御家人 単語

4件

ゴケニン

1.1万文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

御家人とは、以下の意味のである。

  1. 人を意味する「人」に御を付けたもの
  2. 1が転じて、鎌倉幕府の将軍に仕える人を
  3. 2が転じて、室町幕府将軍に仕える、奉公衆などに編成されていない、お見え以下の
  4. 2が転じて、江戸幕府の将軍に仕える、旗本より下位の、お見え以下の

ここでは2について説明する。

概要

上にもある通り、要約すると鎌倉将軍人。しかし、ただの人よりは圧倒的に規模が大きく、所領の給恩を媒介している、という点で、日本史における従者集団としては一大画期にあたる。

そもそもの起としては、治承・寿永の乱序盤に、源頼朝が東武士反乱軍として組織したことにある。とはいえ、源頼朝所を直ちに設置して、システマチックにこれを展開。東にいた有を次々に叩きのめす。しまいには平氏追討のために、西武士をも御家人として取り込んでいき、御家人制は全規模になった、というわけである。

この御家人制の基盤となっているのが、源頼朝が所領を御家人に与えたというものである。とはいえ、ただの伊豆にいた流人が与えられるモノはない。ただし、敵対者を殲滅すれば、話は別である。かくして、尻上がり的に源頼朝の領域は広がっていき、御家人もネズミ算式に増えていった、というわけである。

とはいえ、問題となったのは時である。建久年間になると、が御家人かを明確化するために、御家人交名というリストが各で作成された。つまり、御家人が選別され、御家人制が整理されたのだ。もちろん、ここでもう一つ問題になったのが、本来全の土地は朝廷に属する人々が知行国制だの荘園制だので管理していたことである。そこで、このタイミング朝廷と土地の管理をどうしていくかとして話し合い、合意として発案されたのが、あの地頭制であった。

加えて、源頼朝以来の鎌倉幕府は、いつの間にかふんわりと全治安維持も任されていく。そこで御家人も鎌倉将軍に仕える治安維持組織とみなされていき、的な存在と化していったのである。そして、以後中近世を通して、御家人制を武士の基本的な在り方とみなす空気は共有されていったのであった。

御家人制よくある質問

Q1:武士はみんな御家人だったんですか?

違います。あくまでも鎌倉幕府に仕える武の惣領たちが御家人であって、その惣領に仕える郎従たちや、鎌倉幕府に仕えていない惣領たちは御家人ではありません。

なお、鎌倉幕府に仕えていない武士「本所一円地住人」をどうするか問題になったのが、元寇の後です。安達泰盛等がモンゴルの脅威の中、御家人以外も組織化して取り込もうとした安徳政を起こし、反発されたのが霜月騒動ともいわれています。

Q2:もしかして武士以外もいるのでしょうか?

います。有名どころでいうと大江広元三善康信あたりの文士の子孫が御家人です。他にも陰陽や医等の官人も仕えていったので、武士以外の御家人も案外います。

Q3:御家人にはどんな種類がいるんですか?

御家人に身分の差などありません。全員将軍の下に一列に仕える「仲間」ともいうべき存在です。

……という理想論が最後まで鎌倉幕府にはありました。とはいえ、幕府の下にある執権北条氏寄合衆評定衆北条氏に仕える御家人・御内人の上から二番格だった執事補佐、あたりが研究史上特権的支配層と呼ばれる存在であり、それに並び立つ足利氏、その下の守護級族、六波羅探題関係者、鎮西探題関係者やら大規模御家人から、従者さえおぼつかない弱小御家人に至るまで様々います。というか、先祖が御家人だったら足になっても御家人として認める方針でややこしくなったのが鎌倉時代末期です。

また、上にも書いた通り、源頼朝反乱序盤に加わった東御家人は、承久の乱あたりで西で御家人になった御家人が次第に消えていった結果、西遷御家人として落下的に一門を配置していったため、後世の武士は大体東御家人の子孫が多いです。

Q4:御家人は全員でどれくらいなのでしょうか?

ぶっちゃけわかりません。というのも御家人全員を載せた史料が残らなかったからです。

一応、不全なものとして、『六条八幡宮造営注文』という史料があるので、後でそれをリスト化したものを載せます。

Q5:つか、そもそも武士って何?

よくわかっていません。今のところは、2つの武士の誕生に至る要因があったと説明されます。

そもそもの大前提として、腐敗した朝廷を打倒した革新こそが武士であったという英雄史観が戦前にあり、戦後しばらくはマルクス義経済学に基盤を置く在地領論がもっぱらだったため、あなたの武士イメージはこの2つのキメラの可性があります。

1960年代以降、ようやく武士とは何ぞや、という話がスタートし、70年代国家の武としての武士衙軍制研究スタート1980年代までに、中央軍制が着実に成果を上げ、武士は一種の官職として成立したんだ、という話になりました。以後、この職論的武士論が成果を上げ、軍事貴族ともいうべき武の棟梁すらいた、というのが最近の武士像です。

以下、要するに武士って何、の話をいよいよします。ます、朝廷には財政難でくいっぱぐれた弱小の賜姓皇族や、貴族がおり、地方にはなどの族の末裔などの有者がいました。そして、この時代の最大の問題は、東北以北にいた夷です。彼らは強いので、関東国司等はこの夷やその俘囚等ともやり取りをしなければならず、い話強い必要がありました。

ここで一つポイントなのは、国司はだれがなったかというと、そこそこの朝廷人です(戦国時代の官途名乗りで勘違いされますが、国司なんて摂関レベル貴族からすればパシリです)。こうして、中央であぶれた貴族国司になり、ひどいとそのまま土着しました。そして、夷からの防衛のために、夷の軍事技術を修める必要があったのが、東です。

後はわかりますね?そう、承慶の乱、平将門藤原純友の反乱です。ここで、国司をやった後土着し、地方族とよろしくやっていた連中に蟲毒的なことをさせた結果、反乱鎮圧の功労者という先例で武をが誕生します。そうしたは、中央で検非違使滝口の武者といった武をる破魔の役割と、地方で押領使・追捕使といった反乱鎮圧を期待されます。こうして、軍事貴族トップともいうべき清和源氏桓武平氏・秀郷流藤原氏といったが、中央と地方ネットワークを築きます。一方、中央に出れなかった存在も、普段は在庁官人として衙で働きながら、こうした中央に顔が利くに取り込まれていきます。

こうやって、数世代にわたって淘汰しあいながら勝ち組ができ、最終的に一大変が起きたことで転換点となったのが、保元の乱平治の乱治承・寿永の乱だった、ということらしいです。

Q6:御恩と奉公ってなんすかね?

鎌倉幕府の画期は、働くことで将軍から地頭になる権利が与えられるシステムを作ったことです。なお、よく勘違いされるのですが、土地を与えていたわけではありません。

この大前提となるのが、知行国制と荘園制です。

知行国制とは、国司が形骸化しまくり、中央の知行国と彼らが任命権を持つ名国司、そして現地の衙で実際に働く代と在庁官人という孫請けの孫請けのような地方統治システム平安時代末期になっていたというもので、実は武士の多くは衙を実際に差配する代だの在庁官人だのになっていました。

また、荘園制とは古い教科書に出てくる現地民が開墾した土地を中央の貴族にあげるあんな単純なシステムじゃありません。そもそもこの時代の荘園は免田荘園ではなく、院政期に中央の権門達が地方に任せて広げてもらった領域荘園と呼ばれるものであり、実際の現地で開墾していた、コンビニフランチャイズ展開の時に元居た屋だのからそっくり引き継いだ店長のような人々・開発もまた武士でした。

要約すると、武士はすでに色々な偉い人からアウトソーシングされていた存在というわけです。

ここで源頼朝がやったことはただ一つ、自分がアウトソーシングする偉い人になったことでした。それが地頭制です。

他にも御恩としては、官位をあげたり、幕府として法的な保護を与えたりすることもあります。

ただし、天皇や中央の貴族全員に成り代わる程の正当性は持てませんでした。なので、鎌倉時代の最初は、御家人が元々アウトソーシングされてた土地と、平家謀反人から取り上げた土地の任命権だけです。ところが、ここで第二の画期が起きます。そう、承久の乱です。というわけで将軍が御家人にアウトソーシングできる土地がとてつもなく増えたわけです。

