燃えよドラゴン単語

チャーンチャッチャーホァタァー

燃えよドラゴンとは、1973年制作されたブルース・リー演の映画である。

概要

1973年開。
世界で大ブレイクし、ブルース・リーカンフーを一躍有名にした映画である。
作曲のラロ・シフリン作曲したテーマ曲もヒットチャート一位を記録し、現在にいたるまで多くのメディアに重宝されてきた。
リーの映画には中国版も英語版もすべて声優吹き替えだが本作の英語版セリフはすべて本人のだ。
1973年12月日本開となったが既にブルース・リー1973年7月に亡くなっていた。
撮影当時から腫瘍はかなり進行しており、それはリーの顔つきからも見てとれ、他の作品のリーの顔と見べると明らかに分かる。(多少役作りによるせいもあるが)
世界的大ヒットにもかかわらず、前作の「ドラゴンへの」をしのぐ記録にはならなかった。
なお、ヌンチャクを使うことが有名であるが、実はこのシーンではあまり敵を倒していないばかりか、直後に閉じ込められてしまうという場面である。
DVDビデオパッケージヌンチャクを構えているリーの姿なのでヌンチャクイメージがついてしまった可性が高い。
しかし敵に対して凄まじいヌンチャクテクニックを見せつけるシーンは非常にかっこいいので必見。
ブルース・リーの演じる役は基本的に圧倒的強さで敵のラスボスですら終始優勢に勝負を運ぶような主人公を演ずるが、この映画ブルース・リーは他作品とべても最強主人公で、100人くらいの敵を肉弾戦のみでノーダメージ叩きのめすなど圧倒的強さを誇る。

あの伝説の三人組

有名な話であるがこの映画にはブルース・リー亡き後下火となっていたカンフー映画界を燃え上がらせた時代の申し子、サモ・ハン・キンポージャッキー・チェンユン・ピョウエキストラ役含め初めてって共演した作品である。
サモ・ハン・キンポー映画序盤でブルース・リーと試合をしている男を演じ、リーに引けを取らぬ見事なアクションを決め、ジャッキー・チェン映画後半で襲いかかってくるエキストラの一人として、ユン・ピョウ映画中盤に訓練しているエキストラの一人として登場している。
三人とも登場するシーンバラバラ、しかもうち二人はエキストラ役だったりするが、それでもなおこの三人が初共演で、しかもそれがブルース・リーの最高傑作の燃えよドラゴンというのは、カンフーファンにとってはたまらない奇跡である。

スタッフ

登場人物

キャストはとにかく!上記の伝説の3人のほか、ベテラン悪役カンフースターシー・キエンをラスボスに据えて、その幹部には後に日本ドラマハードボイルドGメン75で活躍するヤン・スエや、ドラゴンへの死亡遊戯でも戦った1970年アメリカ空手王者ボブ・ウォールで固めている。
そしてそのボブ・ウォールの紹介で当時ミドル級最強クラス空手映画でもバキバキ割れ腹筋を披露したジム・ケリー、アメリカで数々の映画に出演しているジョン・サクソン、女性カンフースターパイオニアアンジェラマオ等など。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E7%87%83%E3%81%88%E3%82%88%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B4%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

燃えよドラゴン

1 ななしのよっしん
2013/03/26(火) 23:51:03 ID: nPTEortXbh
いまさらすぎるが・・・まず作成乙です

ヌンチャクといえばこの映画ヌンチャクは実はアクション用に結構短く作られてるんだよな・・・

急上昇ワード