ヴァン・ホーエンハイム単語

ヴァンホーエンハイム

ヴァン・ホーエンハイムとは、鋼の錬金術師に登場する人物である。
(2003年版には似た立場の存在としてホーエンハイム・エルリックが登場するが、設定が大きく異なる。)

CV石塚運昇&浪川大輔

概要

エルリック兄弟の実である錬金術師。

金髪に特徴的なあごひげを持ちメガネをかけている大柄な男である。その容姿はホムンクルス達を統率する「お様」と非常に似ている(ただし「お様」の方が老けている)。

正体は「ヴァン・ホーエンハイムという人間の形をした賢者の石」という存在である。ホーエンハイムという人間体を核としているが、魂は膨大な量の魂を錬成して作られた賢者の石融合している。そのため致命傷を受けても時に再生し、年も取らない。ただ、体は人間であることに間違いないので子供に賢者の石の影が出ることはない。

加えて「お様」とは違って長い年の中で己の中にある数の魂と交流を続けた結果、自身の中にある全ての魂は人としての自を取り戻しており、そのため例えこエネルギーがホーエンハイム本体から分離していても彼らは自らの意志でそのエネルギー放出し、石の錬成効果を発揮できるようになっている。

を集めることを趣味としていて、には多数のコレクションが収められており、アルフォンスの体となっていたもそのコレクションのうちの一つである。

基本的に厳つい顔に似合わずどこか飄々とした気さくな人間マイペース(そのせいか作中で分かっているだけで2回(本編開始前と本編中)行き倒れになっている)。だが、一方で常人をかにえた長い人生を歩んできたがゆえどこか達観的で、後に妻となるトリシャと出会うまでは己の人生に関して半ば諦観にも似た考えを抱いていた。
 後述の経緯からエドワードからは家族を捨てたろくでなしと思われていたが、実際には家族への情は人並み以上に強く、妻が亡くなったと聞かされた際には涙し、息子たちのためなら命も体もれる至ってっ当な父親である。

本編開始前

出自は本編開始前、本編中では遺跡となっているクセルセスが栄えていた時代まで遡る。当初は名前も持たず、「奴隷23号」と呼ばれてある錬金術師の下で働いていた。その錬金術士が創り出したホムンクルス(後の「お様」)作成の際に自身の血を素材として提供しており、そのことで彼に気に入られ、「ヴァン・ホーエンハイム」という名前と様々な知識を与えられて奴隷からの脱却を果たす。しかし、野心を露わにしたホムンクルス土錬成によりクセルセス民を賢者の石に錬成されてしまい、王や仲間などを失ってしまった。この際、血を分けた家族として錬成された賢者の石の半分を与えられ現在の存在となった。

その後は砂漠で行き倒れになっていたところをシンの行商隊に拾われ、シンで錬成術を伝えた(その後、この錬成術は錬丹術へと発展し、後に一連の行動はシンで「人」「西の賢者」として伝説となっている)。

伝えた後は世界各地を放浪し、やがてアメストリスリゼンブールで後にエルリック兄弟母親となるトリシャと出会う。間もなく二人は結婚(ただしホーエンハイムには戸籍がないため事実婚である)し、エドワードら二人の子供にも恵まれる。しかし次第に自分が人外であることを再認識するようになり、トリシャとともに人として死ぬことを切願、お互い死ぬ時は一緒という約束を交わす。
以降は自分の体を元に戻すための研究に没頭していたが、その過程でかつて自分をこんな体にした「お様」がこのにいること、そして彼が再び行おうとしているクセルセスを滅亡に追いやったあの計画の存在に気付き、それを阻止するために家族を置いてに出る(に出ている間にトリシャは亡くなってしまい、エドワードにはホーエンハイムの出奔が遠因だと思われ嫌われる原因の一つとなった。一方のアルフォンスはまだ幼く父親の記憶がないため会ってみたいと思っている)。

本編

その後はアメストリス中をしながら「お様」の仕掛けている土錬成を調べると同時に対話を終わらせていた体内の53万6329人分の魂とともにカウンターを作成していた(旅の途中に久しぶりにへと帰ったらがなくなっており、さらにピナコからトリシャが亡くなっていることを知らされた)。

約束の日」の前にエドワードアルフォンスに再会、これまでの自分の経緯と「お様」の正体を明かし、エドワード仲間たちとともに「約束の日」に臨む。

約束の日」には当初単身で「お様」に挑むが捕らわれてしまい、5人の人柱の1人として土錬成の発動に利用されてしまう。しかし、前もって仕掛けたカウンターの発動で「お様」を追い込み、「逆転の錬成」が発動するまでの間息子たちを「お様」の攻撃から守っていた。その後不意打ちで仕掛けてきた「」のを手に入れたことによる強な一撃からも守っていた。

「お様」を倒すことには成功したが魂の残量が1になり、エドワードアルフォンスを取り戻すための通行料として自分の命を差し出そうとしたが断られた(ここで初めてエドワードに「(クソ親父」と呼ばれた)。エドワードが自分のアルフォンスの体を取り戻したのを見届けると二人の前から姿を消し、リゼンブールのトリシャの墓へ赴くと彼女の墓の前で安らかに息を引き取った。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%A0

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ヴァン・ホーエンハイム

3 ななしのよっしん
2017/01/25(水) 22:32:22 ID: 7uQ06lPh1C
ホーエンハイム・エルリックヴァン・ホーエンハイムが見たら、女に対するだらしなさとかに「このそっくりさんマジいわー」ってなりそう。
4 ななしのよっしん
2017/01/27(金) 06:10:54 ID: X9PpArj0Xd
一挙放送のおかげで一つが解けた

終戦後に、アームストロングに礼を言われたら
ホーエンハイムが泣いてしまった気持ち。

リアルタイムで見ていた当時はまだ子供だった、
大人になった今だからこそ理解できたのかな
5 ななしのよっしん
2017/02/01(水) 20:10:48 ID: YU++mhNScq
原作FAでかなり雰囲気違うよね
原作だと天然コミカルな部分あるけど
FAだとほぼ底してシリアスな感じだった

でもゴリウスさん呼びはどちらも外せなかったw
6 ななしのよっしん
2017/02/09(木) 13:17:58 ID: neSJB5ckgp
久し振りにアニメ全話観たけどこんな涙腺キラーだったっけな・・・
63話の最期とかガチ泣きしそうで危なかったわ
7 ななしのよっしん
2017/11/28(火) 13:25:03 ID: 77MMThJaFs
「ピナコ、がない」

「……ホームレス……!」

これが忘れられん
8 ななしのよっしん
2018/03/30(金) 17:34:45 ID: Fi3HeA2o2b
読んだときの年齢に応じて印変わるキャラかもしれないねホーエンハイム。
子供のころ読めば「普段はとぼけてるけどいざというとき頼りになる強キャラ」というイメージかもしれないけど
大人になってから読むと「努と根気の人」というイメージを強く感じる

奴隷の身から読み書き錬金術を覚えたときも、知識を直接内にとかの楽な方法ではなく、
ホムンクルスが口で教えたことを地面に書いて地に懸命に覚えたんだろうなと思ってしまう
9 ななしのよっしん
2018/08/18(土) 21:33:06 ID: 1TYQCd6SUz
中の人石塚さんが亡くなってしまった
お悔やみ申し上げます
10 ななしのよっしん
2018/08/21(火) 02:21:47 ID: YU++mhNScq
いやほんと…今となっては原作FA版ホーエンハイムの
最期の台詞がここまでグッと来るとはなぁ…
石塚さん本当にお疲れ様です…
11 ななしのよっしん
2018/08/31(金) 19:38:44 ID: NBZtmI96Qy
スレチかも知れないけど、FA版ホーエンハイムの運昇さんが無双で演じてた北条氏康の後任を03年版ホーエンハイムの江原正士さんが担当するらしいな。
12 ななしのよっしん
2018/09/05(水) 18:43:10 ID: r7bwdQRhUr
ホーエンハイムもお様も(中の人立ってしまったか…
このコンビ、出会った当初はのび太ドラえもんみたいで好きだったな

急上昇ワード