バフ単語

バフ

バフbuff)とは、電子ゲームの一つで使用者側に好ましいステータス上昇効果を引き出す術・技・呪文魔法アイテム、およびそれらによる各種ステータス変動作用をす言葉である。これとは反対に相手側に対して好ましくない効果を与えるものはデバフdebuff)と呼ばれる。

概要

一説によれば、元々は1999年からSony Online Entertainment(SOE)が提供していたMMORPGEverQuest』(エバークエスト)のユーザーの間で使用されていた言葉だったとされる。プレイヤーヒットポイントを増やす補助魔法が「緩衝」を意味する「Buffer」と呼ばれるようになり、そこから他の補助魔法もBufferと呼ばれるようになり、そしてそれが略されてbuffとなったという。debuffは「buff」に打消しや否定の意味の接頭語「de-」を追加したもの。[1]

ただし「buff」という言葉には「磨き上げる」といった意味合いもあり、また「鍛え上げられた体」を表現する際にも使用される。それらから連想して強化魔法を「buff」と呼称するようになったのではないかという話もあり、であればEverQuest以前のゲームなどでも使用されていたとしてもおかしくない。ただしその「EverQuest以前」の用例は確認されていないため、やはり上記のEverQuest内起説が最有であることは間違いないだろう。

後にEverQuestのみならずMMORPG全般で用いられるようになり、今日ではソーシャルゲーム全般でも広く使われている。一般的にオフラインゲームではあまり使われてきていない用だが概念としては共通(上昇○○ステータス上昇○○等と呼習わされている)であり、『ドラゴンクエストシリーズ(以下『DQシリーズ)を例にとると「スカラ」や「バイキルト」などがバフに、「ルカナン」や「ボミオス」などがデバフに相当する。他にもポケモンシリーズの「つるぎのまい」や「しっぽふる」がそれぞれバフ・デバフに当たる。バフは自掛けのものや単体もしくは全体定のものがあり、大半の作品ではシステム上バフは味方にのみ、デバフは敵方に対してのみ発動可である(一部敵味方双方に使用できる作品あり)。

※但しローグライクにおける装備強化アイテム(「スカラの巻物」、「バイキルトの巻物」など)はバフには該当しない。

◆バフ・デバフの定義は概ね以下の様なものである。

バフ
ステータスを一時的に増強する(攻撃、守備、行動スピード、魔、各種耐性など)。
デバフ
ステータスを一時的に減弱する(攻撃、守備、行動スピード、魔、各種耐性など)。

◆効果の持続期間についてはシステム依存し、ターン制では規定のターン数経過で、リアルタイム制では一定時間経過で解消するものが多いが、戦闘中効果が永続するものもある。一回限りまたは所定の回数特定コマンドを利用(攻撃バフならば通常攻撃または格闘技など)した時点で効果切れとなるタイプもある。

システムによっては効果重複(所謂「積み」「重ね掛け」)を認めているものもある。バフとデバフは互いに相殺する場合もあれば後掛けした方で上書きされるもの、併存してそれぞれ計算式に反映される場合もあり、各作品が採用するシステムによって様々である。また対の攻撃、防御など基本ステータスはそのままに、ヒットした時の与ダメージを直接所定の倍率だけ上昇/低下させる効果を持つタイプも存在する(『DQシリーズの「ちからため」「ちからため」など)。このタイプの場合は攻撃/防御バフではなくダメージ率バフとして区別される。他にもクリティカル率や回避率など基本ステータスとはシステム関係に定められている種々の倍率・確率を直接変動させるタイプのバフがある(『ポケモンシリーズの「ちいさくなる」など)が、この辺りについては作品によって運や素さといったステータス値がそれぞれクリティカル率や回避率に影する場合も多く、そのようなシステムではスピードバフが行動順のみならず回避率をも向上させる等多義的効果を持つ事になる。


エンチャント(属性付与)についてもバフの一種とされている。エンチャントは通常味方に用いるバフだが、自方がある属性に対して耐性をもつ場合、その属性のエンチャントを相手に掛ける事でデバフと同様の効果を得られる場合もある。エンチャントもバフと同様に規定ターン数経過などで解消するが、装備品に対して掛ける種類である場合は通例装備変更により効化される。


