今注目のニュース
米倉涼子、回転寿司で見かけたメニューに驚愕 「初体験なの!?」
80年代に発生したあの悲劇!「ファミコンに母ちゃんの掃除機が当たってバグった際の絶望感」が今更話題に!!
台風19号42年ぶりに命名され、早速ネットに候補名多数あがる。

関東鉄道キハ2100形単語

カントウテツドウキハニセンヒャクガタ

掲示板をみる(2)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

関東鉄道キハ2100形とは、関東鉄道が保有する通勤気動車である。
尚、本項ではキハ2100形を元として製造されたキハ20002400形及びキハ5000形に付いても解説する。

概要

それまでボロ・・・ゲフンゲフン日本中からかき集めてきた序に場合によっては魔改造をも辞さなかった中古気動車ばかりの関東鉄道が、久しぶりの自社発注として投入した新気動車
基本構造は新潟工所(現新潟トランシス)の標準形気動車NDCシリーズベースとしているが、(非電化路線としては)色々変態的な所が少なくない常総線環境に合わせるため様々な部分にカスタマイズが加えられている。
(ちなみに、JR西日本キハ120形気動車NDCシリーズの一である。また、第三セクター鉄道の新気動車は大抵がNDCであると思ってよい)

体はJR大手私鉄通勤電車と同じ20m級の大体。(普通NDCは16~18mの体が多い)
ラッシュ時の乗降性などの点から、側面ドアは片側3ヶ所の両開き式となっている。側面は2組の下降ドア間に2セット設けられており、配置的にはJR九州キハ200形気動車に近いものとなっている。
座席はオールロングシート。また、バリアフリー化の一環として関東鉄道で初めて車椅子スペースが設けられている。
外の行先表示装置は初期では幕式であったが、後期ではLED式をに変更された。また、後期にはさらに内にもLED式客室情報装置とドアチャイムが追加されている(初期も後の改造により、ドアチャイムLEDが装備された)。エンジン音がしなければ普通の人は確実に「これなんて電車?」というだろう。

機関DMF13HZ系列のディーゼル機関330PS)を各1台ずつ搭載。旧DMH17系列(180PS)を搭載したキハ300/350形等とべると約2倍近い出エンジンが搭載されたことで、加速性は大きく向上している。
登場直後は旧との併結も考慮して(営業運転では結局行われなかったものの)、出230PSに抑えて使用していたが、現在では旧2100形と同エンジンに交換されたためにデチューンが解除されている。

変速機は変1・直2段の液体式変速機を使用。また、関東鉄道で初めてCCS(コンバータコントロールシステム)が採用されている。CCSを「カードキャプターさくら」の略だと思った人、素直に表に出てきなさい。
CCSは乱暴に言ってしまえば「変速機を全にコンピュータ制御にしてしまう」という方式であり、これにより運転士電車ATと同じようにマスコンハンドルを操作するだけで起動~加速ができるようになる。
文字通り変速機の操作を全てコンピュータがやってしまうので、ドアを閉めてから発しようが、所定の速度に達してマスコンを戻して惰行に移ろうが、逆に惰行状態から再加速をしようが、単にマスコンを操作するだけでエンジンプロペラシャフトの回転数をコンピュータが監視・計算しながら行うために勝手に最適なギアになり、さらに「シフトチェンジ」のタイミングも最適なところでやってくれるのだ。
また、エンジンの回転数などの状態もコンピュータが監視しているので自己診断すら備えることができる。頭よすぎ。

一方で基礎ブレーキシステムは、前述の通り旧との併結も考えられていたために旧来の自動空気ブレーキを採用している。

台車関東鉄道で初めてボルスタレス方式のものを採用。軸支持には積層ゴムが用いられている。

かつてはラッシュ時には2+2の4両を組んで取手~間の複線区間で通勤輸送を行なっていたが、つくばエクスプレスの開業により乗客数が減った今では2両単独で使用されている。

2100形2101F~2111Fの2連6本・計12両が在籍。

キハ2000形

キハ2100形ベースとして開発され、竜ヶ崎線に投入された単行の気動車
体の基本構造は2100形と同じであるが、以下の点で違いがある。

  • 片側にしかホームが存在しないという竜ヶ崎線の事情に合わせ、運転台(というより乗務員室)がホームのある側にしか付いていない
    • このため、乗務員室ドアホームのある側にしか付いていない
    • (しかし客用ドアは両側に付いている・・・)
  • 行先表示の方向幕は「佐貫-ヶ崎」で固定されている
  • 竜ヶ崎線ホーム高さが低いため、ステップが追加されている
  • 運転室にはタブレット掛けがある

であるキハ532号との併結も行うため、2100形同様に基礎ブレーキは自動空気ブレーキを使用している。常総線と違い、こちらは近年まで行われたラッシュ時の2両運転時には場合によっては(2000形2両のうちの片方が検中の場合に)532形が出動するため、旧との併結機がちゃんと使われていた。

2001・2002号の2両が在籍。

キハ2200形

常総線以北でのワンマン運転を実施するために投入された、キハ2100形の単行バージョン
何のことはない、キハ2100形を単行でワンマン運転が出来るようにした車両である。

特筆すべき点としては、キハ5000形(旧)で採用された「片開き-両開き-片開き」、つまり「ん中のドアだけ両開き」という変態仕様が再び採用されたことであろう。

2011年現在では2201号が、後述のキハ5000形(新)と同じ塗装に塗り替えられている。

2201号2204号の4両が在籍。

キハ2300形

キハ2100形マイナーチェンジ版。
この車両2100形と決定的に違うことは、「どうせ旧との併結なんてやらねえんだ」とばかりに遂に電気ブレーキが採用されたことである。

2301F~2309Fまでの2連5本・計10両が在籍。

キハ2400形

キハ2300形の単行バージョン
キハ2300形の機器類に「ん中だけ両開き」の2200形の体を組み合わせたような車両である。
また、この車両からラインリアルーバープラスチック製から金属製のものに変更された。

2401号2406号までの6両が在籍。

キハ5000形(新)

データイムにける以南での「単行ワンマン運転」を本格的に実施するために投入された最新鋭気動車要するにつくばエクスプレスに乗客が流出したからこんな車両が必要に・・・ゲフンゲフン
体はキハ2200・2400形を踏襲しながらも、低公害のコモンレール式ディーゼル機関の採用により環境対策が行われ、新台車を採用、また内にはスタンションポールが設置されるなどの近代的な装備がなされている。

キハ5001・5002号の2両が在籍。

関連動画

関東鉄道キハ2100形に関するニコニコ動画動画を紹介してください。

関連商品

関東鉄道キハ2100形に関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関東鉄道キハ2100形に関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2012/03/02(金) 19:54:51 ID: sged/xuKZN

    乗ってるけど凄いんだな

  • 2ななしのよっしん

    2016/10/29(土) 22:44:18 ID: 925BfwyvsV

    新潟工の工場内で異端児扱いされてたのが容易に想像できるwww

急上昇ワード

最終更新:2019/10/17(木) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/17(木) 00:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP