今注目のニュース
2001年に買った商品の価値は今? テレビ、クルマ、腕時計…
実写化が期待されるマンガ6選…マンガ通なら知ってて当然!?
『ドラクエウォーク』人気に潜む3つの懸念。真の覇権ゲームになるには…

マヴァール年代記単語

マヴァールネンダイキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

マヴァール年代記とは

田中芳樹による東ヨーロッパ世界舞台にした架歴史小説
角川書店カドカワノベルズ刊。現在は創元推理文庫より刊行中。

ヴァー帝国とその周辺を巻き込む戦乱の時代を、三人の主人公を中心に描いた架歴史ロマン小説である。

あらすじ

大陸東部から流れ着いた騎民の・マヴァール。三十におよぶ州からなるヴァー帝国は、氷の地に強大な国家を築き上げていた。そのを支えるのは、初代征アルパードの六人の友を祖とし、それぞれ十州とともに皇帝の選出権を持つ選(マグナート)の領、すなわち(ドルグレイヤ)(テイグネットアルトクリーフ)サインボルフ)(スパルコーア)カーヒルプ)の六であった。

時は征アルパードより24代を累ねた皇帝グルカーンボグダーン2世の治世末期
ボグダーン2世の三男カルマーン大公は26歳。秀麗にして英武を知られるすぐれた将軍であったが、疑心のはてにふたりのを精的に追い詰め死なせた老圧迫に耐えかね、衝動的にを殺殺しの罪悪感から、位をめぐる権闘争、そして血みどろの戦乱へと突き進んでゆく。

いっぽう、同い年のヴェンツェル旧友カルマーンを支持する選として活動する。しかし、繊弱な子然とした貌の影に強な知性を隠し持った彼は、カルマーンがを弑逆した事実を察知しており、戦乱の予感雄たるの野心をもたげさせつつあった。

そしてこのふたりの学友、丈高く実な騎士リドワーン。妻を亡くし、政事に振り回された彼は息子パールを連れて故地・虎を出奔し、都オノグールに現れる。ヴェンツェルに迎えられた彼はそので武芸に優れ闊達な佳人、アンジェリナと出会い、やがて肩を並べてマヴァール内外の戦乱を駆け抜けることとなる。

大陸10912月。マヴァー帝国を囲むのは、エルデイ、ツルナゴーラ、クールラント、ウルガールらの各
ボグダーン2世の崩御を機に、各各人の数の野望は、戦乱となってマヴァールの内外へと広がっていく……。

各巻一覧

蔵版では全三巻の合本とされ、創元推理文庫版でも同様に『マヴァール年代記(全)』一冊として刊行されている。

カセットブック版

過去カセットブック版が発売されたことがある。

キャスト松本保典カルマーン)、堀秀行(ヴェンツェル)、島田敏(リドワーン)、玉川紗己子アンジェリナ)、田中秀幸ナレーション)など。

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2017/08/29(火) 23:40:17 ID: UYzl2wMCb5

    個人的にアルスラーン戦記よりもこちらをお勧めしたい
    全盛期田中氏が完結まで書いただけあって間違いなく戦記物としての完成度はこちらがずっと上

  • 2ななしのよっしん

    2017/10/04(水) 11:24:56 ID: ywlX/UX6DA

    序盤からバッタバッタと名前ありのキャラが死んでいく。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 17:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP