スパイスカレー単語

スパイスカレー

スパイスカレーとは、2000年頃から大阪市で広まりを見せ、今や大阪市の新たな名物料理となっているカレー料理である。

共通点として欧カレーのように「ルウ」を作らないことが前提であり、スリランカカレー流としている。

概要

スパイスカレーは「ルウ」を作らず、スパイスを調合した南アジア東南アジアエッセンスが入ったカレーであり、大きくわけて3種類のタイプがある。

インドカレーとは似ているが、インドカレーは、どちらかというとご飯よりナンに合うように調理しているのに対し、スパイスカレーご飯に合うことを前提としており、ナンとの取り合わせはまず見られない。また、あいがけという2種類以上のカレーを皿に盛るのも定番であり、複数のカレーサラダなどを乗せたワンプレートのランチも定番化している。

また、ルウを作らないほかの共通点はふんだんにスパイスを使うことぐらいであり、特に具材に関しては大きな決まりはない。大根サバ缶や麻婆豆腐など今までの常識を打ち破る具材を使った店もあり、その自由自在な調理方法が、追究好きな大阪らしい料理として仕上がった。

歴史

スパイスカレーの嚆矢は、ちょうどエスニック料理が全的にブームになっていた1980年代後半~1990年代前半、元々EGO-WRAPPINのメンバーであった一人が開いた「カシミール」というカレー店に遡る。氏は世界中のスパイスを取り寄せ、自分好みのカレー作ってみたところ、大変な評判を呼び、バンド音楽仲間を中心に口コミが広がり、またそれを教わって始めた店や、インスパイアされて模倣する店も増えることになり、いい相乗効果を生んだ。

それによって生まれた店が今日スパイスカレーパイオニアにも数えられる「コロンビア8」「バビルの」などであり、その発祥地である町四丁といわれ、スパイスカレーの最大戦区、またはスパイスカレー聖地と呼ばれることもある。なお、この辺りは卸売業者が多く、ビジネスマンや顧客の食や勤務後に寄っていく場のメニューとして需要を満たしていたことが、カレー屋が発展するきっかけとなっている。

その後、大阪市内のスパイスカレー専門店は100店をえるほど増加しており、ビジネスマンや病院勤務者の多い波座界や、近年は梅田も新たなスパイスカレー戦区となっている。また、その大阪修行した人らが故郷に戻って店を開くことが多くなり、関西の他都市でも徐々に店が増えつつある。

そのブームはとどまることを知らず、ずっとそのブームをひた隠しにしてきた東京メディアにも「旧ヤム邸」が下北沢に進出したり、また東京で新たに店が開かれたりするなど緩やかながら動きが出てきている。

…だが、あまり観光客向けに店を出していないため、平日間しか営業していないという観光客泣かせの名店が多い。

従来の大阪カレーとの違い

なお、大阪市は昔からカレー屋が多い地であり、内には1600店以上ともいわれるカレー提供店がある。そして、その中で較的知られていたのが「インデアンカレー」「白銀亭」「上等カレー」などに代表される、最初は「甘口?」と思わせておいて、あとでじんわりと辛味が浸透していくタイプ洋食カレーであり、こちらの方が大阪の名物カレーとして全的に知られていたりしている。

また、従来のルウやフォン・ド・ボーを使った欧カレーの店も普通にある。有名なチェーン店の「ピッコロ」「英屋」「サンマルコ」のほか、梅田の名店として知られる「ブルーノ」などが有名である。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%83%91%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%83%AC%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スパイスカレー

まだ掲示板に書き込みがありません…以下のようなことを書き込んでもらえると嬉しいでーす!

  • 記事を編集した人の応援(応援されると喜びます)
  • 記事に追加して欲しい動画・商品・記述についての情報提供(具体的だと嬉しいです)
  • スパイスカレーについての雑談(ダラダラとゆるい感じで)

書き込みを行うには、niconicoのアカウントが必要です!