10人のインディアン単語

ジュウニンノインディアン

  • 9
  • 0
掲示板をみる(42)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(9)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

10人のインディアン』(Ten Little Indians)とは、マザーグース童謡)の一つである。

歌詞

歌詞は以下の通り。しっかり脚韻を踏んでおり、口に出して読むと面さが伝わるかもしれない。

Ten little Indian boys went out to dine;
(10人のインディアンの少年が食事に出かけた)
One choked his little self and then there were nine.
(一人が喉を詰まらせて、9人になった)

Nine little Indian boys sat up very late;
(9人のインディアン少年がおそくまで起きていた)
One overslept himself and then there were eight.
(一人が寝過ごして、8人になった)

Eight little Indian boys travelling in Devon;
(8人のインディアン少年がデヴォンをしていた)
One said he'd stay there and then there were seven.
(一人がそこに残って、7人になった)

Seven little Indian boys chopping up sticks;
(7人のインディアン少年を割っていた)
One chopped himself in half and then there were six.
(一人が自分をっ二つに割って、6人になった)

Six little Indian boys playing with a hive;
(6人のインディアン少年の巣にいたずらしていた)
A bumblebee stung one and then there were five.
が一人を刺して、5人になった)

Five little Indian boys going in for law;
(5人のインディアン少年が訴訟を起こした)
One got in Chancery and then there were four.
(一人が裁判所に行って、4人になった)

Four little Indian boys going out to sea,
(4人のインディアン少年に出かけた)
A red herring swallowed one and then there were three.
燻製ニシンが一人をみ込んで、3人になった)

Three little Indian boys walking in the zoo;
(3人のインディアン少年動物園を歩いていた。)
A big bear hugged one and then there were two.
大熊が一人を抱きしめ、2人になった)

Two Little Indian boys sitting in the sun;
(2人のインディアン少年日向に座った)
One got frizzled up and then there was one.
(一人が陽に焼かれ、1人になった)

One little Indian boy living all alone;
(1人のインディアン少年一人ぼっちで暮らしていた)
He got married, and then there were none.
(彼が結婚し、そして誰もいなくなった

概要

アメリカ作曲、セプティマスウィンナー作詞作曲による1868年の作品。
翌年にはイギリス作詞フランク・J・グリーンによって翻案。「Ten Little Nigger Boys」として広く流布するが、後年「Nigger」はアフリカアメリカ人への差別だとして「Indians」とめられる。
かしこれもネイティブアメリカン差別だとして変され、現在では「兵隊さん(soldier boys)」にされている。

最後の歌詞には別パターンがある。

One little Indian boy left all alone;
(1人のインディアン少年が後に残された)
He went out and hanged himself and then there were none.
(彼が自分の首をり、そして誰もいなくなった

この歌詞アガサ・クリスティ小説そして誰もいなくなった』において、クリスティ自ら変を行ったものであるといわれている。この『そして誰もいなくなった』では、この童謡になぞらえ、孤に取り残された年齢も職業も異なる10人の男女が次々と殺されてゆくストーリーになっている。詳しくは『そして誰もいなくなった』の記事を参照。

関連動画

56より実際の曲が聞ける。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/06(土) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/06(土) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP