XF5U単語

フライングパンケーキ
1.7千文字の記事
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

XF5U フライングパンケーキとは、アメリカが試作した艦載戦闘爆撃機にして珍兵器にして飛ぶ円盤である。

下ごしらえ

1930年代チャンスボート社にある男がいた。その名はチャールズ・H・ジンマーマン。彼は常日頃ある疑問を感じていた。

「凧は、どうして弱いでもあんなに高く揚がるのだろう?」

そうだ、凧の原理を使えばカタパルトしで離陸できる艦載機を作ることができるに違いない!

そこで彼はとある構想を思いついた。それは円盤を持った航空機である。

なぜ円盤なのか。航空機の両端から後方へ発生する空気の渦、端流が存在する。これは航空機を後ろに引っるために抵抗になってしまう。そこで彼はこの端流を解決すべく、円盤の端にプロペラを取り付け、プロペラによって生まれる渦で端流を相殺しようとしたのだ。
また、彼が考慮のうちに入れていたかは不明だが、円盤というのは事実上の全機であり面積も大きくなる。その為揚が稼ぎやすいという特徴がある。

この理論模型実験にてその有用性を明してみせ、それに米海軍をつけた。

米軍支援を受けジンマーマンV173という試験機を開発、飛行に成功した。60×2という正直非力エンジンでのテストではあったが、高い性を示して見せ、特に離陸性についてはたった6mで離陸が出来た。
ちなみにこのV173、その形状からUFOとして誤認されたという逸話がある。

こうして米軍はこの試験機の結果をもってフライングパンケーキの開発を命じることとなった。

遅れる調理、そしてゴミ箱へ

さっそくチャンスボート社はフライングパンケーキの製作に取り掛かったがそれには多くの困難が伴った。

もちろん機体構造が革新的過ぎて戦闘機として実用的にするのに梃子摺った。これはまぁ仕方ないともいえる。

次に米海軍の要が高すぎた。
よほどその短距離離着陸に期待していたらしく、一説には空母以外の巡洋艦戦艦での運用をまじめに考えていたといわれる。その為低速での安定性と戦闘機として重要な高速性のどちらもがめられたのである。
とくにあたかもヘリコプターのごとく飛行するための低速安定性を得るのに必要なプロペラフラッピングブレード製作に難航し、実機はF4Uプロペラを流用した。

さらにチャンスボート社は戦争に合わせてF4Uの製造に手一杯で十分なリソースをまわすことが出来なかった。

ようやく実機が完成したものの、時は1945年8月20日戦前から研究が行われていたがいつの間にか戦争が終わってしまっていた。

ちまちまと研究は続けられフラッピングブレード完成したものの、時代は既にジェットエンジンに移りつつあり、わざわざプロペラ機の円盤機を使う必要はどこにもなかった。さらに言えば巨大なプロペラ2基にさえぎられるため長身の機関とか大ロケット弾の搭載が出来ないというのも大きな欠点であった。

こうして1947年3月に計画破棄、XF5Uは即スクラップとなる。
ちなみに円盤という構造とチャンスボート社の特許であるハニカム上のバルサ材にアルミった材料の相乗効果で機体は非常に頑丈であり、スクラップにはかなり苦労したらしい。

なお、上記の試験機V173は解体されずにスミソニア航空宇宙博物館の倉庫に長らく眠っていた。しかし、21世紀になってから民間団体の手で8年かけてレストアされ、テキサス州ダラスの航空博物館に展示されている。

IF…

ジェット化の流れがXF5Uの命運を奪ったと上では書いたが、中にはXF5Uは当初からジェット化を考慮していたという説もある。理由は特徴的なエンジンセル。故障のリスクを考えてもわざわざプロペラシャフトとずれた位置に作ったのは、将来的にはジェットエンジンへの換装を考慮していたと考えるのが自然というのが根拠である。とはいうものの、この形状では亜音速域以降では抗が大きいだろうからたとえジェット化してもただの延命措置にしかならなかっただろう。

また、そもそもがプロペラ端流を利用するがための形状であるため、この説の妥当性にはいささか疑問が残るといえよう。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
記事編集 編集履歴を閲覧

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

XF5U

52 ななしのよっしん
2020/06/11(木) 09:41:51 ID: gAYje8uJAe
くっそ可愛いデザインたまらん
53 ななしのよっしん
2020/11/03(火) 20:31:33 ID: OHvI6uFFSa
いいんじゃね?
2あれもこれも要する!全部できて当たり前だ!
3費用が増えた、それに間に合わねえ
4じゃあ全部潰す!二度と検討も許さん

これが軍試作あるあるというものか…

これほど長所が多いんだったらやれよと言いたくなる。
54 ななしのよっしん
2021/01/20(水) 05:33:03 ID: 5Lf0RdYFw7
>>49-50さんの言う所の速度が速すぎるという点だけど、着陸時にいつまで経っても地面につかないくらい揚デカみたいだし、とんでもなくスピード遅くても飛んでる・・・と言うより、浮いてることが出来たんじゃないだろうか。
まぁ多分更なる魔改造が必要だろうけど、複座(あるいは三座w)にして、下方視界を確保可な構造にしたら、色々使い出はあるのかもしれない。というか、やはりカメラでも使うか?
なんか燃料沢山入りそうな構造だし、内蔵にして色々装備を持たせるという手もありそう。
55 ななしのよっしん
2021/04/22(木) 14:46:30 ID: aAFx5dfS7b
現代の技術なら軽量化とプロペラの電化もできるだろうし、広大太陽電池を敷き詰めて、低速ながら長時間飛行可ドローンにできそうだよな。
56 ななしのよっしん
2021/08/11(水) 08:29:20 ID: ad5PpWf67M
パンジャンドラムと合わせて三大珍兵器とか言われてるが、ただ単に開発に時間が掛かって実戦に間に合わなかっただけじゃないか?理論そのものはさほど狂ってるわけでもないしSTOLは確かにあるのだし。
57 ななしのよっしん
2021/09/04(土) 01:07:48 ID: taUAoJIUoG
武装も性も案外しょぼい
3000級のエンジンまで積んだレシプロ最終形態みたいな奇形児たちがいっぱいいる中でこいつは見たしか取り柄がない
形状といいエンジンの動伝達といい大分凝った機構だしその結果がこれかと思うとガッカリ
58 ななし
2021/09/16(木) 13:08:34 ID: wA9ioXIDSH
終戦の1年以上前に完成して高性も確認済みで最終的に35機生産されたのに、あっちこっちからの試作とテストが要されて、結局一度も実戦に参加しなかった(しかも終戦後に試乗した連合パイロットから絶賛された)Do335よりはもったいなさ度は低い
59 ななしのよっしん
2021/12/04(土) 11:51:06 ID: bsLtLDuTAu
レスにもあるように艦これには登場してるけどああいう装備アイテムとしてではなく、自分でフライングパンケーキ操縦できるゲームってないんだろうか
60 ななしのよっしん
2022/04/07(木) 07:29:54 ID: KRKKZ5fBhK
>>59
遊ぼうストライカーズ1945II
61 ななしのよっしん
2022/07/30(土) 19:02:27 ID: uuaC64VT8n
>>59
https://youtu.be/D427mxb0aPsexit