コナミアミューズメント単語

コナミアミューズメント

  • 2
  • 0
掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

株式会社コナミアミューズメントとは、コナミグループの一会社である。に、アーケードゲーム・遊技機(パチンコパチスロ)を担当する。

関連する事業であれば庭用・業務用を問わない他、ゲーミングPC製造部門など一部庭向けハードウェア関係も担当する。

概要

株式会社コナミデジタルエンタテインメント アーケードゲーム事業と、高砂電器産業株式会社を合わせて生まれた会社である。

2016年8月5日高砂電器産業がコナミアミューズメントとなり、11月に吸収分割される形でアーケードゲーム事業が入った。本格始動は11月以降である。

2017年4月1日には、KPEと旧高砂電器産業株式会社が共同出資し、KPE高砂電器産業の各営業部門を移管した「KPE・高砂販売株式会社」を吸収合併している。そのため、4月1日以降はKPE作品もコナミアミューズメントを通じて供給されている。

事業再編以降の開発商品・アップデートは、順次コナミアミューズメント名義に変更されている。

事業再編理由

2016年8月5日付けで発表された理由としては、「BtoB」の事業を一本化することによって合理化をす、というものがある。また、アジア地域向けの開発・研究を見据えた合併である、とも書かれている。

しかし、第一報発表と同日付けで、コナミグループ内で生じていた借50億円分の帳消しも発表されている。こちらは、電子マネーPASELI」を継承するにあたり、累積欠損を減少させて、純資産額1億円以上という条件を満たすため行われたものだと発表されている。この借高砂電器産業株式会社が発生させていたものであり、帳消しするためにこの再編を行った可性も少なからずある。

主な作品・事業

以下、本格始動(2016年11月)以降も新規開発・バージョンアップされているシリーズのみを掲載する。旧高砂電器産業については、商品一覧で、最下部に「コナミアミューズメント」と表記されているものを対とする。

旧コナミデジタルエンタテインメント(アーケードゲーム事業)

高砂電器産業

マジカルハロウィン6より以前のKPE作品は、大百科記事『KPE』などを参照。

新規事業

関連リンク

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/01/26(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/01/26(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP