エド・フェニックス単語

エドフェニックス

3.6千文字の記事
掲示板をみる(731)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(12)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

イヤッッホォォォオオォオウ!」  --エド・フェニックス(2004~2008

プロの概要、見せてやる

エド・フェニックスとは、遊戯王GXの登場人物である。 CV石田彰吉田麻子(幼少時代)。

遊戯王GX第2期シリーズで初めて登場したプロデュエリストにして、デュエルアカデミア新入生。なのだが、プロデュエリストとしてのスケジュールが多忙なため、アカデミアには滅多に姿を見せない。

を被るのが得意で、遊城十代との初対決では如何にも後輩イメージを作っていた。
だがその本性はキザかつ自信過剰、十代のE・HEROを見下し自らの持つD-HEROこそが「HERO」「D-HEROえるヒーロー地球上には存在しない」と信じて止まない程の絶対の自信を持つ。そのため最初は十代をHERO使いと認めずザコと見下していたが、新HEROE・HERO ネオス」に敗北した後は彼を次第に認めるようになっていった。

当初は十代と同じくE・HEROを使用していたが、そのの使用カードは十代の操るE・HEROとはまた違うHEROD-HEROデステニーヒーロー)」の使い手。
(断っておくが、「デステニー」こそが正しい読みであって「デスティニー」ではない)
しかし、劇中ではなぜか「ディーヒーロー」とよぶ。理由として、D-HEROのDには「Destiny」「Destroy」「Death」「Dark」などの意味があるからだと思われる。
また、中二病の気があるのかモンスター効果の事を「エフェクトモンスターエフェクト)」、墓地を「セメタリー」と呼ぶなど、英語の言い回しが好きなようである。
(しかしその割に「Are you ready?」との問いかけに「うん!」と応えたりもしている)
そして十代もそれに触発されたのか、彼もまた後に自らのE・HEROを「イーヒーロー」と呼ぶようになっていくのだが。

ちなみに上記のカード達は全て、かつてペガサスの元でカードデザイナーとして働いていたエドの父親が生み出したカードなのだが、幼少時代にを何者かに殺され、をとるためにD-HEROを使ってプロ世界で戦い続けていた。
なおの死後はの知り合いであるというプロデュエリスト・DDを後見人・保護者とし、プロ世界へ進んだ後は友である斎王琢磨マネージャーに据えて活動している。

 

ほかにも、航空機からダイブして奇を発するのが得意技である。
イヤッッホォォォオオォオウ!

 

初登場の第2期では購買の余り物で構成した適当デッキで十代をあしらったり、プロリーグで快進撃を続けていたカイザーを大舞台の上で叩きのめしヘルカイザー覚めさせるきっかけを作った、そしてメディアを通して十代に宣戦布告するなど、やりたい放題な活躍ぶりを見せる。
エドがアカデミアへやって来たのもマネージャーである斎王の命であるのだが、斎王の行動に疑問を持ち始めるとやがて対立していくようになり、一度は袂を別つ。続く第2期大詰めでエドが自分の保護者であるDDこそが父親である事を知ると、DDとデュエルを果たし彼を破って父親の形見であるBloo-Dを取り戻すことに成功する。
その後、Bloo-Dを新たに迎えたデッキの波動に取り込まれた斎王にデュエルを挑むが・・・

その後、第3期では「友(斎王)を救ってもらった借りを返すために、今度は自分が十代の友(ヨハン)を救おう」と十代達と共に異世界へ赴き、オブライエン覇王と化した十代を救う過程で彼を支援した。ちなみにここではかつて自分がプロリーグ膚なきまで打ち負かしたヘルカイザーと度々共同戦線を展開しているが、過去恨はお互い持ち込んでいない模様。そして本編中でもエド自身が述べているように、ヘルカイザー共々第3期辺りから本作におけるダークヒーローとしての立場を確立していくようになる。

前述のように彼は「プロデュエリスト」なのだが、ゲームタッグフォース2」内ではその思考ルーチンのせいで非常に弱かった。そのためにプレイヤーからは「プロ(笑)デュエリスト」と呼ばれていた。しかし、最新作「タッグフォース3」では非常に強な効果を持つ最後のD-HERO、「Dragoon D-END(ただし、D-HEROの名を持たぬため、厳密にはD-HEROではない。)」をチェーンマテリアルフュージョンゲートの二枚を組み合わせる事により大量展開。「プロデュエリスト」の名に恥じない強さを手に入れ、汚名を見事返上してみせた。

ちなみに彼の使うD-HEROと名の付くモンスターは、Bloo-Dを除いて全てのモンスター名前が「D」から始まる(デビルガイダイヤモンドガイ、ドレッドガイなど)。
また、当初Bloo-Dを所有していたDDを含め、Bloo-Dが召喚されたデュエルは(途中経過が省略されているものを除き)全て敗北しているため、Bloo-Dは社長究極嫁に並ぶ「敗北フラグ」「死亡フラグ」として良くも悪くも定着している。

 

そしてGXの放送終了から数年後、シリーズ5作となる「遊戯王ARC-V」にスターシステムとしてゲスト出演した。この作品では融合次元デュエリストアカデミアエクシーズ次元派遣軍の総司令官として登場。アカデミア席で卒業後、エクシーズ次元に侵攻する派遣軍の総司令官に任命されており、その実の高さは同じアカデミア紫雲院素良からも一置かれている。プロフェッサーから賜った大きなマントを引く独特なアカデミア軍服を着用している。また、この姿の下にはGXの頃のグレースーツを彷彿とさせる制服も着用しており、同時期のOCGブースターパック「ブースターSP-デステニー・ソルジャーズ-」の表ではこの姿で登場している。

環境の違いからか、今作ではアカデミアに忠を誓う冷デュエリストとして描写されており、後述の理由から榊遊勝に対して敵意を向けている。しかし、他のアカデミア生徒とは異なり別次元の人々に対する差別意識はあまり見られず、最初に遊矢と会った際も、(遊矢が遊勝の息子だとは知らなかったとはいえ)父親を探している遊矢に「なら探せるかもしれない」と提案しており、良識的な面も持ち合わせている。

かつてエクシーズ次元へ侵攻した際に榊遊勝と遭遇しており、彼のモットーである「デュエル笑顔」を否定。アカデミアの教えこそが正義であることを明すべくデュエルするが、遊勝のエンタメデュエルの前に敗北してしまう。アカデミアの教えを否定され打ちのめされたエドに、遊勝は《スマイル・ワールド》のカードを差し出すも、エドはこれを破り捨てて拒絶した。この事件を機にエドはエンタメデュエルを否定するべく遊勝の事を追っており、破り捨てられた《スマイル・ワールド》の半分を手がかりに、エクシーズ次元侵攻の合間を縫って彼のことを探している。その最中ハートランドにいた遊矢の前に現れ、遊矢が遊勝の息子だと知るや否や、遊勝をおびき出すいい機会として遊矢とデュエルすることになった。

1回デュエルは《ダークレクイエムエクシーズドラゴン》の攻撃を《D-HERO ダイナマイトガイ》の効果を使用して自滅する形で引き分けとなり、一時撤退した。だが、エンタメデュエルの否定に執念を燃やすエドは、タイラー姉妹を下した遊矢に再び現れ2回デュエルを申し込む。

1回デュエルとは異なり、フィールド魔法チェーンデスマッチ》によって周囲を封鎖し、お互いのデュエルディスクワイヤーで繋ぐ事で遊矢のアクションカードを対策。D-HERO達の猛攻によって遊矢を追い詰めた。しかし遊矢のアクションカードを封じきれず、《ブレイブアイズペンデュラムドラゴン》の攻撃によって敗北。自分もデュエルを楽しんでいた事を思い出したエドは、遊矢のエンタメデュエルを認めた。その後、エクシーズ次元派遣軍の総司令官を辞任し、遊矢の仲間としてアカデミアに反旗を翻すこととなった。

使用デッキはGXの時と同じく【D-HERO】。こちらは融合召喚軸としたデッキとなっており、D-HERO初の融合モンスターである《D-HERO ディストピアガイ》をエースとしたビートバーン戦法をとる。なおGXでは「ディーヒーロー」と呼んでいたが、今作では「デステニーヒーロー」とOCGに準拠した読み方になっている。

プロの関連動画、見せてやる

 関連動画は「イヤッッホォォォオオォオウ!」のページも見るべし。

プロの関連商品、見せてやる

プロの関連項目、見せてやる

この記事を編集する

掲示板

  • 729ななしのよっしん

    2023/01/28(土) 08:25:39 ID: iC4xhbmIoI

    自分も良いと思います
    確かに色々とありましたが
    OCGにはD-HERO ディバイガイ人気の高いカードを供給したキャラですし

  • 👍
    3
    👎
    2
  • 730ななしのよっしん

    2023/01/28(土) 17:56:32 ID: GxrTNUO74t

    ご意見ありがとうございます。見た所反対意見がさそうなので今いっぱいまで様子見て追記しようかと思います。
    1/31の23:59まで期間をけて、特に反対意見がければそのまま追記します。よろしくお願い致します。

  • 👍
    1
    👎
    1
  • 731ななしのよっしん

    2023/02/01(水) 02:03:13 ID: GxrTNUO74t

    日経ちましたが、反対意見が見られないので上記の通り追記しました。意見をくださった方々ありがとうございました

  • 👍
    2
    👎
    1

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/02/05(日) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2023/02/05(日) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP