ブルース・リー単語

ブルースリー
  • 16
  • 0pt
掲示板へ

ブルース・リー(Bruce Lee中国名:)は、サンフランシスコまれの中国人で、俳優武道截拳道ジークンドー)の創始者である。

概要

1940年11月27日サンフランシスコ中国系の役者であるドイツ中国の混血であるグレイスの間に生まれる。中国名の本名は「」である。

5人兄弟の次男で妻はリンダ・エメリー

子供長男ブランドンと長女シャノンで、ブランドン映画俳優であったが、1993年に撮中の事故28歳という若さで死去した。ブルースの死後から20年後である。

武道家としてのブルース・リー

俳優としてのブルース・リー

元々父親俳優であったためか、生後三ヶくらいで映画デビューしている。

1966年アメリカTVドラマグリーンホーネット』にて準役に抜される(役の執事である日本人・カトー役。人であるグリーンホーネット悪人相手に活動する際は、ブルース演じるカトーも助手としてアイマスクで素顔を隠し、拳法で戦う)。

1970年レイモンドチョウが設立したゴールデンハーベスト契約し、翌1971年ブルースカンフー映画1作となる『ドラゴン危機』が開し、ブルースはたちまち香港スターとなる。若きアクション俳優ジェームズティエンチュンと共演。また、良く見るとこの映画にのちに有名になるラムチェンインが出演している。

1972年に2作となる『ドラゴン怒りの鉄拳』が開。この映画では武術導も担当している。
また、ブルースの死後にこの作品の続編となる『新精武門』が作られ、ジャッキー・チェン役に抜されている(これはドラゴン怒りの鉄拳で、ブルースに蹴られて吹っ飛ぶ敵の日本人スタントを彼が行い評価されたことで役に抜されたとも言われている)。またこの作品からヌンチャクを使ったり、「アチョー」などの怪鳥音を言い始めたりしている。

3作となる『ドラゴンへの』では製作・脚本・監督も担当、格闘チャック・ノリスとの格闘シーンが見ものである。

1972年頃、『死亡遊戯』の撮スタートするも、ハリウッドワーナーブラザーズとの合作映画企画が来たため、撮は中断される。

1973年アメリカ香港合作映画ロバートクローズ監督の『燃えよドラゴン』の撮スタート(この映画にはサモ・ハン・キンポーユン・ピョウジャッキー・チェンといった後の香港スターたちがエキストラスタントマンとして参加)。武術導にはラムチェンインも参加している。
(ちなみにブルース少年に稽古をつけるシーンで「Don't Think Feel日本語に訳すと「考えるな、感じろ」というセリフは有名である。)
しかし7月20日に、頭痛を訴え病院に運ばれたが、に昇ってしまった。死因浮腫。

ちなみに2010年11月27日で生誕70周年を迎えた。

ブルースの死後、『燃えよドラゴン』がアメリカを始め世界中で開され、日本でも大ヒットとなった。その後日本でも彼のカンフー映画が次々と開された。映画で使用されたタバクトヨク(ヌンチャク)はゴム製であり、当たっても怪しないようになっている。よく見るとプルプルしているシーンがある。

関連動画

静画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 16
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

ブルース・リー

87 ななしのよっしん
2020/06/28(日) 00:35:41 ID: Hf00X/Im+A
タランティーノ映画クソ傲慢に描かれてたのが意外
というかタランティーノって知識量豊富で細かいツッコミ入れたがる客も納得させるようなもの作る人って印だったから意外

リーが「はモハメドアリ倒せる」なんてさすがに言わないだろうし逆に調べりゃアリリスペクトした発言があることくらいわかりそうなもんだが
ホント何であんな描写したんだろうな
88 ななしのよっしん
2020/07/05(日) 02:19:17 ID: 8C/5y6PN+O
>>87
よく「俳優の〇〇さんはガチで強い!!」って意見に対して
アクション俳優()情が格闘より強い訳ねーだろ?馬鹿かよw」ってマジレスしちゃう人がいるけど
そういうノリでついやっちゃったのかもなあ…
実際は周りが褒めてるだけで
ブルース・リーは謙虚で「最強w」みたいな人ではないだけに残念だなあ
89 ななしのよっしん
2020/09/21(月) 12:52:00 ID: OHu5fqQ5ro
>>67
マトリックス殺陣フィクションに振り切ってて速さや本物感がどうってもんじゃないだろ
ブルースリーが好きなのはわかるけど、何かを下げて何かを上げる論法は本当に気持ち悪い
90 ななしのよっしん
2020/10/16(金) 17:21:56 ID: RA5HCrgILy
オ、オイラにはどちらかを下げてるようには見えない………
91 ななしのよっしん
2020/11/21(土) 05:45:57 ID: aFymVWJ/zZ
現代の格闘と戦ったら~ってよく書かれるけど
截拳道スタイルからしても、この人はリングの試合なんて終着点として全く想定してない人でしょ

ブルース・リー自身にリング上でトップを取れる様な突飛な身体的才いから、「実戦だと6以内」の言葉が表す様に、本気でやるなら物凄く高度な訳わからん殺しで、相手が強みを出す前に仕留めるタイプだと思うわ
全体的にMMAとかの格闘技の試合で使うようなもんじゃない
動きで分かる通り異常なほど鍛えてたし、身体高かったけど

武術系にありがちな、実戦性のある技術を極めた結果、強さの着地点が迷子になった達人だと思う
格闘技と違って実践できないから仕方がない
92 ななしのよっしん
2020/11/21(土) 06:18:30 ID: qodwKTK5sZ
方向性はゼロレンジコンバットに近いかもね
あれは全に実戦だから実戦以外では使いないんだけど
ブルース・リーの出身が武道だと思われがちだけど実際はストリートファイト出身だから底的に実戦義なんだよな
93 ななしのよっしん
2020/11/22(日) 10:08:14 ID: aFymVWJ/zZ
ブルース・リー体になってる中国拳法詠春拳)自体に、殺傷用の技術が多すぎるからね
同じ相手と本気で二度戦うことを想定してないと思う
詠春拳アメリカの軍隊格闘技にも吸収されたEBMASにも生してたりするし

もしもの話なら、ブルースリーは散打で相当強い選手になれてたと思う。実際太極拳で強い選手が居たりもする
最強かは分からないけど、あの異常な身体とストイックさがあったら弱いわけはない
94 ななしのよっしん
2020/11/26(木) 00:54:21 ID: yA0Ke+ANO3
格闘技護身術に対して中国拳法や軍隊近接格闘術が不利な点としてもう一つ、達人と呼べる程それに卓越した選手であっても、技を実際の人間に向かって寸止めせず最後まで使った事はほとんどいので、いざ使う時になってもスムーズに行えるのか?という点があると思う
ブルース・リーは確かに若い頃路上喧の経験があった訳だけど、大成してからはそういうパパラッチの格好の的になる様な事は出来なかったと思うんだよね
95 ななしのよっしん
2020/11/27(金) 18:53:17 ID: aFymVWJ/zZ
拳法も技術的には問題いんだけど、結局実戦でも使えた"だろう"という仮説にしかならないのが残念な所よな

ブルース・リーが本当にヤバい時にそういう技術を使って輩の身体を破壊したとしても、今後そう言う状況にならない様に注意を強める様に進むだけで、技術として大事な再現性をめようとしなくなる

競技ならキック一つでも人の頭を確実に蹴り抜ける様になるまで訓練して、試合で実際に実行するから言うまでもなく現実性のある技術になってる

そういう関係性がある以上、この人が何を"強さ"としてしてたのか曖昧にならざるを得ない気がする
96 ななしのよっしん
2020/11/28(土) 09:32:39 ID: 54KosHZ38h
割とブルース・リースターになってからも戦闘狂だったらしいぞ
ジェームズコバーンとかの話では場破りはしょっちゅう撃退してたし、ストリートファイトを挑まれても断らずに喧して返り討ちにしてたとか
映画でも役者が重症を追うほど蹴飛ばしてしまってたりしたから、ガチで強いと思う
不意打ちで武装者数名で襲うとかしないと多分
一騎討ちで勝てるやつはあまりいないと思う