今注目のニュース
ヒトならぬ豊満な肉体!背徳的で美しいお姉ちゃんは如何ーー『姉なるもの』より「千夜 悪魔style」のスケールフィギュアが登場
頭のいい人が「食べログ検索」で気づく真理
高価な皿を割り「終わったと思った」 絶望する子どもに養父がかけた言葉は…… 漫画「初めて思いやりを知った話」に反響

後鳥羽天皇単語

ゴトバテンノウ

掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

後鳥羽天皇(11801239、在位:11831198)とは、日本の第82天皇である。諱は尊成。

承久の乱を起こした天皇として知られており、その当時院政を行っていたことから、歴史の教科書では後鳥羽上皇と表記することが多い。

概要

百人一首99番の作者高倉天皇の第四皇子で、安徳天皇の異

生後間もなく、高倉院を病で失う。一門が木曾義仲に追われて都落ちする際、安徳天皇と同の守貞親王(後高倉院)が連れ去られてしまったため、天皇が不在という事態に陥り、朝廷は新たな天皇を即位させることが急務となった。彼には第三皇子である異の惟明親王がいたが、尊成親王は利発で、後白河院によく懐いたことから、彼が数え4歳で天皇の座に就くこととなる。これにより、西には安徳天皇、都には後鳥羽天皇と、南北朝時代に先駆けて2人の天皇が存在し、なおかつ三種の神器しに即位するという異例な事態となった。なお、義仲は以仁王の子・北陸宮を天皇に推挙したため、後白河院と対立。これが原因で、義仲は後白河院源頼朝の命を受けた源義経・範頼に討伐されることとなる。

1192年に後白河院が崩御すると後鳥羽天皇は親政を行うが、天皇の岳となった土御門親が九条兼実を失脚させて権勢を振るい、彼が本格的に政治の実権を握るのは通親の死後となる。この時彼は既に天皇の座を退き、院政を行っていたが、北面の武士を設置した白河院に倣って、後鳥羽院は自らの親衛隊である西面の武士を設置したり、村上天皇の御世に一度中断した和歌所を復活させ、藤原定家らに命じて勅撰和歌集「新古今和歌集」を制作させるなど、文武ともに精的に活動した。

後鳥羽院は歴代天皇の中でも、特に多芸多才の持ちだったと言われている。今様好きだった後白河院の御世に一時停滞気味だった、和歌の歌壇を再させただけでなく、自らも優れた歌人であった。さらに管弦・書画などの芸や、弓道相撲水泳などの武芸の才にも恵まれていた。彼が特に好んだのはの鍛造であり、お手製のを何本も臣下に与えたという。後鳥羽院は自身の衣服や調度品、に菊の御紋を付けたため、臣下は遠慮して菊の紋を使うのを止めるようになった。こうして皇室は菊の御紋として定着したのである。

当初、朝廷鎌倉幕府との関係は安定しており、三代将軍・源実朝は後鳥羽院の従妹を正室に迎えている。しかし、実に暗殺されたことからこの均衡は崩れることとなる。実の死によって源氏将軍は三代で途絶えてしまい、鎌倉幕府は北条氏をはじめとする御人が名実共に実権を握るようになった。これを警した後鳥羽院は(他にも内裏の建造費用や、後鳥羽院の寵の所領問題などが複雑に絡み合って)、1221年に執権北条義時追討の院宣を出し、京都守護を攻略した。しかし、鎌倉幕府は北条政子演説一致団結した鎌倉武士団がへ攻め寄り、わずか一ヶ朝廷方は敗北する。これが承久の乱である。

この乱により、後鳥羽院は隠岐へ流罪となり、子の順徳院をはじめ多くの貴族が重罪に処せられた。院は流される直前に出したが、遇をみながら、数え60歳で失意の内に崩御した。20年近い配流生活の間、後鳥羽院は和歌作りに勤しんでいたようで、その中でも「われこそは 新島守よ 隠岐の海の 荒き波 心して吹け」は強気な和歌として知られる(負け惜しみに聞こえなくもいが・・・)。彼もまた、崇徳院のように霊になったと言われており、四条天皇の不慮の事故死は彼の祟りだと噂された。その一方、民からは慕われ、隠岐の住民からは今でも敬されている。

百人一首では「人もをし 人も恨めし あぢきなく 世を思ふゆゑに もの思ふ身は」の和歌が選ばれている。天才肌だった分、後鳥羽院は気性のしい性格だったらしく、同じく苛な性格だった藤原定家とは後年、険悪な関係になってしまったと伝えられている。この歌からは、朝廷をないがしろにする幕府との轢から、ストレスや心労で情緒不安定になり、思うままにならないこの世の中への不満や憤りが感じられ、後に承久の乱を起こす彼らしい作品である。なお、定百人一首選定の直前に編纂した「新勅撰和歌集」には、幕府に配慮して在任となった後鳥羽院や順徳院の和歌を載せておらず、その代わりに百人一首でこの歌を載せたと考えられる。敢えて院の遇を嘆いた和歌を載せたことが、定の罪滅ぼしだったのかもしれない。後鳥羽院の詠んだ和歌が再び取り上げられるのは、定の子・藤原が編纂した「続後撰和歌集」になってからのことである。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

  • 14ななしのよっしん

    2016/07/30(土) 14:08:41 ID: nbed3PKC6g

    将軍個人のというより、北条が反北条の御人を次々に粛清して勢を拡大していたからなあ
    跡継の北条泰時はじめ北条一門は優秀だったし、後鳥羽上皇が待てば状況が好転するどころか悪化する見込みがあったんじゃないか?
    むしろ仕掛けるには最適のタイミングだったかもしれない
    上皇側に問題があったとしたら戦略よりも、北条導の鎌倉に対抗できる十分な軍勢は集めたのに戦ったら負け戦ばかりという戦術レベルの失態の方では

  • 15ななしのよっしん

    2017/04/14(金) 08:31:18 ID: pSOt8CmC2A

    >>その一方、民からは慕われ、隠岐の住民からは今でも敬されている。

    これは知らなかったな。もしかして今でも後鳥羽院にまつわる史跡が残ってたりするのかな?

  • 16ななしのよっしん

    2019/01/07(月) 11:11:44 ID: P9/pufMKZW

     安徳天皇君だという事実には意外と触れなれない。しかしこの時代は異常な時代だったと言える。治承・寿永の乱もそうだが、天皇が2人存在したり、しで即位する天皇が現れたり、承久の乱で上皇3人が配流され、天皇位されたり、天皇に即位した事のい親王が院政を行ったり、何よりも、武士による政治の支配が確立されたという冷事実が、それまでの常識を一変させたと言える。

急上昇ワード

最終更新:2019/08/18(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/18(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP