今注目のニュース
中居正広「もし明日仕事がなくなったら」に回答
「ラッキー♪ブタなのに勝っちゃった」アニメ『賭ケグルイ××』よりARTFX J 早乙女芽亜里が2019年11月に発売!
果肉が黒い「謎のスイカバー」なのに味はいつも通り? 夏っぽくない見た目に困惑

KOTOKO単語

コトコ

掲示板をみる(151)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

KOTOKO(ことこ)とは、日本女性シンガーソングライター作詞である。アニメ・ゲーム(特にアダルトゲーム)の楽曲を手がけている。

概要

出身地 北海道札幌市
誕生日 1月19日
星座 山羊座
血液型 A型
身長 150cm

音楽集団「I've」に所属していたアーティスト歌姫)の1人。歌手としてのみならず作詞としても活動しており、自身の楽曲だけでなく、I've内外のアーティストに詞を提供している。また、自身の楽曲において一部作曲も手がけている。

現在ではメジャーでの音楽活動の傍ら、ゲームへの楽曲提供継続して行っている。後述するI'veからの独立以前は「kotoko」名義でI've外のアーティストと組んで活動していた。

楽曲は、しいトランスダークな曲から、バラードPOPなものまで多岐に渡り、曲に併せて歌も使い分ける。稀にはっちゃけた曲(いわゆる電波ソング)を歌うこともあり、電波ソングが好きな層からは絶大な支持を受けている。

また、電波ソングで使われる「キュンキュン!」は、KOTOKOが発祥とされている。

2010年現在まで歌った曲の数は、約200曲で、これにリミックス等を含めると300曲近くになる。特に美少女ゲーム全盛期といえる90年代末期00年代前半ではジャンルを問わず起用されており、同じく活躍していた佐藤裕美(現、佐藤ひろ美。以下こちらを使用)と併せて当時のオタクから『エロゲ界の歌姫』と呼ばれていた。後に台頭してきたYURIAを含めて『三大歌姫』と呼ばれていた時代もある。そういった背景もあっただけに、後述のメジャーデビューは当時のオタク達に大きな衝撃を与えた。

佐藤ひろ美とは明期からたびたびデュエットで歌う機会があったものの、アングラめいていた当時の界では今のようにフルコーラスバージョンはおろかサントラが作られる事自体稀だった(当時の音CD-DA形式が流だった)ため、未だにゲームサイズバージョンしか存在しない曲が多数存在する。中にはゲームCD内に収録されていた曲の音質が非常に悪く、善した曲データの配布をめぐりユーザーメーカーが衝突した事もあるほど。

ニコニコ動画においては『Princess Bride!』と『アイドルマスター』の動画合わせたアイマスMADが有名。意外なところでは、RO-KYU-BU!デビュー曲『SHOOT!』の作詞彼女である。

略歴

デビュー以前〜I've時代

昔KOTOKOが通っていたボーカルスクールに、島みやえい子作詞の特別講師として来たことがあり、その時に「是非聴いてください!」と、図々しく手渡したデモテープ(90曲位ギッチリ詰っていた)がきっかけでスカウトされ、I'veへ所属する運びとなった(えい子先生はしばらくテープを放置していたが、暇な時にふと思い出して聴いてみたら、曲はイマイチだったが歌の良さに惹かれたらしい)。※ラジオ島宮えい子~気分はバニラ~」での逸話

2000年7月Pure Heart世界で一番アナタが好き〜』(同名アダルトゲーム題歌、歌:AKI)の作詞デビュー。同年12月発表 『Close to me…』で、歌手としてもデビューを果たした。(厳密には、当時ユニットとされていた「Outer」のボーカルとして同年9月デビューを果たしている。)また、I'veに所属して初めて(実験的に)歌ったのは『明日の向こう』である。

以降、美少女ゲームの楽曲を中心に数々の名曲良曲に恵まれる。2002年にあ『おねがい☆ティーチャー』のオープニング曲『Shooting Star』で初めてアニメ題歌を担当。2004年4月1stアルバム『羽-hane-』でGENEONからメジャーデビュー2010年には単独での日本武道館ライブを行った。

独立後

2011年8月1日デビュー時から所属し、I'veの所属事務所でもあるファクトリーレコーズから独立し、プライベートオフィスとなる合同会社Orpheecoオルフェコ)を設立した。ファンクラブ運営も8/1付でハンドクラップからThinkBirdへ移行。

独立以降はI've外のクリエーターとも積極的に組んでいくこととなる。独立後に発表した5thアルバムヒラ宇宙ポケット』においては、I'veクリエーターに加えてkzDECO*27HiroyukiODA鼻そうめんP)といったVOCALOID出身のクリエーターや、東方アレンジの大手Masayoshi Minoshima、多数のアーティストに楽曲提供をしている齋藤真也らが参加している。

上述に加えて、2011年11月発売の17thシングルLight My Fire』においては表題曲をsupercellryoが、カップリング曲をDixie Flatlineが担当する等、何故かニコニコ出身のクリエーターと組む事が多い。

独立後に発表したメジャー作品は一部を除きワーナー・ホーム・ビデオからの発売となっていたが、2018年にはNBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン(元GENEON)へ再移籍。同レーベルから7thアルバムtears cyclone --』を発売している。

余談だが、個人会社名である「オルフェコ」のギリシャ神話に登場する吟遊詩人にして琴の名手、こと座モチーフにもなっている「オルペウス」のフランス語読みオルフェ」から来ているものと思われる。(オルフェ+コ → 琴+コ → コトコ → KOTOKO)

KOTOKOノコト

2004年7月から北海道AIR-G'(エフエム北海道)で放送されている番組である。

基本は生放送であるが、ライブなどの場合は収録になる。土曜18時からなのか、わりとアニラジっぽくないのが特徴である。

主な楽曲(大百科記事のあるもの)

アニメソング

エロゲソング

その他

関連動画

関連生放送

放送日 番組タイトル URL
2010年05月03日  PENCIL LIVE 2010 -WEB LIVE-
2011年03月27日  Animelo Summer Live 2010 - evolution- ダイジェストで4時間放送!
2011年07月03日  IVE PRESENTS 「TRIBAL LINK 2011 in TOKYO 」 【DAY STAGE
2011年07月03日  IVE PRESENTS 「TRIBAL LINK 2011 in TOKYO 」 【NIGHT STAGE
2011年11月17日  電波研究社アニメ・ゲームアニソン
2011年11月30日  KOTOKOニューシングルLight My Fire」発売記念トークライブ
2012年04月15日  ビジュアルアーツ20周年記念企画記者会見生中継
2018年06月26日  KOTOKO『tears cyclone --』発売記念特番 supported by animelo mix

関連商品

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP