアンドリュー・ウォーホラ(Andrew Warhola)。トレードマーク銀髪カツラ

概要

コカ・コーラやキャンベルのスープ缶など、アメリカの大衆文化モチーフに強インパクトを与え、ポップアートを牽引したアートの巨匠シルクスクリーンの技法を用いて民衆に染み深いシンボルを作品化した。

チェコスロバキア共和国からの移民である労働者階級の両の三男としてピッツバーグの田舎町で生まれた。このときの貧しい生活が彼の創作の根底にあり、「お金を稼ぎたい」という欲求となった。幼少期に洗礼を受け生涯教会に通うなど敬虔なカトリックであり、作品にもそのが見て取れる。

生涯生産した作品の数は数十万に上ると言われるほど多作。オリジナリティ作家性よりもアメリカ資本主義を体現するかのように作品を量産し、従来の定義を破壊。「アートとして発表すればそれはアートである」という姿勢で新しい定義を作った。40歳の時には「全男性殺団(S.C.U.M. /Society for Cutting Up Men)」という、全男性殺を掲げる団体のメンバーから撃され一時重傷を負うも、以降も第一線で活躍しセンセーショナルな作品を産みだしていった。

書籍の出版や映画製作音楽プロデューサーなど、度々新しいことに挑戦するマルチアーティストの先駆けでもある。

1963年にはアトリエ「ファクトリー」を設け、アートに流れ作業を導入し大量生産するという画期的なシステムを構築した。このアトリエサロンでもあり、頻繁に有名人を招いてのドラッグパーティーが開催された。ウォーホルは多くの業界に顔が利いたため、アトリエ内で彼のお気に入りとなればその人物の成功は約束されたようなものだったが、同時に嫌われた場合は梯子を外され転落してしまうため、スターは彼の顔色をうのに必死だった。イーディ・セジウィックという女優は当初ウォーホルに見初められ、彼が制作を手掛ける映画に出演するなど重用されたが、イーディボブ・ディランと交際をスタートさせると、彼女ファッション界でもアート界でも仲間外れにされた。心労から精神病院に入院した彼女はその後ドラッグ依存し命を落としてしまう。

実はゲイ。60年代当初は同性愛タブーだったため長いこと言できないでいた。当時の作中の男性に過剰な男らしさをわせているのはホモセクシャルの暗示だとされる。時代ゆえ生涯独身を貫いた。

関連動画

関連静画

関連商品

関連リンク

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 3
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

アンディ・ウォーホル

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • アンディ・ウォーホルについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、ニコニコのアカウントが必要です!