ジェンダーバイアス単語

ジェンダーバイアス

これからの「カワイイ」の話をしようexit_nicoseiga

ジェンダーバイアス英:gender bias)とは、「性的偏り」「性的偏見」などと訳される、社会的な慣例による男女観に拘束された意識や行動様式、あるいは男女差によって生じてしまう何らかの偏り、である。

概要

職場や学校などでの男女での待遇の差(制度的偏見)であるとか、あるいはいわゆる「男らしさ」「女らしさ」といった社会通念上の共通認識(慣行的偏見)なども含まれる。

現代では、フェミニズムポリティカル・コレクトネスポリコレ運動の中で、問題視されるかたちで使用される用である。不合理な差別や偏りや偏見を見つけ、善しようという点では「意識の高い」考え方であると言えなくもない。ただし、過度に是正ジェンダーフリーの押し付け)を敢行しようとすると 、伝統文化や表現の自由等と衝突することがある。

例えば、『桃太郎』の作中にける「おじいさんは山へ刈りに、おばあさんは洗濯に行きました。」という描写。

これは「男性が収入を得るための労働を行い、女性事を行う」という社会的・固定的性別役割分担が物語の当時の日本で一般的なものであったことを考えると不自然な描写ではない。しかし同時に、当時から今に続く日本ジェンダーバイアスが描かれた描写であると表現できなくもない。

そう考えれば、「少しでもジェンダーバイアス要素があるものを全て取り除こうとする」ような行いにもまた問題がありそうではある。仮に「ジェンダーバイアス」を理由に『桃太郎』を焚書にしようとするような社会になれば、それはそれで不健全であろう。

ジェンダーバイアス是正の法的根拠

日本けるジェンダーバイアス是正の法的根拠としては、男女共同参画社会基本法[1]が挙げられる。特に、同法第4条(社会における制度又は慣行についての配慮)[2]は、その核心部分である。

社会における制度又は慣行についての配慮)

四条 男女共同参画社会の形成に当たっては、社会における制度又は慣行が、性別による固定的な役割分担等を反映して、男女社会における活動の選択に対して中立でない影を及ぼすことにより、男女共同参画社会の形成を阻する要因となるおそれがあることにかんがみ、社会における制度又は慣行が男女社会における活動の選択に対して及ぼす影をできる限り中立なものとするように配慮されなければならない。

男女共同参画社会基本法より引用

インターネット上でのジェンダーバイアス

Wikipedia

Wikipedia日本語版には「ウィキペディアにおけるジェンダーバイアスexit」の記事がある。その記事によれば、2011年の調において、Wikipedia編集者91%男性であったそうだ。

このため、Wikipediaの記事は男性側の立場に偏った視点から記載されている恐れがある。

ニコニコ大百科

投稿や編集される記事の傾向から判断して、ニコニコ大百科編集者にも男性が多いようだ。

そのため、ニコニコ大百科の記事もまた、男性側の立場に偏った視点から記載されている恐れがある。

関連動画

関連商品

関連リンク

関連項目

脚注

  1. *男女共同参画社会基本法exit: 内閣府男女共同参画局
  2. *男女共同参画社会基本法第4条(社会における制度又は慣行についての配慮)exit: YouTube

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%A2%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ジェンダーバイアス

19 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 02:24:46 ID: Lhw2dvzli2
>>15
差別を理由に逆差別してはいけないというのはその通りだとしても、根拠の部分がアウト
男らしいも女らしいもいくらでも変化してきたし、仮にらしくないがいたところで、その人の人生を狭める理由が見つからない。
生殖が理由というのはもっともらしいが、他の動物で例えようとした途端にいくらでも例外は見つけられる(オスのが手に着飾るの類、オスメスが環境によってコロコロ変わる種類)。
ニコ百でも散々同性愛やらの記事で「何が自然か例えようとした途端、現在経済や法秩序と矛盾する」てこと繰り返してる。全く同じことを科学者もつい最近まで遺伝子学の分野でやってたので(Y遺伝子だけがあらゆる男性性の根といったに)、別に奇妙ってことでもないが。

なので、結局は人間にとっての自然があるとしても、それは各々が気づける範囲で見つけて、実行可な範囲で少しずつやるという常識的意見に大抵落ち着く。
20
2019/04/12(金) 02:35:45 ID: +A1Pr/K+f8
ハリウッドを中心にジェンダーバイアスを取り除く運動が蔓延して、それを日本に持ち込もうって画策してる連中がいるのだよ。
アメリカでもジェンダーバイアス運動自体が変容してしまったのだと懸念持ってる監督とか沢山いる。
21 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 03:32:27 ID: YV38cuvCnz
>>19
お前もちゃんと読め。
人生を狭めるなんて話はしてない、人間ジェンダーバイアスの話をしてるのに他の動物例え話すんな駄、あと法とか経済自然矛盾はする。
法も経済も所詮自然の中にいる人間の営みの結果だからな、人間界にしか適用されねーだろ。

ほんとに読めないしかいないからもう一回書くけど「繁殖の効率化のために人間が作ったのがジェンダーバイアスで、男らしく女らしくって思うのは正常だから、いちいちそれ自体にストップをかけるな」ってしか言ってないからな?

ジェンダーバイアスで人が傷つくのは単に使い方を知らないで適当に使うがいるだけだ、包丁だって適当に使ったら怪させるだろ。
だからって包丁排除しないだろ、せいぜい使い方をちゃんと教えるぐらいだ。
だからジェンダーバイアスで傷つく人を減らしたかったら、排除するんじゃなくて、お前らジェンダーバイアスの機とか使い方を教えてやれ。
こういうのは使い方を間違えなきゃ有効なんだよ、ジェンダーバイアス強めのイスラムとか九州
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
22 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 04:05:24 ID: YV38cuvCnz
ここまで言ってもまだジェンダーバイアス排除したいってが仮にいるなら止めはしないわ。
あとへの反論は別にいいけど、もう面倒だから答えないぞ、くれぐれもちゃんと読めよ。
23 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 04:33:38 ID: PZz8nGubWi
>>21
威勢がいい割にいちいち的外れなのはアルコールでも入ってるのかいつもそうなのか。

ツッコミ所満載だがとりあえず、自分から生物一般の妙なたとえ話をしておいて、
それを>>19で否定されたら相手の話と捏造して否定する滅さに気付いてほしい。

繁殖にこじつけるのは的外れとしても、結局男らしさと女らしさに一定の必然性があるという
当たり前のことを根拠にバイアスを全面的に正当化しようとしてることに変わりないよ。
そして、そんな暴論と他者の人生を狭める話が関係あることもね。

>>20
そういう誰得ジェンダーバランスの画策に巻き込まれないためにも、
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
24 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 08:38:11 ID: S5fwExQNBc
ジェンダー学の話で出てくるのは、性差があるとしても一人ひとりの個人差のほうがずっと大きい、という話。
したがって生物学的な性差を個人を制限する理由に使ってはならないし、合理的な理由もいということ。

例えばどの文化圏でも、思期以降は均的に男性の方が女性よりが強いが、男性より強い女性がたくさんいるように、個人差のほうがずっとずっと大きい。

したがって、男性の方が仕事をするべきである、という規範(性差別あるいはジェンダーバイアス)を大半のはもう持たない。
差別的であるだけでなく、不合理だからだ。個人一人ひとりのを基準としたほうが、明らかに合理的だ。

>>16
法律を扱う弁護士サイトが偏ってるというのはちょっとな。論文でもいいが、大半の用法は「男女格差」であるように思う
2番めの分は命文で、1番めの情描写の文と性質が異なる。なので、記事の桃太郎の例は不適切。
意味のわからない対立を生むことになる。
25 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 09:37:16 ID: Lhw2dvzli2
男女平等でも意見があるようなので、毎度で済まないが、「gender equality」でWikipedia見ると、社会制度についてが中心的なようだ。
日本でも男女雇用機会均等や男女平等参画といった言葉は、行政で使われるが、最近「多様な性」「ジェンダーバイアス」というのが付くようになっているようだ。
一例として政府のやつ。
https://www.cas.go.jp/jp/gaiyou/jimu/jinjikyoku/990518_j.htmexit
教育で使われてる
https://ci.nii.ac.jp/naid/110001163805exit

桃太郎がなぜ題材になるかついては「モモタロー・ノーリターン&サルカニバイオレンス」という本が表現について論争が起こった元ネタだろう。
あと話が逸れるかもしれないが、「桃太郎」って元々は若返ってセックスする話を児童向けに変えた経緯があるので、表現について考える題材としては良いと思う。
26 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 12:52:17 ID: PZz8nGubWi
>>24
法律の話だと偏ってないというのは表現の問題に対する法律の射程を考えれば理がある。
まあ扱いの話ならそれでいいんだけど、ただしその根底にある偏見やその表現とは不可分だし、
偏見については繰り返すが君が認めてる通り。
27 ななしのよっしん
2019/04/12(金) 13:01:55 ID: PZz8nGubWi
>>25
レスと被るけど、社会制度に見られるような社会格差(扱い)の話は一面に過ぎないから、
扱いの話をするとき偏見(やその表現)の話をしてるとも言えるわけで、
両者を分けても仕方ないし、だからあくまで日本語上のニュアンスの話をしてる。
同じ中身でも性差別ジェンダーバイアスとでどう法が変わるかという話。

ところが、法的な観点だけで社会問題を見れば法整備されてない、そもそも法律の範疇ではない、
といった原因で限定的にしか扱えない。特にいま話してる表現の話はそうだよね。
28 ななしのよっしん
2019/04/15(月) 13:37:56 ID: dhcrA8W7Eb
ナチ擬きのクソフェミやポリコレカルト共か連呼してる印的しかねえなこの言葉は