RAVE単語

レイヴ

  • 4
  • 0
掲示板をみる(64)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

RAVE(レイヴ)とは、週刊少年マガジンにて1999年32号~2005年35号まで連載された漫画作品である。
作者真島ヒロ

キャッチコピーは『ポップ&キュートグルーヴ・アドベンチャー』。
連載前の中
広告では『最新救世主は1人と1匹・・・?』といったコピーも使われていた。

2001年から2002年にかけてスタジオディーンによってアニメ化されている。

概要

初代レイヴマスターシバからレイヴを受け継ぎ、2代目レイヴマスターとなった少年ハル・グローリーの活躍を描いた冒険活劇。「ダークブリング」という特殊なを持った敵達と戦うバトルメイン

やや荒削りな面もあるものの、作品としてはそれなりに奇麗にまとまっており、特にジークハルト関連の伏線・演出は非常に評価が高い。

初回は「1999年の新連載攻勢第2弾」として巻頭カラー72ページ掲載という連載デビュー作としては異例とも言える高待遇だった本作だが、そののり自体は決して坦なものではなかった(ちなみに、第1弾は「な、なんだってー!」の台詞でおなじみ、史上最強ギャグマンガと名高い「MMR」(不定期連載からの格上げ)であった)。

特に1990年代後半のマガジンサイコメトラーEIJIや金田一少年の事件簿といったミステリー漫画GTO将太の寿司といった現代劇が流で、絵柄も小畑健のようなリアル路線が好まれる傾向にあり、本作のような少年漫画そのものの絵柄で展開される世界舞台にしたファンタジー漫画が連載されること自体が異例のことだった。

そのため、初期は人気面で苦戦し、いつ打ち切りとなってもおかしくない状態であったが、初めて仲間の生命の危機を描いたジークハルトとの邂逅を描いたエピソードから人気急上昇。以降、ポップな絵柄とは裏に「生と死」を根本に据えたハードな作へと方向転換されていき、ハルゲイルや六祈将軍レイナの死は、登場人物にこの後大きく影を与えることになる。

原作キング戦~ドリュー戦の頃にはアニメ較的好調に推移し、ゲーム化もされるなど黄金期を迎え、この頃には一挙2話掲載、1話丸々20Pオールカラー掲載なども行われている。

ドリュー戦以降は物語の核心に迫る内容となり、敵味方問わず多くの人物が命を落とす描写が描かれた。心しかけたところを粛清されたジェガン、身体を理矢理機械化されたブランチ、52年の間世界の為に闘い続けたシバなどその描写に心打たれた読者は多い。

シバの死が描かれた回以降は更にその内容もヘビーになっていき、初期のようなギャグ描写は以外ではど見られなくなっていった。前述のジークハルトの最期が描かれたシンフォニアへのタイムトラベルエリーの記憶、シバが何故ハル2代目と決意したのか、といった重要な場面が描かれ、ルシアエンドレスとの最終決戦に至る。最終決戦前の宴会が実質最後のギャグ回となり、以降は最終決戦戦闘メンバーほぼ全員命を落とすという展開だった。しかし、それではあんまりだとして仲間が助かった理由として描かれたのが現在最終回である。

なお、この最終決戦は各所でバトルが行われたものの、作者最終回の話数計算のミスにより戦闘描写は簡素なものになっている。その代わりに要人物同士のやり取りが多く描かれる結果になった。

本作は作者自身「話が重い」としており、その反省点が次回作『FAIRY TAIL』で「登場人物を極殺さない」という点と「話を陽性に展開させる」という点で生かされる形となっている。

アニメ版は未完で終わったが、2013年8月発売の『FAIRY TAIL39巻で2011年に発表され、大好評だった両作品のコラボレーション漫画アニメ化されることが決定し、実に11年ぶりに動くハルたちが見られることとなった。なお、アニメ版RAVEはの絵柄が不安定だった中期をベース製作されたため、若干顔が違っている。後期から現在にかけての絵柄でアニメ化されるのはこの作品が初めてである。制作会社はFTのA1 Picturesになり、キャストルビー以外オリジナルのままである。近々ニコニコCSで放送される日も近い?

2015年8月5日には、原作真島ヒロの自宅から第一話のネーム古文書のような状態となって発見されている。きちんと読める品質のままで現存する事自体驚きであるが、これによると、印的なプルーの初登場シーンは設計図段階でほぼ固まっていたことが伺える。

登場人物

関連動画

関連商品

電子書籍版はこちら

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 62ななしのよっしん

    2018/11/14(水) 23:40:33 ID: sY7mgdo/Do

    >>57
    FTの方はキャラを大事にし過ぎてあんまり犠牲を出せず緊感がかった所はあるな
    FTはラスボスドラゴンだし単純悪っぽさが強くて、敵というより災害に近い感じだったし
    RAVEの方が若さ故の雑さ、痛さは感じるんだけど粗削りな魅が強いって感じ
    安定してるFTと落差しいけど間最大速はFTより強いRAVEって感じだ

  • 63ななしのよっしん

    2020/07/30(木) 21:09:25 ID: kETNMz6oz/

    最後らへんはライブ感や後付けがかなり凄かったなぁ
    仲間たちのパワーアップが急だし、ご都合で生き返るし。
    特にあれだけ作中で持ち上げられたライオンが雑に倒されたのは萎えた。
    まあそれでも好きなシーンはたくさんある。
    漫画としては荒削りだが、それでも魅ある作品

  • 64ななしのよっしん

    2021/03/25(木) 10:11:51 ID: Lk2mkJCIdb

    ドリューの「復讐心から始まり、もはやそれをただの糧だと言うまで闇に染まったものの、それを哀れまれると昂してしまい、光への憧れは捨てきれてなかった」ってオチが好き
    子供死んじまったからこんな辛い記憶すべて忘れてぇであんな災厄振り撒いてるハードナーは嫌い
    なぜだろうか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/20(火) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/20(火) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP