服部受弘単語

ハットリツグヒロ
  • 0
  • 0pt
掲示板へ

服部受弘(1920年2月23日1991年12月6日)とは、中日ドラゴンズ永久欠番選手である。

明期のプロ野球において、捕手投手三塁手といったポジションで活躍した。

概要

中日ドラゴンズ 永久欠番#10
服部受弘
基本情報
出身地 愛知県
生年 1920年2月23日
身長
体重
170cm
63kg
選手情報
投球・打撃 右投右打
守備位置 捕手投手三塁手
プロ入り 1939年
引退 1958年
経歴
選手歴 監督コーチ
プロ野球選手テンプレート

岡崎中学校時代は1~4年で捕手で、5年時に投手となる。のちに入団することになる名古屋軍からは岡崎中学以前からを付けられており、授業料の援助も受けていた。

1939年名古屋軍に入団すると、強肩強打の捕手として活躍し、41年にはバットボールも劣悪な素材で、ほとんどの選手がボールを飛ばすことが出来ない中で8本塁打を放って本塁打王いている。(球団全体では13本塁打のため、服部一人で半分以上を記録したことになる)
ちなみに2位怪力で鳴らした岩本義行の7本塁打で、その後に川上哲治吉原正喜白石敏男が4本塁打で続く。

しかし時は第二次世界大戦っただ中、服部は翌年から応召されている。
兵役では桜田門から半蔵門にかけての警備を担当した。


戦争が終わった後は一時期阪急にも所属していたが、46年に中日に復帰。
かつては捕手としての出場がほとんどだったが、戦後で選手不足という事情もあって投手も兼任することになる。

捕手を務めていたこともあってスピードは速く、さらに縦のカーブの他に横のカーブを独自に練習して習得し、この年いきなり14勝を挙げている。(この横のカーブ現在でいうスライダーの様なもの)

4950年はそれぞれ24勝、21勝で2年連続で20勝以上を達成し、52年の8月2日巨人戦では、2-5の3点ビハインドの6回表、満塁の場面で代打に起用され、別所毅から逆転満塁ホームランを放ち、そのままマウンドに上がって勝ち投手になるという偉業を達成。

53年は初めて未勝利に終わったが、翌54年は6勝を挙げてチームの優勝及び日本一に貢献した。

56、57年は兼任コーチを務め、58年には兼任助監督に就任するが、チーム内の閥闘争に嫌気がさしてこの年限りで現役を引退した。

603月20日には引退試合が行われ、代打で右飛。また背番号10は中日ドラゴンズ永久欠番となった
しかし杉下茂によれば、彼と西沢道夫永久欠番は二人を引退させるための「妥協点」だったようだ。

77年には一年限りで中日二軍監督を務めている。背番号はもちろん「10」。

9112月6日心不全のため71歳で亡くなった。

エピソード

入団時、名古屋軍には三浦敏一というレギュラー捕手がおり、守備面では三浦に劣っていたが、打撃を買われて三浦を一塁に押しのけてレギュラーの獲得に成功。また、三浦がよくノートを付けている点を見て、服部もそれを真似ている。

守備位置別出場試合は投手259捕手173三塁手73一塁手27、外野手22二塁手1、ほかに代打などで300試合に出場しており、どのポジションでも好守備を見せたが、一守っていない遊撃を含め、二塁、中堅といった所謂センターラインは足が遅いため苦手だったという。

通算成績

投手成績

通算:10年 登板 完封 勝利 敗戦 セーブ ホール 勝率 投球回 四球 奪三振 失点 自責点 防御率 WHIP
NPB 259 102 15 112 65 -- -- .633 1576.1 409 540 615 492 2.81 1.20

野手成績

通算:15年 試合 打席 打数 得点 安打 本塁打 打点 盗塁 犠打 犠飛 四球 死球 三振 併殺打 打率 出塁率
NPB 855 2065 1867 207 447 33 208 61 23 2 167 6 198 22 .239 .304

関連動画

服部受弘に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 0
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E6%9C%8D%E9%83%A8%E5%8F%97%E5%BC%98

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

服部受弘

1 ななしのよっしん
2016/12/16(金) 01:35:04 ID: m1+PRJgpN/
明期ならではの名選手
永久欠番なのに恐ろしく地味な気がする

急上昇ワード

2019/10/18(金)05時更新