ここで奉の話に入ります。奉のひとつとしては、要するに軍隊として矢面に立てということで、そのために普段から鍛錬しろというものです。二つとして、です。なお、鎌倉幕府は六波羅探題として京都治安維持も任されたので、奉だろ?よろしくな?というのがあの京都大番役です。

ちなみに、西御家人になってくると割とややこしくなります。彼らにとって奉とは御恩よりも自分が御家人であり続けるためのものだったともいわれているからです。

Q7:じゃあ、武士が全国を統治したの?

違います。そんなこと起きてたら南北朝時代になりません。

正直言うと、地頭が置かれてた荘園は全部ではありません。まだ旧来のや郷が納めていた荘園も結構あります。加えて、荘園以外の国司が管理している衙領もまだいっぱいあります。

1個ややこしい話をすると、鎌倉将軍もまた、おおよそ武蔵相模伊豆駿河の知行国、つまり国司の任命権をころころできる立場にあります。要約すると、御家人制とはまだ古代末期からのシステムと並列関係にあります。

それが変わりだすのが、悪党の話です。荘園領地頭に任せていたところ以外(本所一円地)ですら悪党の訴訟問題の採決を鎌倉幕府に委任しだし、その後すべてごちゃごちゃになっていくわけです。

Q8:じゃあ、守護ってあれ何?

実はある勘違いがあるのですが、鎌倉時代に全に一に守護が設置されていた拠が、まだ鎌倉時代中期のものがたった1点のみ2010年代後半にもなって発見されたレベルで、存在しません。

また、守護になったからといって御家人の上に立つ、ということを鎌倉幕府は嫌っていました。なので、大犯三箇条を粛々と行使する警察トップでしかないのが、鎌倉時代の守護です。というか、によってムラがあり、東に守護がいたかどうか割と怪しいです。

Q9:もしかして地頭って、御家人だけじゃない?

その通りです。だから女性地頭なんかもいますし、寺社なんかにもホイホイ与えています。

ちなみに、この御家人じゃない地頭の有名な例が、源実朝から細川荘の地頭職を与えられた藤原定家です。

Q10:ところで御成敗式目は何だったの?

ただの裁判の基準がスタートです。そもそも本当はもっと法令が少なかった可性が摘されています。

この背景には、承久の乱後の西遷御家人が訴訟をあちこちで起こされていたこと、加えて大飢饉変地異があります。北条泰時としては、朝廷の法曹官僚に打ち負かされ不利益を被る御家人のために、わかりやすい裁判基準を慣例等から作った、くらいの意図だったのでしょう。

なお、この法律はいつの間にやら他の人々にも認められ、裁判で使われる法として広く認知されていきます。なお、鎌倉幕府の裁判は三問三答のような、とてもシステマチックだったことに特徴があります。

ただし、最大の問題として、追加法があります。幕府が管理している御成敗式と、「式追加」、その外側で幕府のあずかり知れない追加法群があったという、近現代の法律からするとあまり感覚のわからないものです。かいつまんで説明すると、中世法律を知っていたほうが利益を被る世界にある、ということです。

Q11:それはそれとして、なんでこの制度続いたん?

これの最大のポイントは、将軍アウトソーシングすることを前提とした、圧倒的に偉い人に後々させたことです。そう、摂将軍王将軍です。

この人たちは、武なんて全くありません。ただ、偉いのです。ただただ、偉いのです。源氏将軍なんかよりも圧倒的に、偉いのです。

個人的に、室町幕府研究で最近言われるようになった、室町将軍は武フルボッコにするのと、戦う気をなくさせるイデオロギー工作をするのと、両方を行った結果、足利義輝アウトソーシングだー作戦する前は存続できていた、というアレ近性を感じます。つまり、明期に武を示し、後はその体制に違和感すら覚えないようにする、というのはこの時期にも感じます。

ということを遡及すると、牧氏の変・賀氏の変といった将軍の地位を変える運動北条政子らが全叩きのめした、というのがやっぱり大きいのではないのでしょうか?

Q12:やっぱり元寇が悪かったんすか?

全くわかりません。正直言うと、鎌倉幕府、というか執権北条氏内ゲバを続けつつも、明らかに権限が増加し続けていました。後醍醐天皇が突如として勝った理由は、実はよくわかっていません。

実は、鎌倉幕府の徳政は永仁の徳政が最後です。しかも、そのメインターゲットは御家人所領勝手に手放すな、御家人所領勝手に移るな、裁判の判決後に文句言うな、といった御家人統制の強化が的だった、はずでした。ただし、結果は土地やを元に戻すことのが繰り広げられるようになったというのは、古典的な理解の通りです。

ちなみに、鎌倉幕府の滅亡とされるアレソレも、厳密にいえば北条氏がごっそり抜けただけともいえます。

御家人研究の歩み

ここはあまり面くない話なので、すっ飛ばしても構わない。御家人が、どのように研究されてきたか、というものである。

御家人制について初めてちゃんと体系的に研究したのは、戦前三浦周行である。彼の視点としては鎌倉幕府の体制基盤としての御家人研究が御家人になれるの?東と西でなんで差があるの?)と中世国家史の中の御家人研究(御家人の収めていた税ってどんなの?幕府が御家人に取り立てることで在地にはどんなことが起きたの?)という2点がまとまっていた点にある。

このうち、この後大きく進展したのが前者・鎌倉幕府の体制基盤としての御家人研究である。ここで出てくるのが、鎌倉幕府は東に成立した新しい政権だとした、佐藤進一である。つまり、鎌倉幕府は順次朝廷から権限を接収していったとし、これを受けて御家人にも鎌倉殿に仕える東御家人と京都大番役を中心とした西御家人の違いがある、としたのが五味夫であった。

以後、60年代くらいまでは、恵良五味夫、瀬野精一郎、田中稔、外山幹夫らが、各の御家人はどんな存在だったのかを、御家人交名や大田文を使って調べていった時期が続く。

80年代黒田俊雄が、幕府を率いる武公家や寺社と連合・競合していた状態にあったとする、権門体制論を唱える。要約すると、幕府は朝廷などと補関係にあったということである。その結果わかったことが、公家政権の運営に幕府が大きく関わっていたことであり、御家人の経済的負担の関東事が承久の乱を契機としていたことを気づいた安田元久などが登場した。

以後、飯沼賢青山幹哉、筧博らが端緒となり、七海雅人高橋典幸などが御家人役を研究していく。一方、上杉白川哲郎、本郷恵子らが端緒となって、御家人制が公家政権にリンクする構造が明らかになり、高橋典幸が武領対本所一円地体制→寺社本所一円地・武領体制の変動を中世期にみていくのである。さらに、清水が御家人所領のすべてを圧わせて関東御領と呼ばれるようになっていたことに気づいたのも、この時期である。

つまるところ、朝廷と幕府がリンクして、一連の経済システムを動かしていた、というのが鎌倉時代だった、というのがこの時期分かってきた。要約すると、1980年代以降、三浦周行の掲げた2つの論点が、連携して飛躍的にわかっていることが増えたのである。

最近のトピックとしては、鎌倉幕府御家人制が室町幕府の権編成にどうしたのかを考察する吉田鎌倉幕府の御家人の武領とその他の荘園領の関係が実は思っていたのと違っていた井原朝男高橋、東御家人と西御家人の違いが室町時代に向かうにつれてどうなっていくかを検討した田中大喜、御家人の中で偏差があったことを追求した菱沼一賢、儀礼から政治史を見直していく崎有一郎らがある。

実のところ、80年代くらいの研究が大きなフレームワークになったまま、まだ見直しが進んでいないのが、御家人制である。ぶっちゃけた話、鎌倉時代鎌倉遺文が戦後くに作られていたこともあり、室町時代よりも研究が厚かったのである。なので、ようやく、また新しい動きが見てとれるような……というのが御家人制研究なので、切れトンボだがここで筆を置かせていただく。

御家人の一覧

六条八幡宮造営注文

あくまでもを出した人間だけなので、ほとんど有人間だけで全員ではない。

鎌倉中

人名 定者
相模 北条時宗
武蔵 北条経時?
最明寺跡 北条時頼
武蔵 北条義政
陸奥 北条重時(北条時茂?)
武蔵 北条長時?
修理権大夫跡 北条時房
越後入 北条時盛
権大夫跡 北条政村
遠江入 北条朝時
備前前 北条時長
足利 足利義氏
駿河入 北条有時
越後守 北条実時
長井衛門大夫入 長井時広?長井泰秀?
安達
隠岐入 二階堂
信濃 二階堂行盛?
近江 佐々木信綱
中条出羽前 中条家長
千葉 千葉頼胤?
次郎 千葉泰胤?
佐原遠江前 佐原盛連
小山下野 小山朝政
宇都宮 宇都宮頼綱宇都宮泰綱?
下野 宇都宮綱?
武田 武田信光
小笠原 小笠原長清
上野 結城朝光
淡路 長沼宗政
葛西伯耆 葛西葛西清時?
豊後前 島津忠久
太宰少弐入 藤原為佐
伊東大和 伊東
矢野和泉 天野
畠山上野 畠山
大江広?大江佐房?
那波刑部少 那波政茂
毛利右近入 毛利毛利毛利
駿次郎 駿河経
左衛門佐
摂津 中原師員
加賀 町田康俊?町田康持?
上野 大曽根長泰?
伊東薩摩 安積
賀式部入 伊賀光宗
隼人 重?
同判官四郎跡 行?
葛西伊豆 葛西
壱岐七郎衛門 葛西時重
河内 葛西
三郎太郎
伊達 伊達
伊佐大進跡 伊佐為宗
次郎 野義広?
相馬五郎 相馬義胤
六郎 相馬
千葉七郎 遠山師胤?
八郎 白井八郎
武石入 武石胤盛?その子孫?
大須賀四郎跡 大須賀胤信
国分五郎 国分胤通
兵衛 東重胤
木内下総 木内
風早 風早胤泰
衛門
小野寺衛門 小野寺
同中務
武藤 武藤頼?
宇佐美衛門尉跡 宇佐美政?
周防 塩谷
安芸前
白河判官代入 ?為
平賀衛門
松葉 松葉助宗
衛門
中民部入 中仲業?中元業?
足立八郎衛門尉跡 足立元清
同九郎左衛門
刑部大輔
狩野 狩野宗茂?
塩谷兵衛 塩谷業?
鎌田
内藤肥後前 内藤盛時
内藤豊後前 内藤盛義
加藤衛門尉跡 加藤長?
大見次跡 大見
越中七郎衛門 ?政員
隼人 三善泰清
善右衛門尉跡 三善泰盛?
長右衛門
兵衛 長谷部信綱?
近江太郎衛門 大原重綱
次郎衛門
狩野六郎衛門 小泉頼行?
二木四郎跡
七郎衛門尉跡
次郎左近入
衛門 盛綱
諏訪兵衛 諏訪盛重
都筑民部大夫跡
美作蔵人入 賢??
深栖紀伊 深栖仲重?
都築衛門尉跡 都築
次郎衛門尉跡 伊賀光宗房?
肥前
小川衛門尉跡
紀伊刑部入
近藤七跡 近藤近藤
図書左衛門尉跡
衛門
目黒左近入
小野澤左近入 小野沢仲実
衛門尉跡
近藤中務
近藤武者跡
得法入
内藤権頭跡 内藤
下山兵庫助跡
兵衛
都築衛門

在京

人名 定者
小早川美作入 小早川
遠山大蔵権少 遠山
備中刑部権少
波多野出雲 波多野義重
内藤伊勢 内藤
頓宮兵衛
古岐左衛門尉跡
海老名籐左衛門 海老名忠行
大田次郎衛門尉跡 太田
野瀬大進跡 野瀬頼綱?
水谷賀前跡? 水谷重清
若狭兵衛 若狭忠季
書博士跡 中原師俊
筑後 頼時
久美左衛門尉跡
野中
次郎衛門
日向 宇佐美泰?
勾中務入
遠藤衛門尉跡
波多野ニ左衛門尉跡 波多野盛高
拓枝左衛門尉跡
佐々木衛門 佐保時綱
大野右近入
澤左衛門尉跡
牧野五郎衛門尉跡
隅田五郎兵衛

尾張国

人名 定者
治部権少 ?経
内海近大夫跡
山田近大夫入
佐久間二郎兵衛
平尾出雲

三河国

人名 定者
中条助入
下条左衛門大夫入
足助佐渡 足助重方?
和田衛門尉跡
西中務入
和田四郎左衛門

遠江国

人名 定者
野部介
山名荘地頭 山名?
佐左衛門
介跡
平岡太郎
野中
貫名左衛門
西郷
内田庄司
西谷五郎

駿河国

人名 定者
矢部七郎衛門
八郎衛門
吉河左衛門
衛門尉跡
矢部六郎衛門尉跡
松野衛門
岡部衛門尉跡
衛門
船越衛門尉跡

伊豆国

人名 定者
土肥本助跡
三戸尼跡
狩野三郎
南条七郎衛門
江間兵衛
田代豊前前
平井三郎

甲斐国

人名 定者
南部三郎 南部
秋山太郎 秋山
利入
逸見入
奈古蔵人跡 奈胡義行
加々美美濃
板垣
河内太郎、同次郎
平井次郎 平井頼?
尼遠江局跡
六郎
飯田五郎
中務
工藤衛門尉跡
六郎次跡
河別当入 河行房?
庄司

相模国

人名 定者
長江四郎入 長江明義
八郎 長江師
杢助跡 長江
中村
土肥衛門
大多和次郎 大多和義成
高井兵衛三郎 高井時茂?
渋谷
同左衛門尉跡 渋谷
梶原上野 梶原俊?梶原綱?梶原信?
山内首藤刑部大夫跡 山内首藤経俊
六郎 山内首藤通時
香河人々
二宮衛門尉跡
本間允跡 本間義忠?
波多野二郎 波多野宜経
大山次郎
河村人々
松田衛門尉跡
波多野中務 波多野忠綱
河ニ郎左衛門尉跡
三郎衛門尉跡
飯田
曽賀入
海老名太郎
原宗三郎 原宗宗房
治田小太郎
池上衛門尉跡
勾刑部入
佐々木中務
古席小太郎
寺田縄弥二入

武蔵国

人名 定者
川越次郎 河越重時
三郎 河越重員?
江戸
石戸入
押乗斉藤衛門尉跡
豊嶋衛門尉跡
兵衛尉跡
六郎
須久左衛門 清久?
大河戸四郎跡 大河戸行
澤左衛門尉跡 広沢実?広沢定
毛呂豊後入 毛呂季
岩淵
三田
八郎
大宮五郎
三郎 貫盛重?
新開荒次郎 新開実重
大井人々
品河人々
平子允跡 平子有長?
片山人々
児玉次郎
大串野五跡
長井斎藤五郎衛門尉跡 長井宗貞?
塩谷民部大夫跡 塩谷
浅羽小大夫跡
佐美右衛門尉跡 佐美実高?
蛭河刑部 高家
太郎・同次郎 家長定?
越生人々
小代人々
弦久太入
秩父武者次郎 秩父行綱?
藤田衛門尉跡
岡部兵衛
三郎
𤭖三郎
仙波人々
金子十郎跡 金子忠?
一跡 金子近則?
保刑部 保実
加治人々
右近将監跡 時貞?
中村允跡 中村時経の子?
中村八郎允跡
青木衛門
瀬右衛門
勅使河原俊四郎跡 勅使河原直兼
保古右
田入
戸入
田人々
間左衛門
多賀ニ跡 多賀基?
太郎
渋江人々
久下権守跡 久下直
熊谷三郎
西人々
中澤三郎
同御
成田
別府衛門尉跡 別府行助?
別府刑部 別府義行?
小河太郎 小河宗
河馬 立河恒成?
西権三郎
平井太郎
田村允跡 田村盛忠?
河田八郎
稲毛五郎 稲毛行重?
高廉左衛門尉跡
志村人々
山田太郎
恩田太郎
須賀
下右衛門尉跡
須久留兵衛尉跡
久米七郎
土渕矢三入
小田二郎

安房国

人名 定者
安東太郎
東条三郎
安西大夫跡
五郎 丸信俊?
多々羅七郎
山下太郎

上総国

人名 定者
角田
秋元二郎
印東入
羽入
長南入
五郎
次郎 上?
三郎
兵衛
榎澤太郎
生四郎太郎
横田悪四郎入

下総国

人名 定者
白井四郎入
飯富?飯高?
椎名
豊田人々
四郎跡 行時

常陸国

人名 定者
益戸左衛門
河邊衛門 河辺

美濃国

人名 定者
志良左衛門

信濃国

人名 定者
若槻下総 若槻頼子の若槻頼胤か?
伊豆 若槻頼定
大井太郎 大井
高梨判官代跡 高梨盛高?高梨頼高?
波多判官代跡
仁科三郎
和田肥前
村上判官代入 村上
助跡 村上経業?
蔵人跡 村上
屋代蔵人跡
東田太郎
須田太郎
海野衛門 海野幸氏
望月四郎左衛門 望月?その兄弟
四郎跡
藤澤四郎跡 藤沢
浦野三郎
寺入
原中務入
中野四郎左衛門
允跡
春日刑部 春日春日貞幸?
諏訪部
四宮衛門
奈胡人々
市村衛門尉跡
河田次郎
白河次郎
井上太郎
棒田次跡
三郎

上野国

人名 定者
里見賀入 里見義成
山名伊豆 山名義範
小野蔵人跡 小野時信?
三郎 井頼氏
佐貫衛門尉跡 佐貫成綱?佐貫広綱?
大胡太郎 大胡重俊?
高山三郎
五郎
和田五郎
長野刑部
寺尾
倉賀野三郎 倉賀野高俊

下野国

人名 定者
上野次郎
那須人々
佐野太郎 佐野基綱
氏家五郎 氏家頼?
曽沼民部 曽沼広綱
園田淡路 田俊基
木村五郎 木村信綱

陸奥国

人名 定者
陸奥
留守
宮城四郎跡 宮城
信夫右衛門
岩崎三郎
小平人々
兵衛
楢葉太郎 楢葉
標葉四郎跡
河原毛太郎
新田太郎
古河衛門尉跡
三澤二郎
新開三郎

出羽国

人名 定者
大泉兵衛尉跡
由利中八跡 由利
伊豆十郎権守跡
六郎
井人々

若狭国

人名 定者
掃部蔵人跡
羽左衛門
山面兵衛尉跡

越前国

人名 定者
勘解由左衛門大夫跡

加賀国

人名 定者
安介
衛門
戸樫四郎跡
宮永三郎
安江三郎
端弥三郎

能登国

人名 定者
三室判官代入

越中国

人名 定者
大田衛門

越後国

人名 定者
智入
吉益太郎
高梨蔵人跡
内跡
平井七郎
蔵人跡 資義?
三郎 信賢?
村山次郎
宇佐美太跡 宇佐美

丹波国

人名 定者
酒井兵衛次郎

丹後国

人名 定者
山田衛門
佐野右京進入
松田衛門
鹿野監物跡

但馬国

人名 定者
八木三郎
朝倉八郎

伯耆国

人名 定者
三郎衛門尉跡
兵衛太郎
長田衛門
二郎

石見国

人名 定者
石見左衛門尉跡

美作国

人名 定者
相賀三郎
四郎入
摂津四郎右衛門尉跡
江見民部入
地頭
建部五郎

備前国

人名 定者
小太郎
太郎

周防国

人名 定者
吉敷十郎入 吉敷成保?
大内 大内成?
鷲頭筑前
二郎 岩国兼秀

紀伊国

人名 定者
湯浅 湯浅宗重
太郎 並明

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/28(火) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/28(火) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP