男女平等単語

ダンジョビョウドウ
  • 4
  • 0pt
掲示板へ

男女平等(だんじょびょうどう)とは、男性女性等であること。

概要

一口に男女平等と言ってもいろいろな考え方が存在する。

  1. 法律上の扱いが等(妊娠出産など生理的な機の違いに基づくものは除く)
  2. 権利と義務、が
  3. 得られる職種が
  4. 労働賃と労働における負担責務が
  5. 社会的地位が
  6. etc

なお、日本国憲法の14条では以下のように記されている。

すべて民は、法の下(もと)に等であつて、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない。

平等主義の1つとして

 義は、長らく人間欲望として潜在的に存在したと言える。古代ギリシャ社会から、キリスト教仏教、そして近代化以降へと。但しそれはいずれも、成年男子信者の間、もしくは国家の一員として組みの中にいる者のみの義であったとも言える。そして現在資本主義に合う限りにおいて、具体的には労働の場面、という足かせは残っている。社会制度と密接に関連しているので、あらゆるものが義と衝突するし、乗り越えるべきものともされる。

男女平等とは

 有史以前から、人間に二つの性を持っていた。男性女性である。絶対的ではないが、生物学にはX染色体とY染色体を持つ者が男性、X染色体だけ持つ者が女性と呼ばれる。他に性器の形やの有などで判断される。但し、生物学的な性(SEX)だけでなく、人間社会生物であり、制度的な側面を持つので、社会的な性(ジェンダー)と呼ばれる性もある。また性的志向(好きになる相手)と性的自認(自分が思う性)もあり、正確には男女二分法は機しない面もある。
 とはいえ、今も男女二分法は機している。それは歴史的にその当時の強い男性ないしは女性に都合いい社会が構成され続けてきたからである。これと義は衝突する。武が物を言う世界では一般的に筋のある男性が正しいとされる。その社会に準じて文学芸術男性が行う事が多かった。日本では漢文男性のもの、ひらがな女性のものとされることもあった。しかし文学面では、女性の活躍も皆無ではない故に社会変革に先行して女性の書く文章が存在することもある。
 政治的には、国家成立後が問題になる事が多い。啓思想の表れであるフランス人権宣言も、男性市民で書かれているなど、男子普通選挙権が当初の国家スタンダードであった。これに女性が反抗する事は、当のフランスアメリカイギリス日本でも起きている。ここからが男女平等の始まりとされることが多い。その始まりは参政権であったが、人権概念が経済自由から社会権、アイデンティティへと移行するのと軌を一にして、男女平等も変遷している。またや地域、社会構造によって、全ての問題はパラレルに存在しているとも言える。女性男性女性を搾取する(奴隷制度)こともあるし、キャリア的に成功した女性貧困にあえぐ者の犠牲の上に立っている事もしばしばある。また女性がキャリア的に成功するためには、育児や出産をする事は許されず、一般的な男性に沿った労働環境、つまり長時間労働と低い賃を甘受してキャリア形成をするしかないこともある。
 男女平等はかつては強い男性像というのが確固としてあった故に、その男性像を支える人命を尊重しない社会を変えるという的が較的分かりやすく受け入れられた。しかし社会自体が複雑化、多様化してきた現在、変えるべきものが多変数化してしまい、的達成が困難になっているとも言える。そもそも生物学的に男性ないしは女性であるからといって、ジェンダーや性的志向は固定化されないし、大衆消費社会である以上は、欲望も多様である。画一的な問題設定は受け入れられない。
 あらゆる属性について言えることだが、もう女性というだけで政治的権利はない、経済自由もないと言えるほど社会は後退出来ないところまで来ているので、他の差別と同様にり強く対話を積み重ねて、合理と不合理を検討していくしかないだろう。

日本における現状

 昨今の日本では、前述のような男女平等な社会す「男女共同参画社会基本法」などの法律が制定されていて、教育現場や企業活動などにおいて是正が進んでいるとされる。かつては姦通罪というのが女性差別的なものとしてあった。強姦罪男性被害者にとって救いがなかったが、現在強制性交等罪となり、男女問わず加者を罰する。

 政においては、平成23年度の全体の歳出のうち10兆円前後が男女共同参画社会の関連事業exitに割り当てられている。毎年変動があるが、平成29年度も8兆円計上されている。但しこれは「男女共同参画社会」の部門に10兆円渡しているわけではなく、あくまで庫の歳出の中で男女共同参画社会」に関係がありそうな部門に出している予算である。その内容としては、女性に対する相談室やカウセラーの設置、雇用機会是正のための助成金といったものから、民・厚生年金などの高齢者対策、物乱用防止事業、はたまた多くの大学生がお世話になっているであろう日本学生支援機構の奨学といった、一見「男女平等」のソレとは関連が薄そうなものも含まれている。また、政治分野や法分野への女性参画拡大など、男女平等が進んでいない分野については予算がゼロなど、実質的には対応できていない点もある。総額では社会保障費(年金、医療等)で膨らんでいるようで、社会革という意味では遅れているとも言える。但し、役所の資料はえてして予算と中身が必ずしも一致しないので、実際の事業まで見ないとわからない。
 政治分野におけるジェンダーギャップ数は144位中104位である(2016年)。

教育現場

 教育現場における是正として代表的なものは、中学高校の技術・家庭科男女両方における必修化がある。戦後すぐは男女とも家庭科ないし技術のどちらか一方を選択し履修するシステムであった。しかしその後家庭科の履修者が著しく減ったことから、女子学生のみ家庭科が必修化されることになった。現在では女子差別条約の批准などに伴い、技術・家庭科とも男女両方の必修科になっている。尚、小学校では戦後から今までずっと家庭科が全児童必修科になっている。
 制服は最も分かりやすい男女規範の表れである。以前は制服運動もあったが、現在制服ファッションとして浸透した結果、逆に制服を着る事で個性化しようとする人たちもいる。但しファッションは必ずしも世界共通ではないので、例えばスカート日本では女性特有とされるが、スコットランドでは”スカート”(キルト)は、男性民族衣装である。また性自認が女性生物学的に男性である人や逆のパターンの人、総称して性別違和のある人達は、見たの性別だけで装を決めつけられるのを嫌う事がある。ランドセルについては、今では自由化されつつあるが、一昔前は男子女子と決められていた。まだまだ教育世界は旧態依然とした性規範がまかり通ることもあり、子供こころの成長と合わない結果、自殺してしまったり、不登校児童を生むこともある。
 部活動や体育の授業でも根強い男女の区別はある。一般的に男女差があるのはやむを得ないのは前提としても、男女チーム以上に、男女で違う競技を教えること(男性なら柔道剣道女性ならダンス)が常態化しており、個人の関心に応じた教育が受けられないこともある。
 性教育がないがしろにされることで、男女の間で身体に関する科学的な知識が共有されないこともある。アダルトビデオやエロ漫画、一部のウェブページが性知識exitだという男性もいる。女性もそんな男性からセックスめられた結果、重大な怪を負うこともある。
 教育分野におけるジェンダーギャップ数は、144位中76位である(2016年)。

企業活動など

 企業活動においては男女雇用機会均等法に基づき、「男性のみ」「女性のみ」の雇用が禁じられているほか、職務の割り当てや昇進などにおいて差別をしてはならない。ただし女性の場合、体を保護する立場から肉体労働放射線被ばくについては制限がかけられている。これは女性の雇用機会を奪うと同時に、男性に危険な仕事を押し付けたままであるともいえ、今後においても視できない課題である。
 加えて、採用の際に一定の女性専用雇用を確保し、職場における女性の割合を増やそうという「ポジティブアクション」と呼ばれる動きもある。これは「女性が働いている」という前例を作ることにより女性の就職・昇進のハードルを下げたり、労働意欲を刺して人材の質を向上させることを的としている。しかしそれによって男性の雇用機会が理不尽に削られてしまったり、女性に対する雇用や昇進のハードルが極端に下がってしまい、人材の質が下がる恐れが摘されている。女性の管理職が少ない事は摘される。その場合、女性が少なくロールモデルがいない、上になると庭との両立がしづらくなる等の女性側から上がる。
 近年では、女性自衛官(普通科、特科などを含む)や女性消防士、男性看護師保育士なども立つようになった。現状ではいずれも精々全体の5%くらいに満たないが、割合は漸増傾向である。
 経済分野におけるジェンダーギャップ数は、144位中118位である(2016年)。

海外からの評価

 日本先進国の中で、特に男女差別の強いであるという認識が存在する。2012年10月表された世界経済フォーラム男女平等度ランキングexitによれば、日本135101位と言われている。2016年現在144位中111位である。

 このランキングは「健康」「教育」「雇用」「政治参加」の四つの観点から、調における男女の有り方を評価している(女性専用レディースデーなどの待遇の差は考慮していない)。日本は「健康」と「教育」における数値は優秀であるものの、「雇用」と「政治参加」の評価がかなり低く、結果としてランキング中かなりの下位に属している。

男性から考えた男女平等の問題

 ”等は利益や権利の等であり、義務や負担の等でもある”ことが社会的な合意事項となっておらず、世間一般でられる男女平等が女性から見た利益、権利等の等に限られ、事実上の女性優遇となっていることが問題視されている。”現実理念に追いついていない”のではなく理念自体が(おそらくは意図的に)められているため、過渡期の現と楽観視できない懸念を含んでいる。男性童貞であることが、恥とされる。時に妻帯者でないことが管理職補と見なされない事もある。逆に夫や庭を重視して仕事を休む人は企業や勤め人から軽視される傾向もある。

 一方で女性の職場進出と男性は「男性は働いて計を支えるもの」「女房子供を養えない男は甲斐し」など旧来の役割分担上の責務や社会的要から未だ解放されていない現状もある。

女性から考えた男女平等の問題

 現状においても特定職業の中には、男性が優先的に雇用されたり、女性が雇用されても昇格出来ない場合がある。これは女性妊娠期間中何かか働けない時期があること、寿退社など企業側の負担があること、セクシャルハラスメント等の社内での犯罪の危険回避から雇用しづらい場合と、圧倒的に男性が多い前例から女性が身体的に男性に遅れを取るのではないかと思われる場合である。この際には、疑似科学的な個人差を視した判断が下される場合も多い。また、女性が今まで与えられなかった権利をし、それが認められる過程で過度な権利が与えられ等ではなくなってしまう事も多い。女性処女である事が視され、非処女かれる事がある。

 男女の身体的差は現実に存在するにもかかわらずそれを本人が認めないが故に問題になる場合も多い。 

関連動画

男女平等ならこの時点ではどちらが悪いとは言えないですがコメントは…

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 4
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%94%B7%E5%A5%B3%E5%B9%B3%E7%AD%89

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

男女平等

1672 ななしのよっしん
2019/11/07(木) 22:19:24 ID: enaH8nRKwi
こちらが何か解決策、善案を示すと「でも、男が必ずこうやって壊すに決まってる!」って言い出すからなぁ
結局、男をける現状に満足しちゃってて、少しでも差別くそうとする意識が希薄すぎる

フェミニズムというのは全世界を巻き込んだ井戸会議だよ
1673 ななしのよっしん
2019/11/09(土) 02:18:45 ID: Af2+HPkgQv
>>1670
明らか男性側の負担が大きく偏っている

そ、問題なのはこれ。
さらに問題なのは「じゃあなんで男性側ばっか負担デカくなってるの?」って話に踏み込む人がいないってこと。
東京医大が試験で女性差別してたって事件があったけど、あれも表面的なことに触れるだけで終わったのが残念だ。
あれの本質的な問題は「女性医師増やせば増やすほど男性医師の負担が増える」ってところにあったのに、差別意識からああしたみたいな話で終わっちまった。

今の日本(ひょっとしたら外もそうかもしれんが)がやってることは男女平等の名の下に女性を優遇しているようで、長いで見ると女性の立場をより悪くしてる。
そして結局のところ、男女ともに生きづらい社会になってる。
1674 ななしのよっしん
2019/11/09(土) 02:39:15 ID: jQmvHxMo1X
なるべく多くのみんながみんな
等に生き辛く不幸はあっても幸せ
幸せになる=かを不幸にする罪悪感を気にすることのない
ユートピアを作り維持しよう

と自ららが望んでやってるんだぞ
1675 ななしのよっしん
2019/11/09(土) 02:45:18 ID: iCWaRIPG3k
>>1673
男性医師も職場環境善しなければならないのは事実だが、女性を入れると男性医師のみ負担が増えるという理由から女性採用やめていたなんて話どこから出て来たの?

男性優遇なのは経営者がこき使いやすい方を選んで入れてるだけと考える方が自然でしょ。研修医の報酬について長年放置してるような業界だぞ?医大の場合、コネや寄付の多い方を選んでもいるしね。
アメリカは寄付作っているので一概に否定できないにしても、経営者が労働者のために最初から選ぶなんて理屈は性善説に立たない限り考えづらい。

仮定の話するなら女性入れるほうがむしろ計画的に残業作れるとも言える。均質な社会ほど前例踏襲義に偏りがちだからね。
独身に負担が行きやすいというならそれは言えるが、それこそ負担を共有出来るように異議申し立て出来る職場作りをするほうがいい。

あと大原則としては日本の課題としては人手不足でしょ。女性だから排除してるような業界は余程余裕ない限り考えづらい。あれだけ男性社会日本人中心だった建設業界で
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1676 ななしのよっしん
2019/11/17(日) 08:51:00 ID: uEPHC8FCWe
>>1673
答えは簡単、「男側に回る女」はほぼいないのに「女側に回る男」は腐るほどいるから
女ってのは男が思う以上に強固で、同性で群れて「女は大変」「男は楽」と言いたがる、男の苦労なんて認めない
じゃあ男はどうか?男は男の頑りを認めない、これは社会に出れば嫌でも味わう、正当に評価されればリーマンなんても苦労しない
なのにここ最近じゃそれだけに飽き足らず、女側に付くマジで増えた

如何に日本の労働環境が過酷か知っている癖に、ちょっと主婦の話になると「主婦なんて一日も休みないのに男は休み過ぎ!」と「男のジャーナリスト」が言う
専業「夫」も「昔リーマンやってたけど今の方がよっぽど大変」「世間の女性は凄い!なのに男共ときたら!」と女のケツ持って男の頑りなんて認めない

特にツイッターが顕著だけど、テレビでもyoutubeでも創作物でもこういう女側に付く男って腐るほどいるだろ?
だとしたらが男の頑りを認めるんだろうな、奴隷のように働いて当たり前、育児して当たり前
(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
1677 ななしのよっしん
2019/11/18(月) 20:38:19 ID: P4zJvCWNz+
はっきり言って少子化最大の原因って
女性社会進出とめられることのない上昇婚志向のミスマッチだろうけど
問題提起するにもポリコレフルボッコ案件だからもう日本詰んでる
1678 ななしのよっしん
2019/11/19(火) 01:03:21 ID: sIl96oCfoo
>>1675

えっと、使いやすいのが男性で、使えねないのが女なんだったら、使えない女はすっこんでろよって話になります
1679 ななしのよっしん
2019/11/26(火) 22:50:45 ID: c7nh9db754
昔はツンデレキャラを女尊男卑とか言ってたのが、まんがタイムきららを普段擁護しまくるのに若い男が出るといて、小説化になろうを普段くのに女主人公だと内容酷くてもかわいいから許される流れ嫌い
こういう層が男女平等しても説得なくなるから
1680 ななしのよっしん
2019/11/28(木) 11:46:32 ID: YIN7p8UIQ8
あくまでもネタだが

女性社会進出した理由はWW1からずっと同じこと
労働不足のせいだ
女性男女平等などといった聴こえの良い言葉で理やり労働に組み込もうとしている
それを唱えているのは個人ではない、資本主義
永続的に経済競争、発展しないといけないから女性や、老人、障者といった本来必要としなかったものを要している
やっぱり資本主義ってクソだわ
1681 ななしのよっしん
2019/12/01(日) 20:59:55 ID: jWgAKy3NwA
男性と同じように生涯大柱をやる気概もなく、日々残業をこなすわけでもなく、自分から非正規や主婦希望しておきながら、男女の賃格差に文句を言う女性の存在ほんと

急上昇ワード

2019/12/12(木)22時更新