高杉晋助単語

タカスギシンスケ

2.2千文字の記事
掲示板をみる(80)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

高杉晋助とは、空知英秋漫画銀魂』及びそれを原作とするアニメシリーズなどの登場人物である。

アニメ版の声優子安武人現在)、桑島法子(幼少期)、加えてバカ皇子
実写キャスト堂本剛

名前モデル松下村塾に通い奇兵隊を結成した、長州士の高杉晋作

概要

8月10日生まれ。身長170cm、体重60kg。20代
世界をぶっ壊そうとした最も危険な過激派攘夷浪士。
妖艶危険な雰囲気によってファンからはエロテロリストと呼ばれる。
銀時と戦った以降の高杉は印が異なる。

強いカリスマがあり、河上万斉来島また子武市太をはじめとして共鳴した人々が集まる武闘集団「鬼兵総督をしている。
戦場ではそのカリスマ性から、出てくるだけで味方のみならず敵からも視線を集めるほどだった。しかし銀時友達はあまりいない。

冷淡ながら情を秘める。喋る言葉が的な空気を漂わせ「世界を壊す」などの発言により銀時からは中二病と弄られている。
祭り好きであったり、屋形から色を眺め三味線を弾くなどな面が立つ。

かつて坂田銀時桂小太郎坂本辰馬らと共に攘夷戦争で戦った盟友であったが、銀時とは現在は袂を分かち「紅桜篇エピソード以降ほぼ絶縁状態にあり、坂本との交流は不明(「将軍暗殺篇」以降、変化あり)。
また、幼い頃の師である吉田陽(故人)を敬愛しており、彼の死をきっかけとして攘夷活動を行っているといった発言が見受けられる。

幼馴染みである松下村塾生の中でも特に銀時との関係が深く、因縁の相手でありつつも互いの事を最も理解している。史実においても高杉晋作吉田松陰によって同門で幼馴染ライバルを当てられ切磋磨していた。

銀魂』内で一と言っていいほどボケないキャラクターであったが、ヤクルトに執着するボケを発揮する。(『週刊少年ジャンプ2013年33号
武市太によれば、鬼兵新年会へ大量のヤクルト白子を贈ってくれたり、留守中に自分の分のヤクルトを残しておくような書き置きをしていたらしい。
過去回想内では本気で缶蹴りに参加する描写があったが、間者をあぶりだすための作戦でもあった。
一方で、仲間ヤクルトを買ってきた描写もある。

2014年12月8日に掲載された『少年ジャンプ+』の番外編、第五二十一訓+(同日、本誌にて連載されている話のパロディ)において、銀時とともにシュールボケをかましていた。

作者が最終戦間近に笑いを入れたかったのか、銀時が扮する偽によってかぶき町の女性面々への奇行が披露された。また、を見開き「くわっ」とする事をネタにされていた。

出番は少なかったが、人気投票をするたび常に五本に入っている。
物語終盤で大幅に出番が増え銀時達と共に活躍した。
紅桜篇(原作漫画11~12巻)、将軍暗殺篇(56巻~58巻)、烙陽決戦篇~銀ノ魂篇(62~77巻)にて特に活躍する。外装から分からないが、58巻のDVD同梱版に封入された漫画冊子表は総督高杉白夜叉銀時である。71巻においては「高杉巻」と宣伝されていた。

外見

が非常に強く、潰れた左包帯で大きく覆われている。将軍暗殺篇以降、心の変化なのか包帯を巻く事はなくなった。鍔のないを使う。瞳の色は漫画原作において赤色(原作く、作中キャラクターがその時何を見ているかによって変わる)、アニメでは深い緑色

喫煙する際に古キセルを使ったり、胸元をやや大きめに開けたり、蝶々(アニメ)や柄(原作漫画)の女物着物を着ていたりするのは、彼なりのオシャレだと思われます。片膝を立てる事が多く、よく脚が肌蹴ている。

幼少期〜攘夷戦争時は、襟元をきちっと締め地味な色の当時普通とされた装をしていた。この装から現在の格好へ至る10年で何があったのか。潜時は地味な格好をしを被っている。
攘夷戦争時も防具は付けず、装は襟が付いたノースリーブ羽織に長袖のインナー、ズボンに靴を履いている。アニメではの襟が付いたい長袖の羽織、インナーは暗いグレーノースリーブ
烙陽決戦篇では薄襦袢と女物着物
ではの襟が付いた羽織に暗いグレーノースリーブインナーとズボンの靴を履いている。

小説及びアニメ「3年Z組先生 冷血硬高杉くん」では、学ランに胸元を開けたのシャツ、眼帯をしている。

実写映画では堂本剛が担当した。ファンからは脚や空気が妖しく高杉らしいと評された。退廃的な雰囲気が特徴的。

ハタ皇子吹き替え事件

ハタ皇子吹き替え事件を参照。

ニコニコ動画での扱い

彼が笑いどころの多い当作品において、あまりにもシリアスを貫く「ボケない」キャラであることに業を煮やした(?)者達により、特に彼の思惑など人物像が不明だった「烙陽決戦篇」以前、MAD(手描き含む)で弄られていた。詳細は高杉フルボッコ計画リンクを参照。

関連動画

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 78ななしのよっしん

    2020/12/26(土) 11:14:22 ID: R1+AZCRgqM

    >>77
    別に伊東を死なせた行為そのものが美談としてられるような描写はかったし、「美化されてた」ってのは違う気が...
    それに高杉に限らず銀魂悪役遇・利関係・心の変化によって味方サイドにつく人物が多いし、そのプロセス過去エピソード等が明らかになって人気が上がることもなんらしくはない。

  • 79ななしのよっしん

    2021/01/11(月) 00:25:41 ID: HcFkTAikWa

    高杉ボケは、本人がただ斜に構えてカッコつけてる部分を、
    周囲がやたら誇しまくって、あらゆる意味でヤバいイメージにされていじられるのに加えて、

    周りとべて抑えめにボケに参加したり、普通ヒトがやってたら取り留めのないことが、
    上記で喧伝されたヤバいイメージとのギャップで面く感じるところにあると思う。
    差し入れや身分バレないように着ぐるみ被るの、高杉だから面い要素もあると思う。

  • 80ななしのよっしん

    2021/02/21(日) 21:13:48 ID: iNnn9b0Mlw

    今回の映画の冒頭で自らボケてたが

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/20(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/20(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP