IBM PC単語

アイビーエムピーシー

IBM PCとは、米国IBM社が開発、販売したパソコンブランドである。

概要

CPUに16ビットのIntel 8088i8086からデータバス8ビットにしたもの)、OSとしてマイクロソフトと共同開発したIBM DOS(PC DOS)を採用。
それまでのIBMの戦略とは異なり、他社からパーツを調達し、BIOSなどのソース開するオープンアーキテクチャーの戦略を採った。それにより、多くの互換機が各メーカーから発売され、パソコン市場トップシェアを誇ったアップル社を追い抜くことに成功した。

その後、PC/XT、PC/ATへと発展。PC/ATは互換機メーカー間で独自の発展を遂げ、現在Windowsパソコンのほとんどを占めるようになった。

歴史

メインフレーム(大コンピュータ)で成功を収めていたIBMは、アップルコンピュータ(現:アップル)のApple II(][)が、表計算ソフトパイオニアである「VisiCalc」によってビジネス市場でも普及し始めたことで、パソコン市場に参入することを決意、1981年に初代モデルである5150を発表した。

当初はIBM製のCPUOSを搭載したクローズドアーキテクチャーをしていたが、コストや開発期間の問題で断念、インテルマイクロソフトなどと提携したオープンアーキテクチャーとして完成させた。

互換機は1982年に登場し、コンパック(現:ヒューレット・パッカード)はアタッシェケースほどのサイズのポータブルコンピュータを1983年に発売した。
IBM PCは庭での普及も想定していたが、価格が高く、ビジネス市場で先に成功を収めた。

1983年にIBM PC/XTを発売。ビジネス市場に対応するため、HDDの搭載を可とした。

1984年にはIBM PC/ATを発売。Intel 80286を採用し、2HD FDDへの対応などが加えられた。

しかし、本家IBMよりも互換機メーカーシェアが高くなっていったことで、IBMオープンアーキテクチャーの採用をやめ、次世代の高性機としてIBM PS/2を1987年に発売した。

PS/2は32ビットCPUと全く新しいMCAというローカルバスOSとしてより高性OS/2を採用した。
が、独自の発展を遂げていたAT互換機べてさほどの性アップがなく、価格が割高、MCAが従来のXTバスATバストの互換性を失ったことでハードウェアの互換性がなくなり、MCAが難解な仕様だったことでサードパーティからの拡カード供給が滞った。
加えてOS/2の開発が遅れ、バージョン3の開発を担当していたマイクロソフトが撤退、 独自に作り上げたWindowsが優勢になったことで、PS/2のアーキテクチャーはキーボードマウスインターフェースVGAというグラフィック規格を除いて破綻することとなった。

結局IBMAT互換機メーカーが発展させたアーキテクチャーに迎合することとなり、新規格の策定をインテルマイクロソフトに奪われる形となった。

2005年中国レノボ社にPC部門を売却することを決意、パソコン市場から撤退した。

関連動画

ibm pcに関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

ibm pcに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

ibm pcに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/ibm%20pc

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

IBM PC

1 ななしのよっしん
2017/01/15(日) 00:34:39 ID: FCKCsCnDa1
デルタ航空事故で開発メンバー喪失したんだっけ

急上昇ワード