今注目のニュース
あるあ…ねーよ! まさに“その発想はなかった”アニメ系イラスト集
“ロボアニメ風”の目覚まし時計を作ってみた…回転灯とアラーム音で危機を知らせ、カバー付きスイッチで出撃準備が完了する装置に「ロマンの塊」の声
テレビアニメ「デジモンアドベンチャー:」4月放送開始 20周年で第一作が完全新作アニメーションに

戦争論単語

センソウロン

  • 1
  • 0
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

戦争論とは

  1. カール・フォン・クラウヴィッツによる近代戦に関する書物。
  2. 小林よしのりによる「新・ゴーマニズム宣言SPECIAL 戦争論」

本記事では1.について記載する。

概要

プロイセンの軍人であったカール・フォン・クラウヴィッツ1780~1831)が生前執筆していた原稿をマリー夫人が整理して1832年から34年にかけて刊したもの。クラウヴィッツ本人は第1部のみが完成稿だとしている。「戦争論」というタイトルから、「戦争に関する総合的な教科書」という合点を人々に与えがちだが、クラウヴィッツしていたのは「1820年代~1830年代のプロイセンが当事者となる戦争勝利するために役立つもの」なので、後代の非プロイセン人が読めば、納得のし難い話、あるいは、どうでもよく思えてくる話によって大部分が占められている。戦争論は原著者にとって不満足な出来であったが、1866年から1945年までのドイツ盛やレーニンへの影等によって世界的に有名になった。[1]

背景

フランス革命ナポレオン戦争が当時世界を席巻した。クラウヴィッツはそこに「何ものもを粉砕せねばやまない遂行をもってする絶対的戦争という概念」を見て取っている。フランス革命以前はヨーロッパは王による政治ゲームが支配しており、戦争貴族階級や王によるものであった。それを劇的に変えたのがフランス革命であり、ナポレオン・ボナパルトである。以後民が体となった、総力戦の時代に突入する。その始まりの時期に“総力戦としての戦争”を分析したのが『戦争論』である。

絶対的戦争について

戦争には二つの異なった種類があるという立場をクラウヴィッツは取る。第一の戦争はまず、「一種の強行為であり、その旨とするところは相手にが方の意志を強要する」ことにある。この行為には限界がなく、相手の軍事底的に破壊し、化することが標になる。敵の「全な打倒」を的とする戦争であり、敵国政治的に殺することまで視野に入っている。「あるべき」戦争の概念、絶対的戦争というのはこうした戦争に他ならない。「敵の全な打倒こそ、取りも直さず軍事的行動の自然標であり、哲学的見地から概念の厳密を期そうとすれば、戦争標は結局これ以外にあり得ない」。この絶対的戦争についてクラウヴィッツは、戦争の動因が大規模になり、また強になるにつれ、この動因が民全体に関わるものにつれ、そのうえ戦争に先立つ両間の緊が高まるにつれ、「戦争はますますその抽的、絶対的形態に接近し、敵の全な打倒はますます重要な案件」となるという。

これとは別に「制限された戦争標」を持つタイプが第二の戦争である。それは、敵国付近において敵国の領土の幾ばくかを略取しようとするような戦争である。将来の講和の際の有利な取引の材料を手にするための戦争であり、相手化といったことは標にしない。ここでは戦争への動因が微弱であり、両者の緊関係が弛緩したような状況下での戦争である。敵の「全な打倒」からは遠ざかり、「その本来の方向から逸脱」するものであって、歴史の中に見られる戦争の多くはこれに近いとする。この戦争イメージフランス革命以前のヨーロッパ戦争の姿と重ねられている。

政治の道具としての戦争

二種類の戦争の区別と交錯するのが、戦争政治の関係である。戦争は一種の政治的行為であり、戦争政治具であるというのがクラウヴィッツの基本的な立場である。戦争国家間の政治的交渉を、「政治におけるとは異なる手段」を用いてそれを遂行するものだという。政治から独立した戦争というのは認められない。戦争にその意味と的、方向性を与えるのはあくまでも政治である。戦争は不可避的に政治の性格を帯びる。軍事行動の基本をなす戦争計画は政治の掲げる標との整合性が何よりもめられる。クラウヴィッツによれば、政治とは「人格化された国家における知性」「内外の全般的情勢に対する洞察」であり、これが戦争導することになる。

政治具としての戦争と先の二つの戦争とを結びつけてクラウヴィッツは分析する。絶対的戦争においては、戦争標はますます政治標と一致し、戦争は純なものとなり、ますます政治性を失う「かのように思われる」という。これに対して、多くの現実戦争フランス革命以前の戦争)においては、戦争は絶対的戦争から逸脱し、「政治示」と緊密に一体化し、「戦争はますますその政治性を濃厚にするかのように見える」という。前者においては、「政治が全く消滅したかに見え」るのであるが、敵の「全な打倒」を戦争において政治導性がなくなり、政治軍事的判断の中に解消してしまう。後者は、伝統的な政治概念-強行為を避け、慎重を旨とし、狡猾と聡明を特徴とする-に囚われるならば、こちらの方が前者よりも「政治的なものに見えるかもしれない」と述べる。

絶対的戦争の時代の到来

フランス革命20年にわたる戦勝は、革命に反対した諸政府によって行われた誤れる政治の結果である」とクラウヴィッツは言う。フランスを取り囲む諸の連戦連敗の政治の体質の古さ(王権や一部の社会層のための政治)、その現れとしての戦争戦争術の小化にあったということに他ならない。問題は政治自体にあるということになる。従って、フランス革命に伴って登場した戦争の絶対的概念は政治の変革の産物であった。「政治雄大になり強になるにつれて、戦争もまたこれに準じるのである。そして両者のかかる関係が極度に達すれば、戦争はついにその絶対的形態を得るのである」。古い政治戦争に課していた制限は一気に取り払われ、「政府及び民のすさまじい遂行しい狂熱」の中で制限の資の動員が可になる。

戦争計画としては敵の軍事の「重心」の確認とそれへの攻撃と粉砕、首都攻略、敵の最も重要な同盟に対する攻撃などが挙げられている。そして敵の意志を屈させることが戦争集結にとって決定的に重要である。戦争の集結が問題になるが、クラウヴィッツは「戦闘力の撃滅」がどのような結果につながるか多くは触れていない。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *「隣の大をどうり伏せるか クラウヴィッツ『戦争論』 」兵頭二十八 2016 PHP

掲示板

  • 4ななしのよっしん

    2019/04/14(日) 17:51:55 ID: yQSlj5ueU1

    平和を欲するならば、まずは戦争について知らねばならぬ」

    リデルハート

  • 5ななしのよっしん

    2019/07/07(日) 01:20:54 ID: fQ/S93XUWR

    >>2
    風評被害もいいところだな
    あんなゴミの本を同名に使われるのって

  • 6ななしのよっしん

    2019/12/01(日) 12:22:18 ID: XJVOWE8Pr5

    氷河期から脱し徐々に人口が増え、村の集合体であった処が巨大化
    、といってよい程になると、そこをる、山賊海賊の首領、部族の族長などが、、、王、君、(日本だと殿様)、皇帝
    などと称し初め、肥大化したは、おなじ肥大化した他の、と
    接触し、そこにという概念が生まれ、さらなる肥大化を
    は最終的には他の領土に侵入し、そこに、昔し戦ィクサ、今「戦争」が熾る。
    戦ィクサと戦争のちがいは、時代の前後、規模の大きさ、にもよる
    が、に王族らによる個人経営の内産業的ワンマン経営、と、
    多くの重役がが経営に参画する株式会社、が行うものに例え
    られる。
    王族支配の時代、民は(民以前)暴力による強制=恐怖で支配
    され王族の戦争に協させらていたが、
    国家となり役が民となり、民皆徴兵制となって、
    (省略しています。全て読むにはこのリンクをクリック!)

急上昇ワード

最終更新:2020/01/21(火) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/21(火) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP