スイフト単語

スイフト

スズキ・スイフト (SWIFT)とは、スズキが製造・販売するハッチバック自動車である。

概要

4気筒または3気筒エンジンを搭載するコンパクトカースズキの稼ぎ頭でもあり四輪からの鈴菌感染の一つでもある。元々は初代・二代カルタスの海外輸出名であった。

生産は日本ハンガリータイ中国インドで行われ、2013年には世界累計販売台数が300万台に、2016年には500万台に到達した。

歴代モデル

初代(HT51S型・2000年~2006年)

初代スイフトは同社の軽自動車であるKeiベースに小に拡大しただけ[1]で、売りどころといえば軽自動車より安い価格というぐらいのシロモノだった。2004年に二代が登場した後も廉価グレード「SE-Z」は2006年3月まで併売されていた。

ちなみに初代は「イグニス」で海外輸出され、2001~2008年まで販売されていた「シボレー・クルーズ」のベースでもあった。

二代目(ZC*1S型/ZD*1S型・2004年~2010年)

2004年に登場した二代スイフトは、それまでの「スズキ=軽自動車」のイメージを覆す出来のよさ、特にとしての基本性や走らせる楽しさと言う点で高い評価を受け、しかも他社のコンパクトカーべて安価なことでスズキ普通車としては大人気と言っていい種になった。

また、JWRCにおける活躍や、正統派ホットハッチかつ現行では一と言っていいテンロクスポーツであるスイフト・スポーツ(通称スイスポ)の存在もあって、それまで二輪界のみだった鈴菌を四輪界に広く拡大させた元でもある。

二代スイフトとプラットフォームを共有する種としてはSX4スプラッシュがある。

三代目(ZC72S型/ZD72S型・2010年~2016年)

2010年三代目へとFMC。一般人はもとより二代スイフトユーザー鈴菌感染者、さらには自動車雑誌ライターなどですら一見して「これは新?旧?」と混乱するほど変化のない[2]見たとなっている。開発時のコンセプトキープコンセプトとして「More SWIFT」(よりスイフトらしく) = 「軽快で楽しいハンドリング。個性的なエクステリアデザイン」をしたという。

二代スイフトから全長で95mm、ホイールベース40mm伸びたにも関わらず「狭い」とやや不評だったキャビンの拡には1mmも割かずに直進安定性と体剛性の向上、そして修理コストの低減の為[3]にラゲッジ開口部が狭く、かつ下端がやや高くなっている。これは欧州では修理コストなどにより保険料に影でるため、というのも理由の一つである。

内部インテリアデザインは変われどシンプルなままの一方で直接に触れないプラットフォームはコスト削減に長けたスズキにはしく二代からの使い回しではなく予算をつぎ込んで全面的に作り直す、とある意味スズキ変態っぷりが遺憾なく発揮されたFMCと言えるだろう。

よく批評では上記の理由のために「ラゲッジスペースが少ない。後部差席が狭い」と言われるが、開発者く「オールマイティーなファミリーカーを狙うのではなくて、日本では乗って楽しいクルマ、そして欧州では安心して自由に乗り回せるクルマ」をしたというわけで、「四人乗って荷物も大量に乗せて」使ってもらうことは最初から考慮していない、スズキらしい割り切りっぷりでもある。

ちなみに欧州仕様では日本仕様と異なり種のカラー種類も大きくことなっているほか、サンルーモデル、3ドアモデルなどもあるほか、サスペンション(サス)の設定が大きく異なるなどの違いがある。欧州仕様は固め。日本仕様は柔らかくなっている[4]

2012年マイナーチェンジ(に安全装備面の追加と変更)が行われ、通称2と呼ばれる。2013年もつづけてマイナーチェンジが行われ、低燃費などを的とされたデュアルジェットエンジン+エネチャージ搭載(DJE)タイプが販売された(通称3)。

2016年ハンガリーの生産中止に伴い日本欧州向け工場の設置と共に四度FMCが予告されている。

四代目(ZC*3S型/ZD*3S型・2017年~)

2016年12月27日四代目が発表、2017年1月4日に販売開始された。

新プラットフォーム「HEARTECT」を採用。ボディー・エンジン・足回りの軽量化で前モデルより120kgの軽量化を実現。最軽量モデルであるXG(2WD・5MT)の場合840kg、最重量モデル970kgと全グレードで1.0t未満となっている。2015年以降に登場及びFMCしたスズキの小気で1.0t切りをサラッとしとげるのでド変態!
歴代初となるマイルドハイブリッド(S-エネチャージ)バレーノに搭載された3気筒1.0L直噴ターボも設定されており、ターボにおいては「直噴ターボトルクウェイトレシオは、スイフトスポーツに匹敵する高い動を実現」と表現している。

安全装備も強化されており、衝突被害軽減ブレーキ単眼カメラレーザーレーダーを搭載した「デュアルセンサーブレーキサポート」やスズキ初のハイビームアシストなどを搭載した「セーフティパッケージ」や全方位モニター付きカーナビゲーションメーカーオプションで設定できるようになった[5]

関連動画

関連商品

外部リンク

関連項目

脚注

  1. *パーツも一部Keiと共用している。
  2. *ただし新旧並べると結構違うことが判る。ちなみにワゴンR(4代5代目)も同じことが言える。
  3. *追突時にリアハッチまで損傷するのを防ぐ為でもある。
  4. *日本でも、XGをベース欧州仕様のサス設定に近づけたRSモデルがある。
  5. *XGを除く。

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%83%95%E3%83%88

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

スイフト

29 ななしのよっしん
2016/08/28(日) 19:17:40 ID: 7iwXHxWv0D
スイフトRSに乗って次はスイスポと息巻いていたのだが

中古アルファ159買ってしまった・・・
あのスタイルエンジンフィールでもうわしコロだったよ・・・
30 ななしのよっしん
2017/01/01(日) 13:09:57 ID: CCQs6rP77R
しかし1トン切りってこのクラスでも最軽量になるんでなかろうか。
下手すれば一部の軽自動車と同じ重さになるだろう。

バイク含めて、スズキは軽量化がうまいな
31 ななしのよっしん
2017/01/31(火) 21:33:13 ID: Hktq5bDRIp
軽量化は様々な面で有利に働くからね
これをベースとした次期スイフトスポーツが楽しみだなあ
32 ななしのよっしん
2017/06/25(日) 15:14:05 ID: BAvW3aFaC7
スイフト購入
まだ乗り始めて1週間だけどすごく良いだと思う(前に乗ってたのが中古ダイハツミラなので較にならんけど)
33 ななしのよっしん
2017/09/13(水) 23:18:02 ID: UdtM2a5t9E
持ってる先輩に聞きたいんですけど不満点とかあります?
34 ななしのよっしん
2017/09/14(木) 12:09:17 ID: 8JvkXuWVme
RS乗ってる。軽自動車からの乗り換えだけど運動性は流石に違う。燃費も良いな。不満って程じゃないけど個人的には内装が少し安っぽく感じる(特に後ろ側)のと、販の車載グッズが中々合うのがないとこ。
35 ななしのよっしん
2017/09/23(土) 09:49:21 ID: 3JbXTGJXmW
もともとはエスクード乗りでしたがスイフトくんに出会ってからはどっぷりハマりました。
ハイブリッドも・・・欲しいなあ。
36 ななしのよっしん
2017/11/17(金) 02:03:42 ID: QvUKKIechI
http://www.at-s.com/news/article/economy/shizuoka/427181.htmlexit
スズキスイフト RJCカーオブザイヤー受賞
2017/11/16 08:05
37 ななしのよっしん
2019/01/15(火) 20:25:38 ID: Hktq5bDRIp
スイフトスポーツだからそこの走りがあるんだろうけど、スポーツを買うオプションてんこ盛りのRSを買うという選択肢もありやね。5MT870kgというのがほんと軽い
38 ななしのよっしん
2019/05/27(月) 02:02:52 ID: tcT9RDKh21
先代を納したけど
評通り、乗りの低速・エコの加速はちんたらで
前々世代並だと思ってたが、緊急回避でガッツ
踏み込んだらチビった。

スズキさん すいませんでしたm(_ _)m

急上昇ワード