今注目のニュース
「値段の割に音質がいい」ワイヤレスイヤホン。初心者にもオススメの理由
中食増加で気になる…子どもの「塩分摂取量」、適量はどれくらい? 過剰摂取で異変は?
頭皮は○○より臭いって!?あなたの知らない頭皮のアレコレ

ボロディン(銀河英雄伝説)単語

ボロディン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(57)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ボロディンBorodin)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。

CV.池田勝石黒監督版)、木村雅史Die Neue These

概要

宇宙796年8月時、自由惑星同盟軍第12艦隊官、中将。最終階級は元帥自決後特進)。
しばしば第一〇艦隊ウランフ中将と並び称される、充分に円熟した用兵とされる。

石黒監督OVAにおける旗艦は<ペルーン>。クリーム色で短めの紳士然とした貌に設定される。
Die Neue These」における旗艦は<ケルヌンノス>。褐色襟首でまとめ、同色のを蓄えた貌。

経歴

宇宙794年、第12艦隊を揮してヴァンフリート域会戦に参加。
ヴァンフリート4=2周辺で帝国隊と戦闘に突入した第5艦隊の援護としてその後方に展開するも、形再編中に更に後方から駆けつけた味方によって狭い宙域内で身動きがとれなくなり帝国軍ともども乱戦にもつれ込む結果となった。

ちなみに、石黒監督OVA外伝「千億の、千億の」ではこの時、駆けつけたのは第8艦隊であるとディスプレイスクリーンに表示されているが、この第8艦隊、官含め他のシーンで一切登場しておらず、また既に第5、第6、第12の三個艦隊が明示的に参加していること(同盟軍は三個艦隊での動員が多い)、OVAでの第8艦隊は次の第六次イゼルローン要塞攻防戦にも明確に参加していることなど、色々とこの戦いでの存在が怪しい。

宇宙796年、帝国領侵攻作戦に参加。
進出先で補給を絶たれ、帝国軍の反攻(アムリッツァ前戦)に際しルッツ艦隊の急襲を受ける。その結果、艦隊は旗艦の周辺にわずかに砲艦8隻が残る状況にまで戦い抜いたすえ戦闘続行も脱出も不可能となり、ボロディンブラスター自殺を遂げた。残された艦艇はコナリー少将揮権を引き継ぎ降伏している。

戦役終結後、ウランフとともに元帥号を追贈された。

能力

ウランフと並び称される勇将であり、ヤン・ウェンリーアレクサンドル・ビュコックにも悔やまれる名将……のはずなのだが、如何せん一番立つのが艦隊壊滅からの自決シーンなので、「この人実は無能じゃね」とか思われていたりする。心外である。

実際の所、ヴァンフリートでの戦いでは『艦隊戦を行うには狭すぎる』宙域で戦闘するにあたり、一旦部隊を後方に下げ再編成、巧妙に両形を広げようと試み、ほぼ成功させている。実際には後方からの援軍殺到によって不本意な乱戦を余儀なくされたとはいえ、彼のの一端を示すものであろう。

いっぽう彼のるにあたりしばしば言及されるのは「アムリッツァ前戦での文字通りの全滅である。最終的に「旗艦の身辺わずか八隻」の状況に至ったことをもって「兵士為に死なせた」と糾弾されることもあるが、だがちょっと待ってほしい

ボロディンが本当に誇されたものであり、無能ゆえに前途のない戦闘で艦艇を続行したのだとすれば、一万隻を越える正規艦隊が一桁になるまで組織的行動を維持して戦闘を続行するなど不可能であろう。士気の面から見ても、あるいは揮系統から見ても、よりい段階でほとんどの艦艇が個々に逃走を開始し、官がどれだけ艦隊をまとめようとしてもせいぜいが個艦による散発的な反撃が残るのみとなったはずである。
であれば、むしろアムリッツァ前戦におけるあの状況は、初めはルッツ艦隊に対しっ向から会敵したにせよ、補給を喪い戦的にも拮抗がいいところの状況では第12艦隊が撃退ないし勝利に至るのは不可能に近く、自艦隊同様の事態に陥った味方の援軍も期待できなかったことから、できるだけ多くの味方を脱出させるべく、旗艦を中心に少数が遅延戦闘を行ったその終末段階ではないかと推察される。

また、石黒監督OVA関連の設定では、第12艦隊はそのナンバー数からも分かる通り、同盟軍の中でも創設時期が較的遅い一団(帝国領侵攻時で創設から約24年)とされているが、そのためか、「砲艦を多数配備した強火力」を持ち「遊撃兵団」としての性格を強く打ち出した、言わば個性的な編成がされていたとも言われる。
だとすればそうした艦隊の個性が、敵領深くに分け入って動かず、単独で拠点を防衛すると言う困難な任務の遂行にどのような影を与えていたか。もっと言えば、果たしてボロディンと言う官の性格と艦隊の性格がどの程度マッチしていたのか。そうした面についても検証しなければ、この時の戦い一つとっても全体像を見通すことなぞ出来ないと言うのが実際のところであろう。

結論としては、最後の自決しか描写がなかっただけで、あるいはウランフ中将の第10艦隊並の戦闘の末に自決を選んだ可性は十分にあるといえる。もちろん彼のが誇大評価されている可性を否定するものではないが、簡単な推察だけで彼への評価が正当なものであると十分にいうことが出来る以上、闇矢無能扱いするのは避けたほうが良いだろう。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 55ななしのよっしん

    2017/02/01(水) 21:22:38 ID: SODHTmmwRi

    ここのスレアップルトン(銀河英雄伝説)コメント38で、
    >ビュコックの第5艦隊はヤンの相談を受けて撤退準備してたのに3割も失った。
    >爺さんく「撤退準備をしていた々でもこの有様、他の艦隊はダメかな・・」
    を見て思いました。
    『撤退準備』の中には『分散している部隊』の集結も入っていたんだなと。

    あとは、同盟側は補給の心配もあるでしょうね。
    の前の敵艦隊だけと戦えば良いという情報がないから、どうしても弾などを惜しまなくてはならない。
    じゃんじゃん撃って動いて、駄なら退いても良い帝国側とは出せる勢いが違うはず。
    この辺は戦闘以前に情報で負けている――アスターテと同じでした。

  • 56ななしのよっしん

    2017/03/12(日) 07:48:16 ID: 7ul//4N5S/

    実際、ビッテンフェルトがポカした後フォローに入る艦隊が(キルヒアイス到着まで)なかったわけで、予備兵スカスカだったろうな。
    んで、「以後通信を切れ。わが軍の窮状が知られる」と示してることから、それこそロボ元帥が「(後先考えず)ここで一矢報いて後、撤退する」と自分が前線に来て総揮とってたらヤバかったくらい、アムリッツァ本戦は実は同盟の方が有利だったのかも。

  • 57ななしのよっしん

    2019/03/22(金) 19:25:27 ID: I/8ZDqjfrJ

    ボロディンは第4次ティアマトラインハルトに側背に回られた部隊
    つまり一番損が大きいと考えられる部隊で、アムリッツアはそこから1年経たないから、部隊の補充と訓練が十分でない状態で遠征した可性がある
    補給不足とも併せてそのせいで惨敗した可性が考えられる

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/18(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/18(金) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP