今注目のニュース
よく言った!ワイドナショー生放送で松本人志が発言!他局が報じない「宮迫と田村亮」謝罪会見に言及にネット絶賛
「身内優遇独裁政権」はここまで社会を壊す。ベネズエラ、4人に1人の幼児が栄養失調
「早く食べなさい!」で早食い…親の曖昧な指示に子どもは戸惑う、具体的に伝えよう

プロヴィデンスガンダム単語

プロヴィデンスガンダム

掲示板をみる(160)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

プロヴィデンスガンダムとは、機動戦士ガンダムSEEDに登場するモビルスーツである。
形式番号はZGMF-X13A

概要

ラウ・ル・クルーゼ最後の専用機で、ガンダムSEEDラスボス機体。プロヴィデンスには「意」、「摂理」、「天帝」といった意味がある。

フリーダムガンダムジャスティスガンダムとともに製造されたザフトの最新鋭機。兄弟機のフリーダムジャスティス同様にニュートロンジャマーキャンセラーが搭載され、稼働時間に制限がくなっている。加えて、地球軍から強奪したGAT-Xシリーズの技術もふんだんに盛り込まれ、本体はフェイズシフト装甲で覆われている。
また、フリーダムが使用するルプスビームライフルを更に強化したユーディキウムビームライフル、そして他の兄弟機にはドラグーンシステム(他のガンダム作品で言うファンネル)を装備しており、武装面・稼働面・防御面において従来機をかに上回る最強モビルスーツとなった。

しかしドラグーンシステムは卓越した間認識を持つ人間にしか扱えない代物であり、当然、その素養が運用に不可欠な機体となってしまった。ザフト間認識を持つのはクルーゼのみなので、実質クルーゼ専用機となる。
そもそもドラグーンシステムは、当初の予定では装備されない予定であった。急遽ドラグーンシステムを備え付ける事になったため、“ドラグーンシステムの通信ケーブル”という非装甲部分、すなわちある種の弱点を外部に露出している形となってしまっている(実際はケーブル部分までPS装甲化しているため、いうほどの弱点ではない)。さらにドラグーンシステムを装備したことで、兄弟機とべて運動性が少し劣ってしまっている。
もっとも、それらの欠点を差し引いても、ドラグーンシステムがもたらした攻撃は破格のものだった。死から数に放たれるビームの驟は一般兵に避けられるものではなかった。一のうちに数機のモビルスーツを葬る事が出来、中には自分が撃破された事を理解する前に戦死したパイロットも居たという。ビームの網を形成してプロヴィデンスに向かってくるミサイルを打ち落とす使い方も可
格闘戦もこなせるが、ビームサーベルが内蔵されているは取り回しを優先したため小化されておりとして使用するには難しい。そのためか劇中でクルーゼがこのを使用したのは一回だけであった。

なお、プロヴィデンスの後継機としてレジェンドガンダムが製造された。

劇中での活躍

48話終盤に初登場。ヤキンドゥーエ内部に格納されており、出撃するクルーゼに引き渡された。ちなみにクルーゼプロヴィデンスの対面は今回が初めてで、ぶっつけ本番での出撃となった。

クルーゼの専用機として第二次キンドゥーエ攻防戦に参加。初めて搭乗したにも関わらず、それを感じさせない動きを見せ、ストライクダガー3機をドラグーン殺して視聴者に衝撃を与えた。
続いてムウ・ラ・フラガ駆るエールストライクガンダムと交戦。ドラグーンシステムの攻撃を回避されながらも損傷を与え、撃退している。その後ストライクダガー数機を葬り、次なる標的をアークエンジェルに定める。アークエンジェルを守ろうとバスターガンダムが撃ちかけてきたが容易く回避し、反撃のドラグーン時に中破させた。

そこへフリーダムガンダムが駆けつけ、ついに一対一の最終決戦が始まった。プロヴィデンスは圧倒的な戦闘を発揮し、ミーティアの攻撃を悉く効化。ドラグーンシステムを巧みに操ってミーティアを全損させた他、フレイの乗った脱出艇を撃ち抜いている。脱出艇の爆発に巻き込まれたフリーダムを見て、クルーゼは戦域を離脱。次なる獲物をめて飛び去っていった。

クルーゼは次にエターナルとクサナギに狙いをつける。ドラグーンを展開し、網状にビーム弾幕を形成。護衛のM1アストレイをまとめて葬り、エターナルとクサナギにも損傷を与えた。エターナルにこれ程の損傷を与えたのは後にも先にもクルーゼだけである。
エターナルトドメを刺そうと接近するも、フレイの死により種割れを起こしたキラの妨に遭い戦と舌戦を繰り広げた。まさにラスボスに相応しき強さを振るい、ビームライフルを腕ごと貫いたり右脚を破壊するなどフリーダム満身創痍に追い込んでいったが、キラ人じみた反応速度ドラグーンを次々に落とされ、プロヴィデンスも左腕を吹き飛ばされる。最期はジェネシス発射口前でラケルビームサーベルによってコクピットを貫かれた。直後にジェネシスが発射されプロヴィデンスクルーゼは爆散した。

ちなみにジェネシス地球に向けて発射され、フリーダムを撃破した後、クルーゼプロヴィデンスプラントを破壊して回るつもりだったらしい。

漫画では

高山瑞穂ガンダムSEEDでは、少し結末が異なる。瑞穂版では一貫してプロデンスと呼ばれていた。

原作同様にフリーダム一騎打ちし、満身創痍へと追い込むプロヴィデンス。あと一歩というところまで追い詰めたが、思わぬ横が入る。なんとメビウスゼロで出撃してきたムウが介入し、ガンバレルを展開。クルーゼは旧式だと侮るが、ムウの執念で有線ガンバレルに絡め取られ、身動きが取れなくなる。ムウは自分ごとクルーゼを撃てとキラに言うが、キラする。ためらうキラに、クルーゼは「とんだ甘ちゃんだな」と微笑み、残っていたドラグーンを使ってフリーダムを攻撃する。しかしムウに叱され、覚悟を決めたキラバラエーナでムウごとクルーゼを撃ちぬき、プロヴィデンスを撃墜した。

「ハッ!!」
「それでいい、坊主・・・!」

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/21(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/21(日) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP