シャンティエン単語

シャンティエン

シャンティエンとは、MHFに登場するモンスターである。別名はこと、

概要

古龍種
シャンティエン
別称
別称
登場作品
モンスターハンターのモンスターテンプレート

初登場したMHF-G1(2013/4/17)時点では昇級試験時の個体のみ存在し、実際に倒すことは出来なかったが、
MHF-G2(2013/7/17)にて「極限征伐戦」という特殊な狩猟システムで戦えるようになった。
運営からはMHF-Gの表向きのラスボスを務めるモンスターとして扱われている。

MHFモンスターの中ではしく、名前のセンスが独特でどこか中国語蒼天)を髣髴とさせる。
この名前からユーザーの間では、オシャンティーと呼ばれることも。渾名が妙に親父臭いがも気にしない。

戦闘時は4つの形態を持ち、ハンターによる攻撃でHPが規定値まで減らされると次々に形態変化していく。
第1~3形態まではを飛ぶ巨大な飛空艇のような「大船」で戦うことになるが、
最終形態ではシャンティエンが飛行船を落下させ火山地帯で戦うことになる。
わざわざ船の上で討伐させず、飛空艇を落下させるあたりさすがは期待を裏切らないカプコンといったところだろうか。

G級の古にふさわしく多種多様な攻撃パターンを持ち、モード陸上モードを使い分け、
独自の属性である属性(火++)を駆使した攻撃をしてくる。
また、大船のギミック活用すると戦いが楽になる。
怒り状態はないが段階が進むごとに攻撃が増加していくという仕様を持っており、
同じ攻撃でも段階が進むと大ダメージを受ける。

昇級試験でも極限征伐戦と同じ個体であり、補正が適用されていない関係で極征の低レベル個体よりは手強い。
第3段階にして一定ダメージを与えると撃退となりG級に昇格できる。

なおシャンティエン自体は形態以降毎に必ずムービーが入るので、極限征伐戦で高みをす点においてはディスフィロアミラボレアスたちのムービーが短いモンスター人気を取られている。
ただ彼らとべて強な攻撃が少ないのでシャン自身の立ち居地は極限征伐戦の初心者向けモンスターといったところに収まっている。

戦闘

第1段階ではまだおとなしく探船の床におりたまま戦う。
陸上モード海竜種の共通行動が中心だが、
一部の攻撃では暴を起こし探船自体を揺らすことで震動を起こしてくるなど違いもある。

第2形態からはモードを使用し出す。
の名の通りけ、回転突撃やサマーソルトを使うようになる。

第3形態からはシャンティエンも本気を出し始める。
以降時にが荒れ、シャンティエンが探船の外に高速で滑するが、
を伴いながら滑するシャンティエンに高速用捕獲弾を当てると船内に引き戻して地上戦も可になる。
ここからを開放しレス弾、放電のほか、
レベルが上がると薙ぎ払いレスやチャージ球などを使ってくる。
一定ダメージを与えるとシャンティエンの逆鱗に触れ、
電撃レスで探船が破壊され火山地帯に墜落して第4形態との最終決戦となる。

ここではシャンティエンが火事場の馬鹿力を発揮してプレイヤーに攻撃を仕掛けてくる。
第3形態の動きをベースに複数の追加技が存在し、その技は多にして熾極まる物ばかり。
レベルが上がると更に増え、LV500で全モーションが開放される。

火山地帯ではに加えて火山の影からハンターを攻撃する技にも火属性のものが出てくるが、
ほとんどは噴火や地面からの火炎弾など地形を利用したものであり、
本体が行うものはスリップダメージの火炎旋のみ。
とシャンティエンは火属性の使用に制約があるようだ。
LV500から使ってくる最大技は属性を最大限発揮したもので、
広範囲大放電()→レス()→尻尾による全方向火炎弾(火)飛ばしのコンボ

な攻撃を乗り越えつつ戦闘を進めるとムービーが流れ、
瀕死のシャンティエンがエリア中央上に飛びこちらに向けて特大のブレスを吐こうとする
・・・のだがダメージの影かブレスが口元で炸裂してしまい墜落、討伐成功となる。

極限征伐戦

シャンティエンを始めとした強古龍種(他にディスフィロアミラボレアスミラバルカンがいる)を討伐する特殊なクエスト
名前のとおり自分自身の極限をすことができ、クリアすれば古レベルが上昇し、全体防御率が低くなったり更に強な攻撃を繰り出してきたりする。

クエスト名は「蒼穹けた先に至る地」。

第一回開催

当初MHF-G1の顔として登場し、波乱万丈のサービス開始から4ヶが経ってからようやく正式に戦えるようになったのだが・・・期待に胸を膨らませたハンター達を待っていたのはまた地獄だった

