三振単語

サンシン
  • 1
  • 0pt
掲示板へ

三振とは、野球ソフトボールルールのひとつで、打者が一度の打席において3回のストライクを取られることである。

概要

投手と打者の対決においてホームランが打者の勝利なら、三振は投手勝利場面としてともに野球である。

打者が三振となるのは、ツーストライクの状況から、見逃しして第三ストライクとなった場合(見逃し三振)、空振りして第三ストライクとなった場合(空振り三振)、ファウルチップ捕手に捕球された場合(但し、ルール上は空振りと同じ扱い)、バントした打球がファールグラウンドに転がった場合(スリーバント失敗)の、計4通り。

三振を喫した打者は、通常の場合即座にアウトになる。しかし、死または一死で一塁に走者がいない時、二死の場合は一塁走者がいた時でも、第三ストライク捕手が正規の捕球をできていなかった場合、打者はアウトとならず一塁への走者となる権利が生じる。これを振り逃げという。この状況が発生した時は、打者には三振が、投手には奪三振が記録されるものの、守備側は打者走者を何らかの形でアウトにする必要が生じる。これに失敗すれば、攻撃側の振り逃げ成功となる。つまり、そのイニングは(もちろん記録上は3アウトだが)実質4アウトが必要となるため、1イニング4奪三振記録が発生することもある。

なお、日本語の呼び名で勘違いしやすいが、振り逃げの発生条件は前述のように基本は捕手の捕球ミス(但し、ワンバン投球の空振り三振は、捕球できていても"正規の捕球ではない"ので条件発生対[1])であり、打者の空振りそのものは必須条件ではない。英語での呼び名(「Uncaught third strike」-捕球されなかった第三ストライク)で考えると分かりやすいかもしれない。また、振り逃げは条件さえ満たしていれば何度でも出来るので、理論投手が1イニングに奪える三振の数に制限はかったりするが、延々と振り逃げで三振を奪い続けるというのは現実的ではない。

三振は、スコアブック「K」と表記される(スリーバント失敗は「◆K」、振り逃げの失敗は「K」を左右反転した文字で記載されることもある)。なぜ「K」なのは諸説あるが、「Strike」、「Strike Out」、「Sacrifice犠打)」、「Steal(盗塁)」、「Steal Out(盗塁死)」と重複を避けるため、「Knockout」の「K」を採用したという説が有である。

見逃し三振と空振り三振の表記上の違いは、スコアブックではボールカウント欄で見られる(打席結果欄で違いを表現することもある)。一方、特にメジャーでの球場内やテレビ放送のデータ提示では、見逃し三振を「K」を左右反転した文字で、空振り三振を「K」と表示していることが多い。日本でも、ネットとして「みのさん」「からさん」という表現がある。

三振に関する主な日本記録

記録

シーズン記録

日本プロ野球 メジャーリーグベースボール
順位 選手名 所属 三振 年度 順位 選手名 所属 三振 年度
1 ラルフ・ブライアント 近鉄 204 1993 1 マークレイノルズ ARI 223 2009
2 ラルフ・ブライアント 近鉄 198 1990 2 アダム・ダン CWS 222 2012
3 ラルフ・ブライアント 近鉄 187 1989 3 クリス・デービス BAL 219 2016
4 村上宗隆 ヤクルト 184 2019 4 アン・モンカダ CWS 217 2018
5 ラルフ・ブライアント 近鉄 176 1992 5 クリス・カーター HOU 212 2013
6 岩村明憲 ヤクルト 173 2004 6 マークレイノルズ ARI 211 2010
7 中村剛也 西武 172 2015 6 ジャンカルロ・スタントン NYY 211 2018
8 ブラッド・エルドレッド 広島 169 2014 8 クリス・デービス BAL 208 2015
9 マウロ・ゴメス 阪神 166 2014 8 アーロン・ジャッジ NYY 208 2017
10 オレステス・デストラーデ 西武 165 1963 10 ジョーイ・ギャロ TEX 207 2018

通算記録

太字は現役選手

日本プロ野球 メジャーリーグベースボール
順位 選手名 三振 順位 選手名 三振
1 清原和博 1955 1 レジー・ジャクソン 2597
2 繫元信 1838 2 ジム・トーミ 2548
3 中村剛也 1800 3 アダム・ダン 2379
4 山崎武司 1715 4 サミー・ソーサ 2306
5 秋山幸二 1712 5 アレックス・ロドリゲス 2287
6 金本知憲 1703 6 アンドレス・ガララー 2003
7 新井貴浩 1693 7 ホセカンセコ 1942
8 中村紀洋 1691 8 ウィリースタージェル 1936
9 タフィ・ローズ 1655 9 マークレイノルズ 1927
10 衣笠祥雄 1587 10 カーティス・グランダーソン 1916

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *これのもっとも有名な例が、東海大相模時代の菅野智之が記録した『振り逃げ3ラン』である。

【スポンサーリンク】

  • 1
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E4%B8%89%E6%8C%AF

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

三振

19 ななしのよっしん
2015/04/13(月) 20:22:45 ID: 0wJjhHp7Qc
>>14->>15
防御率の計算法を準用して、「9回投げたらいくつ三振を取れるか」ってことじゃないの?
つまり、(奪三振率)=(奪三振数×9)÷(投球回)
20 ななしのよっしん
2016/11/10(木) 19:14:58 ID: xjyMizL/JD
うむ
あと勘違いに気づかなかったのは仕方ないとしてもこんな過疎スレで三連投はやり過ぎ
21 ななしのよっしん
2017/09/30(土) 22:44:00 ID: k2s44OsJDs
三振は長距離打者育成における必要経費みたいなもの
今の日本球界は三振を極端に忌避し過ぎていないか?
常葉菊みたいなチームNPBにもあっていい
22 ななしのよっしん
2017/12/10(日) 17:39:37 ID: 4z+ASHugmW
投手にとって一番過大評価されてる標は三振だ」とメジャーの凄い投手が言ってたけど、先発投手に限って言えば確かにその通りかもしれない(接戦を確実に抑えることがめられるクローザーには重要なだと思うが)
近年の200勝投手山本昌黒田も(少なくはないが)決して奪三振の多いタイプではないし、現在200勝に一番近い岩隈もどちらかといえば打たせて取る投手
三振を奪いやすい剛速球や変化量の多い変化球はやはり身体への負担も大きいのか、奪三振投手は故障も多いように思う
4年連続最多奪三振の則本は凄いと思うけど若くして劣化しないか心配だ
23 ななしのよっしん
2017/12/29(金) 13:15:00 ID: +JQh6f2qQo
>>22
ダックスだな。ロイ・ハラデイも似たような事を
同僚に言われて打ち取るピッチングにしたとか
実際球数の問題を考えると三振より打ち取ったほうがい
24 ななしのよっしん
2018/07/03(火) 06:51:37 ID: fA956w8g7j
死ぬほど極端な事を言えば全て3球奪三振で終わらそうとすると81球かかるけど
全て1球で打たせて取らせれば27球で3倍の球数で試合を終わらせる事が可だからな

まあ実際にはよっぽどノーコンで四球が多いタイプじゃない限り球数はそんなに増えないんだけどね
のある投手は上位打線には奪三振を狙いつつ下位打線は打たせて取るみたいなメリハリのある投球をするし
野手の守備に依存する以上好成績を維持できるのは奪三振の多いピッチャーなのは紛れもない事実ではある
(例えば菅野はゴロPと言われているが奪三振王争いの常連でタイトル獲ったこともある)
25 ななしのよっしん
2019/03/17(日) 08:21:04 ID: BYnQy+oueB
制球気にしすぎて置きに行った球とかそれこそられて球数嵩むし広い球場に甘えすぎて技巧ばかりになっても狭いところでダメになるタイプもいるしバランス感覚難しい
制球タイプ上原吉見番長金子等)も全盛期150代投げれてたし制球と球速は必ずしもトレードオフではないというのも面
26 ななしのよっしん
2019/06/08(土) 19:33:05 ID: fA956w8g7j
全盛期上原とか金子強い直球カウント稼いで変化球を良い所に決めるのが上手いって感じだな。
菅野もそうだがこういうタイプ四球が少ない分三振取りやすいから奪三振王争いの常連になりやすい。
27 ななしのよっしん
2019/08/02(金) 11:07:48 ID: JBS0suCpXK
>>22
勝利数は実イコールどころか乖離した標だから
負担は大きいのは事実かもしれないが、実際の貢献度や実見るならFIPやWARとなる時代なわけであって
守備に左右されない奪三振投手の実そのものなのだから、過大評価どころかむしろ軽視されてるとみるべきだよ
三振が取れてるだけじゃなく四球や外野フライライナーの少なさも重要だが、
そういう標は良くても勝てない投手というのは打線や守備とか外的要因を疑ったほうがいいし
よりもかに貢献度は高い。

いずれにしても、大投手といえるレベルの選手でそこまで三振の少ないタイプどいない
すでに名前があがってる選手もある程度は三振が取れるのばかりだしメジャーも同じ
そして日本人MLBである程度活躍した選手は皆三振がある程度は取れるタイプなんだよねえ。

(省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)
28 ななしのよっしん
2021/03/03(水) 18:57:03 ID: fA956w8g7j
打者の三振率と長打率は統計的に見て密接なトレードオフの関係だけど、
投手奪三振率と与四球率やイニング消化はそこまでトレードオフになってい。
寧ろ奪三振の低下によって他の要素も悪化して第一線を離れた例が立つ。
だから昔とべて三振を気にしない打者が増えたのは当然の流れと言える。

急上昇ワード改