bigbrother単語

ビックブラザー
  • 10
  • 0pt
掲示板へ

Big Brother(ビッグ・ブラザー)とは、そのまんま『お兄ちゃん』、いは『偉大なる兄弟』のことである。初出はジョージ・オーウェル小説1984年」内。

概要

Big Brotherの出現は、上記の小説1984年』内に遡ることができる。
時は『1984年』、架オセアニア。『偉大なる兄弟があなたを見守っている』というキャッチフレーズと共に、カイゼルの生えた壮年男性がテレスクリーンに映し出されている。この男性こそが、Big Brotherの徴画として作品内では使用されている。
前出のソヴィエトロシア的倒置法フレーズと共に有名な『存在』ではあるものの、実質的にはただの徴でしかく、実在するかは定かではないとされている。また、作中では共産主義の行き着いた『あまりにも巨大すぎる理性信奉主義の象徴』として描かれた。

詳細に関してはWikipedia1984年の項目exit、及び大百科内の1984年(小説)の項を参照して頂きたい。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 10
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/bigbrother

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

bigbrother

30 ななしのよっしん
2017/11/27(月) 19:11:15 ID: 5b75DcNzLS
今の日本BBゴールドスタイン該当者いると思うとか頭オセアニアかよ
31 ななしのよっしん
2018/01/08(月) 21:29:25 ID: +E8lC7StRX
憎悪を一身に受ける存在としては安倍ゴールドスタインといえるのでは?
ttps://iwj.co.jp/wj/open/archives/254835
↑これとかまじ憎悪週間じゃね?
32 ななしのよっしん
2018/01/31(水) 21:14:05 ID: cumn0NB0ii
最近だと中国習近平かな
ガチ毛沢東の再来を狙ってたらしい
33 ななしのよっしん
2018/01/31(水) 21:15:47 ID: MQNc+eHqz/
思慮は今罪と知るべし 思慮は今罪と知るべし
思慮は今罪と知るべし 思慮は今罪と知るべし
思慮は今罪と知るべし 思慮は今罪と知るべし
34 ななしのよっしん
2018/05/24(木) 07:01:01 ID: TcHFJ9EqDj
現代日本BBがいるとすれば、それはネットにはびこる同調圧力だろうね
一つの価値観しか認めず、敵と味方という尺度でしか物を見れない人達
ネット上の言論に関していえば、”自由は隷属である”というニュースピークは全に正しかったわけだ
小説よりも残酷だよ、自由に溺れて死ぬなんて
35 ななしのよっしん
2018/05/31(木) 12:47:56 ID: I+4CF4GWxD
同調圧力っていうか集団心理って言うか
良く影すれば自浄作用にはなるんだろうけどね…
36 ななしのよっしん
2018/06/05(火) 21:42:05 ID: Q5yVhs64h9
2015年マイナンバー制度が可決し、本当の意味で1984年事実が具現化した事になった。
これも死海文書が予言通りに的中した物らしい。恐ろしや……
37 ななしのよっしん
2018/06/22(金) 23:09:32 ID: 8JXz3tT0aH
全体主義ムラ社会微妙ニュアンスが違う希ガス
38 ななしのよっしん
2018/08/12(日) 00:20:33 ID: Z+Mha8gDlb
共産主義物論を掲げて、の存在を否定した。
だが西洋思想は倫理観の拠り所をどうやっても「偉大な存在による観測」にめてしまう。
だから監督者たるから「性」だけを取り除いた不気味オブジェクトが用意された。
それがこいつだ。
だけで全ての人間進化できたら、苦労なんかしない。
子供には倫理を説くより、が来ると脅す方が効果的なのと同じだね。
39 ななしのよっしん
2018/11/01(木) 16:27:15 ID: A/qezOK+g1

  >>34
 同調圧力と迷惑行為が個人単位責任によっては制約されなくなった訳は、関心間である。
 関心間は集団の活動を個人単位責任から解放して、ただ群集心理にのみ従う集団を生み出した。その種の集団は、自らが属した間においた規範を絶対視して、その規範を他の有らゆる間においても強制してみない。そうして、同調圧力と迷惑行為を際限く繰り返して全くみない、思考停止した圧力団体が、ウェブ上の言論において支配的に振る舞う様に成った。
 個人単位の権利と責任に立脚した社会秩序は、関心間の影が増すに連れて、機不全へと陥って行って居るのである。そうして、々は今まさに、個人義的な法秩序が崩潰して行く過程に居合わせて居るのである。