シルベスター・スタローン単語

シルベスタースタローン

シルベスター・スタローンは、アクション映画に出演する俳優スターである。シルヴェスター・スタローンとも。
代表的な出演作は「ロッキー」ならびに「ランボー

概要

 シルベスター・スタローンアメリカ映画俳優である。1946年7月6日生まれ。シチリア系イタリアアメリカ人のフランスアメリカ人のを持つ。ニューヨークで最も治安の悪いと言われる地区の出身で、生まれたときに産科医が誤って彼の顔を傷つけたため顔面麻痺と言ハンデを負う。

 ハンデによってシルベスター少年は内向的な性格となり、イジメも受けたが、これにより彼は自分の興味映画に向けるようになり、また観賞した映画の影で体を鍛え始めるようになった。その後は両親の離婚などで素行が荒れ、高校卒業するまでに実に10をえる学校から「もう出ていけ!」と放校処分をくらうような立(?)な不良少年に成長した。高校卒業後は一時期スイスに渡って演劇を学び、アメリカに戻ってからも大学に入って演劇について勉強、大学中退後にニューヨークへ戻った時に本格的に俳優を志したと言われる。1969年23歳の時のことであった。

 しかし俳優を志したのは良いが、最初は鳴かず飛ばずの極貧生活で、ポルノ映画やボディガードで日銭を稼ぐような典的な底辺だった。転機が訪れるのは1974年、まともな映画での演技が評価されてハリウッドに移住し、準役もこなすようになる。そして1976年、低予算ながら自ら脚本・演を担当した「ロッキー」が大ヒットし、俳優から一躍大スターとなる。1978年には初めて監督を務め、1982年に「ランボー」が大ヒット、これ以降、ランボーロッキースタローンの代表作となり、アクション俳優として名を得た。2010年にはスーパー木曜洋画劇場大戦こと「エクスペンダブルズ」を製作ライバルにして親友のアーノルド・シュワルツェネッガーと共演して組合員を狂喜させた。

 一方で映画評論家受けが悪いのか、その年の最低映画を決めるゴールデンラズベリー賞ラジー賞)の常連でもある。ノミネート回数でぶっちぎりの第1位であり、20世紀最低男優賞を受賞したこともある。ただし、ラジー賞自体がある種のジョークであることには留意せねばならない。

 アクション俳優ということで、怪については枚挙にいとまがない。「ランボー」ではノースタントで崖から飛び降りてを複数へし折った上、怪を糸で縫うシーンでは本当に怪したところを糸で縫っている。「クリフハンガー」では右腕を9針も縫うし、「ロッキー4」では敵役を演じたドルフ・ラングレンパンチがもろに胸に入って死にかけている。「エクスペンダブルズ」でもスタント中に首のを折る大怪をした。スタントで怪して入院したら隣に寝てたのは同じくスタントで怪したアーノルド・シュワルツェネッガーだったなんてエピソードもあるくらいである。今まで良く死ななかったこの人。

 吹き替え版では羽佐間道夫氏、ささきいさお氏、玄田哲章氏が吹き替えを担当することが多い。

関連動画

以下二つは有料動画

関連商品

関連コミュニティ

シルベスター・スタローンに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%99%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%B3

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

シルベスター・スタローン

42 ななしのよっしん
2017/10/03(火) 00:30:38 ID: RuChVp83Lw
そりゃ評価軸は一つじゃないし、ラジーな上にの駄作ってのもあるよ。けど例えばハドソンホークだったらダメ過ぎてギャグになってるからラジーを取れたわけで、単に駄作だったらラジー補にすらならんのよ。そういう意味でダメなりにエネルギーを持ってるスタローンがラジーに入ってくるのは文脈的に正しいんだ。
仮に80年代スタローンによるメタ評価が原因でラジーなんだとしても、あの二つはいかにも80年代スタローンが撮りそうな映画なので、セットでラジーにしたれという評価が間違っているとは全く思わない。これがロッキーランボーではなく、最初からエンターテイメントを狙った映画だったら多分別の評価になってる。
「何故これがあの作品の続編なのか」という視点視できないし、ラジーはそもそも俗な賞だからそういう俗な評価をしていくのは当たり前(これはラジーがアカデミーパロディで、面映画というより高尚な映画に与えられるアカデミーを皮ってるというのもある)
43 ななしのよっしん
2017/10/05(木) 01:08:23 ID: HNQI/37273
「ぼくの考えるラジー賞」の解説とか要らねえよ
お前催する賞でもあるまいし
44 ななしのよっしん
2017/11/16(木) 15:29:27 ID: yp9WRil1w8
役者として再評価されてるのが嬉しい
オリヴィエアサヤス映画キャスティングされたなんて話もあったし
画面に写っているだけで観客を号泣させるというがかり的な名演のクリード
傑作Loganを撮ったジェームズマンゴールド、デ・ニーロ、カイテル他スコセッシ組俳優と組んだコップランドも素らしかった
やっぱりスタローン愛してる

受賞には至らなかったけど、ゴールデングローブ賞スタンディングオベーション(デンゼル・ワシントンブラッド・ピットクエンティン・タランティーノ他会員たちの嬉しそうな笑顔が印的)が全てだと思う
スタローンされてるなぁ
45 ななしのよっしん
2018/01/18(木) 09:56:51 ID: zVX7H2h9V/
エクスペ4復帰おめ
ジャッキーとの共演作、大脱出2、クリード2、アダムドライヴァーが演する自身の最新監督作と、今年以降はスライからマジが離せないな
46 ななしのよっしん
2018/02/15(木) 23:39:10 ID: 1kuulEPbD1
昔から人離れしたルックスだなぁ と思ってたけど
複雑な血筋、生まれた時から波乱万丈でいろいろあったんだな
47 ななしのよっしん
2018/04/04(水) 10:06:13 ID: Ws3oNZjqGu
デスレース2000年黒歴史かと思うかもしれないが
ジャッジ・ドレッドとか進んで出る位だからああいうのは好きだったのかも
48 ななしのよっしん
2018/05/12(土) 22:28:48 ID: jfp5x7IqT3
スタローンを見てると
男に生まれてきて良かった と思える 
49 ななしのよっしん
2018/09/14(金) 21:00:57 ID: 9xClco7w54
>>lv315242942exit_nicolive
50 ななしのよっしん
2019/01/21(月) 13:55:11 ID: Tj22Su8qw+
>>36
そうね…特にスタローンハンデも背負ってるからね。出世作のロッキーの時はがついていたのではないかっていうくらい凄かったんだと思うよ
51 ななしのよっしん
2019/02/14(木) 19:41:40 ID: PxpH6Tq+eF
BSテレ東シネマクラッシュエクスペンダブルズ3見てたが翌日の今日
内村光良の突破ファイルロッキー制作秘話の事やってるけど
このスタローンに似た人の吹き替えやってるの誰だろう?
ささきいさお大王に似せてるけどなんか違う。
きのうエクスペンダブルズ3で大王めっちゃ聞いてたから違いがなおさら。

急上昇ワード