古龍種単語

コリュウシュ
  • 2
  • 0pt
掲示板へ

古龍種とは、モンスターハンターシリーズに登場するモンスター組みである。

概要

モンスターハンター2』より登場した新しい組み。
キリンラオシャンロンミラボレアスなど初代に登場したモンスターも2で古龍種として定義された。

研究が進んでいないなどの理由で飛竜種や牙種などの組みに分類できない、よく分からないモンスターがこの古龍種に分類される。そのため格も見たも全く異なるモンスターが同じ古龍種に分類されるのだが、どのモンスターも「太古の昔より生き続けるほどの長大な寿命」、「他のモンスターとは較にならないほどの実」、「滅多に姿を現さない」という共通点を持つ。ある古龍種は存在するだけでを巻き起こし、ある古龍種は獄炎を容易く操り、ある古龍種は全に姿を消せるを持つなど、どの古龍種もこそ違えど何かしらの特殊を保持しており、自然界から越した存在となっている。
後に研究が進むに従って「古の血と呼ばれる血液成分を含む」など、生物学的に古とそれ以外を分ける事が可な特徴も発見されてきており、かつては古に匹敵するを持ち古龍種に分類されていたが古ではないとめられたモンスターもいる。

強大な故か、一度古龍種がフィールドに姿を現せば他のモンスターは恐れをなして姿を消してしまう(キリンのような例外もいるが)。滅多に姿を現さないため古龍種の研究は進んでおらず、何を食べているのか何処で生まれているのかさえ不明である。ただクシャルダオラについては較的研究が進んでおり、を操るで一定時効化に出来るという研究結果が出ている。

にとっては人間など「取るに足らない小さな生物」に過ぎず、よほど怒らせたりしない限りは古が自らの意思で人間の生活拠点を襲撃すると言った事はいが、そのあまりに強すぎるは存在するだけで脅威となる災そのものであり、移動のために通りがかっただけで村が全滅すると言った事さえあり得る。ラオシャンロンダラ・アマデュラなどの規格外の巨体を誇るなどはその典例である。
また特殊な例として、ドンドルマは古の縄りに近い位置に存在しているからか、自発的に人間をわざわざ襲う事は少ない古が度々襲撃を仕掛けている。最近ではかなり大人しい方の気性であると言われていたオオナズチでさえもドンドルマを襲撃した事例が報告されている。

他にも古龍種とはモンスターの脅威性をる上での一種の標ともされ、イビルジョーラージャン、一部の希少種などは生物という事で周囲の環境に多大な破壊的を与える生物として恐れられている。一方でシェンガオレンアカムトルムウカムルバスラヴィエンテなど戦闘や危険性こそ古に匹敵する巨大モンスターであっても格や系統的な問題から古とはされていないものも存在する。

モンハンシリーズラスボスを務めるモンスターどが古龍種である事も、いかに古が強大かつ恐ろしい存在であるかを物語っている。

また小説漫画などモンハンを題材にしたメディア作品において古龍種とは“人間ではまず勝つ事が出来ない本物のモンスター”として扱われていたりする。
ゲーム内でもNPCセリフなどの世界観上では明確に討伐が遂された古どいないことになっており、撃退がやっとであるか、討伐したと思っても後で復活してしまったなどの例がどである

シリーズに登場した古龍種の一覧

モンスターハンター / モンスターハンターG / モンスターハンター2

名称 別称 初登場 特徴
キリン なし MH 一角獣のような姿を持ち、を操る。女性用の装備がエロいと有名。
ラオシャンロン 老山龍 MH 山のように巨大な。ただ歩いているだけでも人間にとっては脅威となる。
ラオシャンロン亜種 岩山 MHG 文字通り岩山のような体色のラオシャンロン亜種
ミラボレアス 黒龍 MH かつて一を滅ぼしたとされる暗黒龍。隠しモンスターとして扱われている。
ミラボレアス MHG ミラボレアスが溶岩ので変異したという形態。ミラバルカンとも呼ばれる。
クシャルダオラ 鋼龍 MH2 鋼のような甲殻を持つを自在に操りや猛吹雪を引き起こす。
テオ・テスカトル 炎王 MH2 獅子の如き姿を持つ。粉を飛ばし、それを燃やして大爆発を発生させる。
ナナ・テスカトリ 炎妃 MH2 スカト種の雌の個体。テスカトルとは対照的ない身体が特徴。
オオナズチ 霞龍 MH2 カメレオンに似た姿の古。自身の姿を消す特殊を持つ。
ヤマツカミ 浮岳龍 MH2 軟体動物のような姿の異形の怪物。凄まじい吸引で獲物を飲み込む。
ミラボレアス【祖 MH2 全ての古の祖と謳われるミラルーツとも呼ばれる。

モンスターハンター3 / モンスターハンター3G / モンスターハンターポータブル3rd

名称 別称 初登場 特徴
ナバルデウス MH3 湾曲した長い亜の身体が特徴の巨大
ナバルデウス亜種 MH3G ナバルデウスがさらに長い年を経て色の身体を有するようになった個体。
ジエン・モーラン 峯山 MH3 砂漠を泳ぐように走る巨大。前に突き出た二本の牙を持つ。
ジエン・モーラン亜種 霊山 MH3G 背中数の結晶体を生やしたジエン・モーラン亜種
アルバトリオン 煌黒龍 MH3 火、氷、など様々な属性を使いこなすをも恐れさせるという黒龍
グラン・ミラオス 黒龍 MH3G 陸両棲の異形ので、身体から火山の如く溶岩状の体液を吹き出す。
アマツマガツチ 嵐龍 MHP3 常に凄まじいを身にいながら飛翔する

モンスターハンター4 / モンスターハンター4G

名称 別称 初登場 特徴
キリン亜種 なし MH4 氷のを制御するようになったキリン
ダレン・モーラン MH4 ジエン・モーランと近い生態を持つ銛のような頭部を有する巨大
ゴア・マガラ MH4 発売より後に古には分類されている。しかし未成熟個体のため正確には古龍種ではなく分類不明。
シャガルマガラ 天廻龍 MH4 ゴア・マガラの成熟個体。特殊な粒子で周辺のモンスター暴化させる。こちらは古龍種である。
ダラ・アマデュラ 蛇王龍 MH4 400m以上の巨体を誇る超ド級数の小隕石を降らすを持つ。
ダラ・アマデュラ亜種 MH4G 脱皮を遂げ身体の色がより々しく変化したダラ・アマデュラの姿。
ゴグマジオス 巨戟 MH4G 身体から常に重油のような体液を分泌している不気味な姿の巨大

モンスターハンタークロス / モンスターハンターダブルクロス

名称 別称 初登場 特徴
オストガロア MHX 各所に大量のモンスターった頭足類に近い形態を持つ巨大な化物。
バルファルク MHXX ブースターのようなから高エネルギーを噴射して天空高速で疾駆する

モンスターハンター:ワールド

名称 別称 初登場 特徴
ネルギガンテ 滅尽 MH:W 全身を鋭利かつ何度も生え変わるスパイクで武装した悪魔の如き容貌の暴な古
ゾラ・マグダラオス 溶山 MH:W 大陸を広範囲に渡って移動する燃え盛る活火山のような体を有する巨大
ヴァルハザク 死套 MH:W 瘴気という悪性の微生物と共生している死骸の皮をったゾンビのような醜悪な姿の古
マム・タロト MH:W 溶けた金属で構築されたの鱗で身を護るヤギのものに似た大きなを持った古
ゼノ・ジーヴァ MH:W 結晶の地と呼ばれる場所で誕生した幻想的な姿を持った全く新種の古
ベヒーモス 魔獣 MH:W に似た正体不明の怪物。FFXIVとのコラボで登場。
イヴェルカーナ MH:W IB 万物を時に凍りつかせ、自らの身体にも氷のう古の伝承にられし古
ネロミェール MH:W IB に加えて電気も同時に操る事の出来る深海生物を彷彿とさせる姿をした古
アン・イシュワルダ 地啼 MH:W IB 大地の地脈に強いを与えるとされる古。本体を分厚い岩塊で覆い隠している。
ムフェト・ジーヴァ MH:W IB ゼノ・ジーヴァの成体とされる。地脈を制御して周辺の環境を作り変える。

モンスターハンターフロンティア

名称 別称 初登場 特徴
ルコディオラ MHFF1 自由自在に操る事のできる古
シャンティエン MHF-G1 特殊な粒子を放出してか高を泳ぐように回遊する新種の古
レビディオラ MHF-G2 に加えても発揮するようになったルコディオラの近縁種。
ディスフィロア 熾凍 MHF-G2 燃え盛る炎と凍てつく氷のを同時に操れる正体不明の巨大
イナガミ MHF-G5 に潜み、を生やして相手を翻弄するのような古
ガルバダオラ MHF-G5 色の装甲とそこから生えた水晶体が特徴のクシャルダオラの変異種。
ドゥレムディラ - MHF-G6 廊の番人』と呼ばれている「禍々しく巨大な古
ハルドメルグ MHF-G7 その身体を流体性の液体金属で覆っている白銀
ヤマクライ 浮峰 MHF-G8 ヤマツカミの原種とされる巨大生物。様々な元素や事を操れる。
トア・テスカトラ 凍王 MHF-G9 な冷気であらゆる物を凍り付かせるテオ・テスカトルの近縁種。
グァンゾルム MHF-G10 エギュラスという小飛竜を下として使役するの支配者たる
ケオアルボル 焔嶽 MHF-Z1 両腕に高熱を溜める事で凄まじいを発揮する地上棲の巨大
エルゼリオン MHF-Z1 体の右側に冷気を、左側に火炎のを宿す幻想的な姿をした