プレイヤーステータスを引き上げるという点で回復魔法アイテム等も広義のバフに含まれるが、通常回復魔法がバフと呼ばれる事はい(体・魔の最大値を一時的に引き上げるものはバフと呼ばれる事もある)。

◆バフやデバフを打ち消す効果のある魔法・技などが登場するゲームも多い。上記と同じく『DQシリーズを例にとると「いてつくはどう」などが該当する。

関連動画

関連項目

脚注

  1. *バフやMOBと言う単語の由来について:漫画喫茶 完美世界 祖龍店exit

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%95

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バフ

20 ななしのよっしん
2018/06/08(金) 18:51:23 ID: G4OOyFr5Fu
武蔵バフ!」
21 ななしのよっしん
2018/07/06(金) 04:27:54 ID: gcQXJ8VWXW
たとえば
https://psxdatacenter.com/games/J/A/SLPS-01187.htmlexit
アルナムのの紹介ページにbuff debuffの記述ありますよー。
1985~1998年検索範囲絞った結果です。
多分起を遡るとボードゲームとかまで行き着くんじゃないですか?
元ねた書いた人は、何を根拠にされているのか・・・。
22 ななしのよっしん
2018/07/08(日) 18:05:43 ID: Am8E4vF/Iu
ソシャゲが流行って来てからオフラインゲームでも使われ始めた印
磨き上げるって意味もあるんか
緩衝材って意味はどっかで知ったか
攻撃バフとか意味わかんねぇとか思ってたけど
磨き上げるって意味なら納得
23 ななしのよっしん
2018/07/28(土) 15:52:08 ID: BZ4wGsNXLG
自分の防御を下げて相手に大ダメージ、みたいなのはデバフじゃないんだろうか
あと敵が使ってくるこっちへのデバフ
24 ななしのよっしん
2018/08/03(金) 02:02:33 ID: ZhO5rv6Ghz
>>18
海外産ゲーやそのオマージュ要素入った和ゲーなら状態異常表記でバフデバフ共通されてるのもあるけど
一般人日本人の認識として「異常悪い意味でいつもと違う」っていうニュアンスでしょ?
異常発生!(いい意味で)」なんて皮や冗談以外で生まれてこの方聞いたことねぇし
ゲーム初心者に勘違いされないように、「強化」「弱体化(これなんで弱化って言わねぇんだろうな?)」でわかりやすく分けてきた歴史が元なんじゃねーかな、と
Status Effectの直訳で「状態効果」って用使ってるゲームも見たことあるけど、多くないと思う

「感動」っていう言葉も元々はネガティブ含めた感情の動きをしてたけど
最近じゃ全員ポジティブニュアンスでしか使ってないのと一緒よ

>>22
英語ニュアンスは「衝突した際にダメージを緩和させる”本体とは認められない部分的・一時的”なもの」みたいな感じよ
直訳の緩衝材だと「柔らかいフニャフニャ・フワフワしたもの」をイメージ
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
25 ななしのよっしん
2018/09/15(土) 00:09:32 ID: jSFzR8IdsB
アバチュやってた頃辺りになんとなく知ったような、というか
バフ効果の打ち消しにデカジャの事をデバフって言うのかと思ってた
ところで状態異常にするのはなんて言うのか
バッドステータスバステって略してはいるけど略してるだけだし
26 ななしのよっしん
2018/12/12(水) 22:01:59 ID: PNBldlo0Vb
>>21
ゲーム本体か説明書にバフって書かれてるわけじゃなくて、紹介ページだとバフが普及してから作られた可性が排除できないからあまり意味ないんじゃないか?
27 ななしのよっしん
2019/02/09(土) 11:24:30 ID: 5IFFxA8Kzw
>>25
状態異常CCだね
クラウドコントロールの略(状態異常を入れて状況を操作する)
実際には麻痺眠りとかで効果が全然違うからあんまり使われないけど
28 ななしのよっしん
2019/02/18(月) 19:55:10 ID: 4IPEmi6WLd
バフをかけてバフを。すき
29 ななしのよっしん
2019/08/28(水) 08:44:06 ID: FoIMlcJ4KM
不治の病とかいう主人公補正をも駕する最強バフ効果

急上昇ワード

2019/09/17(火)13時更新