第一回実装のときの極限征伐戦は、異常ともいえる数値に設定されていた防御マイナス補正と最初からクライマックスといえるシャンティエンの異常な攻撃により、レベル1でも戦死者が続出。
シャンティエンの攻撃GR8のモンスターGR1から挑めるようにしただけで、を調整せずにそのまま持ってきたために起こってしまった設定ミスが原因。(これについては第一回極限征伐戦時のシャンティエンの装備の強化素材GR8で取れる「破玉」だったため判明した。)
GR8のモンスターと聞けば当たり前なのだが、当時はGR5以降のモンスターが開放されておらずGRあきの状態であったために、防御を上げるためには根性か元気のみなもとを使う以外手がなく、即死を防ぐために根性や狩人応援コース(Fコース)に課金するユーザーが後を立たなかった。
しかし狩人応援コースを入れたとしても上位レベルでは即死することが判明してしまう。

頼りとなるはずの既存G級防具の強化も、強化するためにはレベルのシャンティエンとの戦いで入手できる素材が必須なため、シャンティエンを倒すためにシャンティエンと戦わなければならないという本末転倒な(剛種武器時代を思わせる)事態に。なんとか途中まで強化できたとしても結局は未モンスター素材ストッパーがかけられてるため、多くのプレイヤーが諦めの地に立たされてしまった。

報酬面も非常に乏しく、低レベルのシャンティエンを何度も倒しても強化素材がでないのとかもザラレベルが高ければ高いほどでやすくなるのだが、レベルが高くなればなるほどシャンティエンは強くなっていき、一般人の腕ではとても討伐が理なレベルでないとまとまった報酬を得られない。その結果高ランキング廃人ばかりが装備の強化素材を必然的に独占することになり、ランキングに乗っていないユーザーにはの涙しか行き渡らず、大きな批判を呼ぶことになる。

その後

運営側は初開催となるこの回での不評を受け、急ピッチリファイン善に取り組むこととなる。
初回時は特に、「最初から即死オンライン」「強化素材が出ない」という2点に関しては批判が殺到したためか、
翌週の運営レポートでこの2点を重点的に、次回開催時のリファインを行うことが明かされ、
シャンティエンの低レベル時の攻撃の弱体や、報酬放出確率の増加などのリファインが行われた。

そして、以後もリファインを繰り返され、第5回辺りでやっと評価を回復させることに成功。
この経験は以後実装された大コンテンツであるパローネ大航祭にも活かされた。
そういった意味でも第1回は駄ではなかったと言える。

現在では上述した極限征伐戦のリファインが進んでおり、開催期間も一かの内三週間とほぼ常駐しているため、G級武具のストッパ―要素にはなっておらず、コンテンツとしても普通の評価となっている。

関連動画

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A8%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シャンティエン

1 ななしのよっしん
2013/10/15(火) 17:42:52 ID: eNev0ch8pX
中学生くらいの時に作った・中国語っぽい名前の・スリムな・とか操る
ぼくがかんがえたMHモンスター」が見事に具現されていてちょっと嬉しい。フロンティアできないけど
因みに、ヒュジキキもそのパターン
2 ななしのよっしん
2013/10/26(土) 13:53:14 ID: J1+kXX6R5Q
ラギアクルスのぱくり
3  
2013/12/17(火) 10:00:22 ID: ZZxoCyK4xS
山田シャンティエン)
4 ななしのよっしん
2014/04/07(月) 22:03:43 ID: T5YF1cd93R
中国の北部にティエンシャンっていう山脈があるけど、これの文字を並び替えたらシャンティエンってなるから元ネタこれじゃない?
5 ななしのよっしん
2014/04/07(月) 22:18:24 ID: +mqzekYuqX
普通(xiang シャン)(tian ティエン)じゃないかなあ
6 ななしのよっしん
2014/07/20(日) 21:19:21 ID: AvY9HWXWbG
クソみてえな時間稼ぎ要素多すぎだろ
そりゃ後輩共に人気取られるわけだわ
7 ななしのよっしん
2014/08/10(日) 16:32:51 ID: UcJs0xmROG
まるでドラゴンボールみてるみたいだな
ザムザにしろこいつにしろムービー入れての引き伸ばしやめてほしい
最初から第四形態だったらよかった
8 ななしのよっしん
2014/08/21(木) 14:51:51 ID: 3PGeZuN0e8
素材から打属性太刀とか作れそう。
9 ななしのよっしん
2014/11/15(土) 22:54:38 ID: YE22YgYSAW
…いやなんでもない

急上昇ワード