モンスターハンターストーリーズ

名称 別称 初登場 特徴
ヴェルサ・ノワ なし MHST 気」と呼ばれる現を止める事が出来るといわれる獅子にも似た

モンスターハンターエクスプロア

名称 別称 初登場 特徴
ネフ・ガルムド MHXR5.0 感応結晶と呼ばれる特殊な結晶体を操るMHXR初のオリジナルモンスター
モルドムント MHXR7.7 頭部に巨大な冠のような冠を持った古。硬質化するい流体物質を攻撃に利用する。
エオ・ガルディア MHXR8.1 ネフ・ガルムドと対を成す。感応結晶にを与えて強い気流を生み出す。

生態が判明している古龍

先述の通り古は存在自体が不可解であり、一般的な生物における基本的な生態すらも分かっていないものが多いが、中には一部だけでも生態が判明している古がいる。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 2
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8F%A4%E9%BE%8D%E7%A8%AE

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

古龍種

45 ななしのよっしん
2019/12/17(火) 12:39:45 ID: jL8KiMuh00
>>43
戦艦

とはいえ、生体であるが故に進化や変異を繰り返しているので、兵器としての利点が特にない古が居てもおかしくはないかと。
46 ななしのよっしん
2020/01/01(水) 20:06:29 ID: VojYEZNHKO
>>44 わけわからない生物が古←そうだよ?だから昔まだ研究が進んでなかったラージャンはかつては古だったし、今の古たちも研究が進んだらほかの種類に分類される可性もある。ベヒーモス全に起が異なるため古(レーシェンは恐らくウィッチャーが遺存種だと教えてくれたため
47 ななしのよっしん
2020/01/01(水) 20:08:05 ID: 5eW67UXXB/
こいつあれやろ、私、能力は平均値でって言ったよね!で上限側の持ってる生物のことやろ?
48 ななしのよっしん
2020/01/02(木) 14:27:02 ID: Vzl0R1OSCF
乱暴に言うと古か否かなんて導青色に反応するかどうかだよ
49 ななしのよっしん
2020/01/29(水) 01:03:19 ID: CRqpCs1JuH
特に膂に秀でてる設定がないテオ夫婦とハザクが非怒り時ラージャン相手にべで優位に立ってたり、カーネロザクが飢餓ジョー肉弾戦で普通に渡り合えてたりするところを見るに、身体力一つ取っても他とは別格って感じがする

多分古龍種の連中は他の系統生物とは根本的に内部構造とかが違うんだろう
50 ななしのよっしん
2020/02/11(火) 23:22:11 ID: 6yTUhkq0In
ラージョーが古に喧売って引き分けるの大好き
格が違うと言わんばかりの古生き物の意地を見せつけた感じが好き


51 ななしのよっしん
2020/02/17(月) 20:17:08 ID: Vzl0R1OSCF
メインモンスターって希少種や特殊個体を考慮すると古生物の素質があるよね
52 sage
2020/04/17(金) 11:28:03 ID: bi5T8BkJ7x
>>49
>多分古龍種の連中は他の系統生物とは根本的に内部構造とかが違うんだろう

胴体を貫通したり、心臓とかの臓器にを開けられたりしても、人間なら転んで膝を擦りむいた程度で、普通に支障なく活動して数日したら治癒してそう。
53 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 12:40:28 ID: SjGOaejmgY
>>52
一般モンスターであるリオレウスですらブレス吐くたびにのどを焼いては再生してるし、古龍種であればそれぐらいやっちゃいそうだな。
もしかしてが捕獲できないのって、確実にとどめをさないとギルドへ運んである間に復活しちゃうからとか?
54 ななしのよっしん
2020/06/20(土) 12:46:34 ID: jL8KiMuh00
生け捕りにするリスクは高いだろうね。万が一起きたらその場が災に見舞われる・・・。

急上昇ワード

おすすめトレンド

スマホで作られた新規記事

こちらの記事に加筆・修正してみませんか?

プレミアム限定動画 松山あおい 謎のレインジャック