今注目のニュース
呉服店のポスター「ハーフの子を産みたい方に。」に批判殺到 「ご意見を真摯に受け止める」とコメント
渋谷区でハロウィーン路上飲酒規制条例が成立 「安全で快適な秩序をもってこの街で楽しんでいただくため」
最低賃金「今すぐ1000円以上」「全国一律に」 非正規労働者らアピール

XB-70単語

エックスビーナナジュウ

掲示板をみる(17)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

XB-70とは、アメリカで試作された戦略爆撃機である。称は"ヴァルキリー"。

概要

B-70計画[1]

1954年カーチス・ルメイ防総音速爆撃機の提案を行った。ソ連との核戦争に使用するもので、核爆弾を搭載して高度2万mで敵地に侵入し、迎撃戦闘機をかわしながら投弾し、マッハ3で離脱する。この提案に対しボーイングノース・アメリカンが試案を提出したものの、両案とも総重量500tに達する巨人機となっており、ルメイはこれを拒否した。B-70の予算は削減されたが軍の巻き返しにより復活。しかし当初1962年から250機を配備するという計画は13機に減らされ、すぐに3機まで落ち込んだ。

1961年スタートしたケネディ政権で防長官に任命されたロバート・マクナマラはB-70を受け入れなかった。いかにマッハ3で敵地領を通過しようとも、進歩し続ける地対空ミサイルをかわせるとは限らない。同時期に実用化されたICBMを配備する方が費用対効果が高く、パイロットを失う可性もないと判断していた。もちろんルメイは戦略爆撃団を手放すつもりはく、戦略爆撃団の価値を訴えたが、ケネディとマクナマラICBMへのシフトを決断、ICBMミニトマンとポラリス(原潜から発射する弾道ミサイル)に予算を配分した。翌年暗殺されたケネディの後を継いだジョンソンは予算の引き締めを行い、1964年3月、B-70は最終的に2機の研究用試作機XB-70の予算だけが残った。

XB-70は1964年5月にロールアウトした。

機体

出来上がってみれば、マッハ3.0以上を出せる流麗な爆撃機として誕生した。当時は核爆弾爆発時の熱反射のため機体塗装にする(というが、単にデザイン上の都合のような気もするが)ので余計に大きなを思わせるデザインとなった。とはいえ特筆すべきはその姿と速度で、マッハ3.0は出せたものの長距離・高速飛行のためにアチコチに理がある設計で、予定通りのコースをなぞる飛行しかできない(わずかでも余計な動きをすると即、墜落する)。

デモンストレーション撮影時の事故で1機が失われ、残り一機はNASAに移管され音速旅客機の研究に使われたが、マッハ2で飛んでも衝撃波が地上まで届いてしまう、燃費が極悪などの理由で結局博物館送りとなってしまった。

とはいえそのデザインは数々の作品に取り上げられ、マクロスの「VF-1」にバルキリーとして名前が使われたり、「Zガンダム」でも登場した。「エースコンバットシリーズでもたびたび登場するほか、小説でも登場した。

圧縮揚力[2]

1956年、当時の全航空諮問委員会(NASAの前身)が空気力学の新理論を発表した。アルフレッド・エッガースとクラレンス・サイヴァートスンによるこの理論では、音速機が衝撃波をの下に取り込むように設計されれば、駄になるはずのエネルギーを揚へ転換できることを示していた。この理論は注されていなかったが、一旦提案を拒否されたノース・アメリカンが要を満たす別の方法を探しているうちにこの理論に行き当たり、より現実的な設計案に繫げることができた。

1957年12月ノース・アメリカンはB-70の開発者に選ばれた。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

脚注

  1. *「試作機物語 XB-70 Valkyrie山崎明夫 航空情報2010年10月
  2. *ミグ戦闘機」ビル・スウィートマン 浜田一穂訳 原書房 1991 4刷 p.154-155

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP