今注目のニュース
地理に弱い声優・江口拓也、「伊豆ってどこ? 神奈川じゃないの?」と珍発言連発
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題
『ストリートファイター』シリーズより神月かりんがBISHOUJOシリーズで立体化

ぽっぷるメイル単語

ポップルメイル

掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ぽっぷるメイルとは、日本ファルコムより発売されたアクションRPGである。

概要

1991年12月20日日本ファルコムよりPC-8801版が最初に発売された。

ゲームの基本は、トップビューのマップ画面から冒険に向かうダンジョンを選択し、ダンジョンに入るとサイドビューのアクション画面に切り替わる。

ストーリーが進むと行ける場所が増え、ステージクリアー後はイベントCGで会話が進む。

戦闘は敵への体当たり攻撃の他、武器を持ち替える事で遠距離攻撃も出来る。

ゲーム開始時は主人公一人だけだが、ストーリーが進むと仲間が増え、最大3人のキャラクターを切り替えて操作出来る様になる。
プレイヤーキャラクターは、接近戦が得意な主人公、遠距離戦が得意な魔法使いジャンプがある怪獣、と言った具合にそれぞれ個性があり、ゲーム自由に交代出来るので、ダンジョンや敵に応じてこの3人を使い分けて行く事になる。

ファルコムの作品中でもメディアミックスが特に盛んな作品の一つであり、サウンドドラマCDが7作も発表されている。一方で過去作を時代時代に合わせた技術・作リメイクすることを好むファルコムの作品にはしく、本作については2014年現在直接のリメイク作は存在しない。

移植・リメイク作

 PC-9801版

 1992年5月22日日本ファルコムから発売。

基本的にはPC-8801版の移植であり、グラフィックが強化された。

 家庭用ゲーム機移植・リメイク作

家庭用ゲーム機向けはそれぞれ独自のアレンジが施され、同じタイトルだが3機種とも異なるゲームになっている。

 メガドライブ(メガCD)版

1994年4月1日セガから発売。

ストーリーはほぼパソコン版と同じだが、ゲーム中のグラフィックが一新されキャラクターが大きく表示されるようになった。
接近戦の攻撃が体当たりではく、を振るように変更。
オープニングイベントCGメガドライブ版独自のものに差し替え。
イベントシーンボイスが入った。

 スーパーファミコン版

1994年6月10日日本ファルコムから発売。

パソコン版とは様々な面で大きく異なり、3機種の中では最も独自色が強い。
グラフィックが一新されたが、メガドライブ版とは異なるグラフィックになっている。
主人公を振って攻撃し、下突きや、しゃがみ攻撃等アクション性が強化された。
スーパーファミコン(以下、SFCと略す)版独自のキャラクターが追加されシナリオが大幅に変更された。
ステージクリアー後のイベントCGくなり、エンディングCGSFC版独自のものになっている。
BGMパソコン版とべてくなった曲もあるが、替わりに新曲が追加された。

 PCエンジン版

1994年8月12日NECホームエレクトロニクスから発売。

基本的にはパソコン版の移植になり、ゲーム中のグラフィックもほぼ同じ。ただし、オープニングイベントCGPCエンジン版独自のものに差し替え。
新規のステージが3つ追加され、それに伴いストーリーに多少の変更が加えられている。
イベントシーンボイスが入ったが、メガドライブ版とはCVが違う。
BGMの多くがCD演奏されるようになった。

主な登場人物

以下、CVサウンドドラマ版における配役を述べる。

プレイヤーキャラクター

サブキャラクター 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP