編集  

MUGEN単語

ムゲン

曖昧さ回避

MUGENとは、

  1. Mugen ― 日本アーティストポルノグラフィティ」の楽曲「Mugen」。
  2. MUGEN ― Elecbyteによって開発されたフリーの2D格闘ゲームエンジン

本項では2を解説する。

MUGEN

MUGEN(正式名称は「M.U.G.E.N」)とは、Elecbyteによって開発されたフリーの2D格闘ゲームエンジン
知らない人に一言で説明するならば、「2D格闘ツクール」みたいなもの、と言うとわかりやすいか。
(なお、同名のツクールは存在する。もちろん別物。)

詳しいことはニコニコMUGENwiki - mugen動画を楽しく見る為にを読んでね!!!

概要

根幹はライフバー超必殺技用のゲージを備えた、カメラワークズームインズームアウト)がタイプのオーソドックスな2D格闘ゲームである。初期キャラkfmカンフーマン)のみ。

このソフトの最大の特徴は、ユーザー側で手軽にキャラクターステージBGMを増やすことが出来ることにあり、ネット上では多数のキャラクターたちが配布されている。キャラクターなどを自分で作成する場合はかなり大変だが、その分様々な処理や演出が可となっており、ツクール等とは較にならないほど出来ることの幅が広い。また、ステージ毎に異なるBGM定してプレイすることも可である。

ネット上に出回っているキャラクターには、他の格闘ゲームからグラフィックを抜き出し原作再現したキャラクターをはじめ、製作者独自のアレンジを加えたキャラクタードットだけ流用して中身は別というキャラクター、既存の版権キャラクター格ゲー化したもの、あらゆる物を一から作ったオリジナルキャラクターなど、様々なものが存在する。

販のゲームキャラクターを組み合わせることにより、「ストリートファイターⅡ vs 北斗の拳」「キングオブファイターズvsギルティギア」のような、もが思い描いたであろう夢の対決だけに留まらず、「マーブルコミックvsニトロプラス」のような商業では実現不可能な対決、「leaf vs key」のような別の意味で夢の対決、終いには「ウルトラマン vs シャドウゲイト」といった意味不明なものまで、ありとあらゆる対決が実現可である。
さらに、工夫次第でアクションシューティングのようなことをしたり、「キャラ」と呼ばれるキャラクター達がプログラムレベルでの対決をしたりと、まさにMUGENの可性を秘めている。

ただ、中には販のゲームキャラをそっくりそのまま抜き出したかのようなキャラが見受けられるが、当然の事ながら販のゲームからのデータ抜き出しは著作権にあたる可性が高いため、あまり大っぴらにはなれない。いわゆるアンダーグラウンドというである。実際、それが問題になってMUGEN業界でタブー扱いになった事例もある。
(もし仮にデータ抜き出しではなくゲーム画面を見ながらすべて手作りで同じものをドット打ちした、などと言う場合でも、グラフィックデータがそっくり同じものだとやはり著作権に該当してしまう可性が高い)

あくまで本来あってはならない事という認識を持って、立ちすぎないように楽しむ事が出来ないとMUGENをエンジョイするのは難しいだろう。

ニコニコ動画での扱い

MUGENを使用した動画はほぼ毎日アップロードされている。

AI(CPU)同士の対戦を大会形式に仕立てた「トーナメント動画」が最もメジャーだが、二次創作SSの合間に戦闘を挟む「ストーリー動画」も多数制作されている。 その一方で通常の格闘ゲーム動画では一般的な「プレイヤー操作」による対戦動画は少なめである。キャラクターAIなどの製作報告を動画上で行っている人もいる。
前述のようなお祭り的な要素はもちろん、常時ゲージMAX状態での対戦(ゲジマユ)や、格闘ゲームの範疇から逸脱したキャラ同士の対戦(神々の黄昏)などはまさにMUGENならでは。

β時代から対戦動画は存在していたが、2007年の後半から規模が大きくなっていき、現在ではランキング入りを果たす動画100万再生を達成する人気作もある。(キャラの扱いや動画の詳細は外部リンクニコニコMUGENwikiも参照)
ニコニコ上でキャラAIの作成が加速したのもこのあたりからであると思われる。

 

注意事項

MUGENと関係ない動画(原作)でMUGEN関連の発言をしないでください※

MUGEN界独自の二次創作(中間中国ゲニ殺し娘さっちん夫婦etc)が発展していますが、それらの外部持ち出しは相手側に対して失礼です。迷惑を掛ける事にもなり、MUGEN動画等に悪影を及ぼします。

また、ニコニコ大百科格闘ゲームキャラ関連の記事において、MUGEN関連の記述をとにかく削除するだけの編集が行われる事があります。この場合「北斗有情破顔拳」の記事の様に運営が差し戻す例もありますので、すみやかに削除依頼板にて記事の部分的削除が妥当かを運営に報告して判断してもらってください。

格闘ゲーム関連の記事にMUGENネタを記述する場合は、記事を充実させてからにしましょう。

関連動画

各見出しの詳細はリンク先にある記事を参照

MUGENキャラ作成

AI作ってみたシリーズ

MUGENトーナメント

MUGENストーリー

 

プレイヤー操作

 

MUGENMAD

 

コミュニティ

関連項目

外部リンク


【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/mugen
ページ番号: 51109 リビジョン番号: 2024189
読み:ムゲン
初版作成日: 08/05/17 10:57 ◆ 最終更新日: 14/05/17 19:22
編集内容についての説明/コメント: 関連動画の見出しをリンクに、キャラ作成とAIを分割
記事編集 / 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ


お絵カキコ制作中

CV:若本 規夫

神・豪鬼ブリスver.

神・豪鬼(ブリスver.)途中

「我は、拳を極めし者」

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

MUGENについて語るスレ

6900 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 07:41:47 ID: 0i8AN5WFDH
いや動画で私的に使う範囲内でのちょっとした変すら禁止してるキャラなんてほとんどいないだろ
気にせずバグ修正したらいいと思うよ
6901 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 09:33:40 ID: ke+ttiyFBf
この時点でもう1.1で大会開くのがクッソ面倒なの分かるよね
6902 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 18:53:25 ID: Epx846eLEc
言うてUNIニトブラ深秘録Winで動くキャラはいるし、モノによってはWin対応パッチなんてのもあるんだから、
近年の格ゲーキャラWinで作ったり、新専用キャラWin移植すること自体は可でしょ
大会はもうこっちに期待した方がいいかも

それはそれとして新MUGENの何が魅的ってやっぱり美麗ステージ群だわ
ストーリー動画MADで映えそうだけどこっちでも導入してるやつ片手で数える位しかいないんだよな
6903 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 19:15:04 ID: /aTscoRuTx
再生数が乏しい強ランク大会製作
やっぱ狂以上のきぼぜつだよなあ
6904 : ななしのよっしん :2018/10/16(火) 23:09:24 ID: 0i8AN5WFDH
>>6902
理やりWinで作ったり対応させたりしても
解像度は低いしアルファチャンネル画像も使えないから見た劣化は避けられないんだよなぁ
それに記述にlocalcoordや多重リダイレクトを使われたらWin対応自体がほぼ理になるし
製作者だってその辺ちゃんとわかってるからあえて新専用で作る人がいるわけで
6905 : ななしのよっしん :2018/10/17(水) 19:52:06 ID: Epx846eLEc
>>6904
この手の話題になると毎回見た劣化とか言われるけどさ
較対の大半がD0ドットレトロ臭漂うキャラなのにそんなに気になるモンかね?
少なくともは大会でWinでも動く最近の格ゲーキャラ見てもまったく違和感を覚えないけど

まぁ演出関連で色々妥協せにゃならんのは確かだし界が素直にwinから新に移行してくれた方が願ったりったりではあるけど
6906 : ななしのよっしん :2018/10/17(水) 20:47:37 ID: 0i8AN5WFDH
>>6905
そりゃニコ動画質が悪いしD0ドット較対にしてるから気にならないだけだ
実際に出来の良いHDキャラえてMUGEN1.1のOpenGLモードズームアウトありのHD画質でやってみればわかるけど
本当に近年の格ゲーべても遜色ない見映えが味わえるぞ
ハイレゾ限界winmugenじゃこうはいかん
6907 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 20:49:03 ID: Epx846eLEc
>>6906
うん、知ってるよ?
でも現実問題としてここを見ても分かる通り、ニコ動ではわざわざ新mugen乗り換える必要性を感じない層が多数なわけで
それなら最近の格ゲーキャラの方をWinに寄せて大会にポンポン出てもらった方が空気のままよりよっぽどいいんだよね、にとっては



6908 : ななしのよっしん :2018/10/18(木) 23:18:07 ID: 7GUIY+evIu
散々言われても新MUGENが中々流行らないのはノウハウが確立されてないのが原因だと思う
これまで挙げられてきたメリット動画制作側からすればハードルを上げる要因にしかなってないし
だから本気で浸透させたいなら一度大会を開いて、なおかつ後続が動画作成しやすいよう積極的に編集方法やキャラ変のやり方を開していくしかないんじゃね?
6909 : ななしのよっしん :2018/10/19(金) 23:58:36 ID: DKFTAvyVpp
キャラ製作者がAIを自前で作ったり、ランクのために強化カラーを用意したりするように
Win版と1.1版を両方用意するっていうのが一般的になってくれればいいんだけども
キャラ製作したことないから分からないけどやっぱ手間かかるのかな
急上昇ワード
ニコニコニューストピックス