今注目のニュース
山本太郎の新党・れいわ新選組、1ヶ月で寄付金1億以上が集まる 各界から支援の声も
高齢者運転、7つの掟……「逆キツネポーズ」ができない人は要注意
セカオワSaoriがオムツ交換台に疑問 「なぜ男子トイレにないの?」との意見に共感が相次ぐ

ダッソー・ラファール単語

ダッソーラファール

掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ラファール(Rafale)とは、フランスで開発された多戦闘機マルチロール機)である。

概要

カナードデルタを組み合わせたたクロースカップルドデルタの形状をとっており、インテークが独特の丸みを帯びているのが特徴。

レーダー反射断面積が考慮され、多少のステルス性があるとされる。

またSNECMA社の開発したM88エンジンが搭載され、アフターバーナーなしで音速巡航(スーパークルーズ)できるほどの性がある。

現在軍向けの空母艦載機であるMが重点的に生産されている。

開発経緯

1970年代末に欧州戦闘機欧州共同開発計画が持ち上がり、フランスは当初イギリスドイツらなどと共にこの計画に参加していた。しかし、陸上発進戦闘機としてのみの運用を考えていた他の欧州とは違って、フランスはこの戦闘機空母からの発進も可な艦載機としての機体サイズ、運用性をめた。

また、フランスSNECMA社は経営状態が思わしくなく、この開発計画に自社のエンジンを乗せられるかどうかに会社の存亡が懸かっており、フランス政府SNECMA社を守るためにこのエンジンの採用を提案した。しかし、他の欧州はより高性な共同開発エンジンを乗せることで話がまとまっていた。

以上のようなすれ違いから、フランス戦闘機共同開発を脱退し、独自に戦闘機の開発に着手することにした。なお、フランスが脱退した共同開発計画で後に開発された戦闘機EF-2000となる。

こうしてフランスは共同開発計画を脱退し独自に戦闘機開発を始め、開発は順調かつスムーズに進んでいった。開発が進みラファールと名付けられたこの戦闘機の試作機は1986年7月に初飛行をし、量産型の運用が2002年12月に開始された。

関連動画

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 106ななしのよっしん

    2019/02/14(木) 23:14:02 ID: NObuezugKt

    見たが好きなだけじゃ来ちゃいかん場所なのか?

  • 107ななしのよっしん

    2019/02/15(金) 10:35:13 ID: elthG7qDAO

    フランス機とロシア機は美人さんが多い。

  • 108ななしのよっしん

    2019/02/28(木) 17:36:20 ID: cW7LvFSwe8

    初飛行から実戦配備まで16年なのか
    順調に行っても戦闘機の開発は難しいもんだな…

    シャルル・ド・ゴールが有空母として活躍できたのもラファールの性によるものだろうし
    フランスとしては十分元は取れてるんじゃないかと思う

急上昇ワード

最終更新:2019/05/27(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/05/27(月) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP