殺人ジョーク単語

アンノウンジョーク

掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(7)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

殺人ジョーク(Killer Joke)とは、第二次世界大戦中に英国軍が開発した兵器である。

概要

1943年のジョーク作家のアーネスト・スクリブラーが「世界一ジョーク」を書きあげた直後、あまりの面さに笑い死にする事故が発生。アーネストを始めとした犠牲者が多数発生するが、最終的に英国陸軍はこのジョークの回収に成功する。
以後は英国陸軍省の導で兵器としての検証が成され、当時欧州戦線で敵対していたドイツ公用語翻訳された後、実戦に投入された。

配備されると同時に多大な戦果を挙げたが、あまりの危険性ゆえ、1945年に開催された第一次インドシナ戦争の和会議で締結された「ジュネーブ協定」を巡る特別会議において「戦争におけるジョーク兵器の使用は禁止」となった。現代においては非人兵器と見なされている。

最期に残ったジョークは、平和を祈念するものとして、1950年バークシャーに埋葬現在、その場所には「名もなきジョークぐ(To the Unknown Joke)」と記された記念碑が建てられている。

性能

効果範囲は英国による実験50ヤード(46メートル弱)である事が実されている。殺傷は極めて高く、100%の致死率を誇る。
このジョークを読む、または聞いた者は笑いが収まらず、呼吸困難に陥り、活性化した心臓の過負荷により心停止、死に至る。但し、いわゆる「じわじわくるジョークであるためか、効果が表れるまでの時間は人によって差が認められる。

兵器としての問題は「使用する側の兵士も殺人ジョークを読まなければならない」という点であったが、英国軍はこれを解決するために大な予算と労を投じた結果、単ごとに分解することに成功。ドイツ語を理解できる兵士らが単別に翻訳ドイツ語がわからない兵士が使用することで解決した。
とは言えその威はやはり驚異的で、翻訳にあたった兵士が誤って2つの単翻訳してしまい、数週間の入院を余儀なくされる事故が起きている。

英国以外のジョーク兵器

最も有名なのは、上記のジョーク兵器に悩まされたドイツ防軍の開発したジョーク兵器である。ナチス政権下で開発されたこの兵器は「英国ラジオ周波数帯で差別に流す」という極めて残虐、かつ非人的な手段で使用された。
しかしドイツ人らしく生に推敲を重ねすぎた結果、何が面いのか全くわからないものになってしまい、望まれた戦果を挙げることはなかった。

その後、効果的な殺人ジョークを生み出すことに成功した組織、国家はない。
また、英国産殺人ジョークの再利用も考えられたが、棄されたジョークの再利用には危険が伴うため、ドイツ防軍による回収作戦の失敗以降、これを行った団体もない。
よって、そのジョークがどんなものであったのか、現在、それを知る者は皆無である。

補足

以上のネタは、イギリスコメディユニットモンティ・パイソンTV番組『飛ぶモンティ・パイソン』のスケッチコント)である。
シリーズ1の第一話に登場、そのシュールさから好評を博し、パイソンズの傑作のひとつとして周知されている。映画モンティ・パイソンアンド・ナウ』でもセルリメイクされ、よりが増している。

ドイツ防軍の殺人ジョークは「Wenn ist das Nunstück git und Slotermeyer? Ja! ... Beiherhund das Oder die Flipperwaldt gersput!」という文章だが、単をテキトーに並べただけの代物で、特に意味はない。ちなみにこの文章をGoogle翻訳にかけると「FATAL ERROR」と返される。

なお「世界一ジョーク」については、2002年イギリスウェブサイトで発表されている。
ハートフォードシャー大学リチャードワイズマン博士らによる「ユーモア社会文化的研究」の一環として、2001年世界7040,000通に及ぶジョーク募。インターネット上で採点投票が行われた結果、第一位マンチスターの精科医、ガーパル・ゴゾール氏の作品となった。詳細は「世界で一番笑えるジョークexit」を参照。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 6ななしのよっしん

    2015/10/24(土) 01:29:16 ID: 15D/aHpaAA

    ドイツ語になったジョークコメントがあったけど、
    それをコピペして翻訳サイトにかけたら、
    機械が笑い死にして読み取れない訳が出てきた。
    しょうがないから自分でドイツ語勉強する!

  • 7ななしのよっしん

    2016/04/30(土) 18:10:38 ID: sL7FxMZJuk

    >英国軍はこれ解決するために

    英国軍はこれを解決するために」に修正よろしく

    >これは笑いによって起こる心臓の活性がいき過ぎてしまい、過負荷に耐えられなくなった心臓麻痺などの症状を起こしたものと考えられている

    活性上昇でなぜ麻痺なんだろう、痙攣のほうが自然に思える
    ↓修正案
    「これは笑いによって交感神経系が奮し、心臓の負荷が高まったことで心筋が痙攣を起こしたものと考えられる」

  • 8ななしのよっしん

    2017/06/02(金) 01:27:42 ID: RMaT+HEvva

    類似品:虐殺器官

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/30(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/30(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP