バレなきゃあイカサマじゃあねえんだぜ単語

バレナキャアイカサマジャアネエンダゼ
  • 5
  • 0pt
掲示板へ

バレなきゃあイカサマじゃあねえんだぜとは、イカサマへの開き直りである。

概要

ジョジョの奇妙な冒険Part3「スターダストクルセイダース」で登場した空条承太郎台詞。元々の台詞ダニエル・J・ダービーのもの。

テレンス・T・ダービーとの野球ゲーム対決で、アトゥムの「YESかNOで答えられる質問をすることで相手の心を読む」で、一度つけた点差を取り戻され続ける。
しかし承太郎ダービー弟の為にやって見せた投球予告をやってみせる。
アトゥムで「外高めへストレートを投げる」の予告は正しいことを見極めるも、実際に投げたのは変化球。 打ち損じてワンアウトを取る。
アトゥムではどんな人間でも魂はウソをつくことは出来ない。しかし答えはYESと出ているのに承太郎は別の球種で投げる。

ダービー弟承太郎に「イカサマはしていないよな?」と質問して心を読むと、「I DO!」の「イカサマをしている」ことが分かった。だが、イカサマ機械の細工ではない。慌てて「どんなイカサマをしているのだ!」と質問して分からないため、YES・NOの答えしか心が読めないことがバレてしまう。
承太郎ダービー台詞を借りて言う。

きさまの兄貴は言っていたぜ…………
バレなきゃあイカサマじゃあねえんだぜ……………

イカサマ真実ドラッグして反転

結局ダービー弟イカサマを見破ることが出来ず、敗北を認めて花京院の魂を元に戻してしまう。その際にジョセフの「隠者の紫」がコントローラーにのびていることが見える。イカサマの正体とはコントローラーを操作していたのは承太郎ではなくジョセフだったのだ。
とても単純なイカサマではあったが、イカサマ使いであったを見下していたダービー弟には看破できるはずもなく、承太郎には「おまえの兄貴ならこんなイカサマなんなく見破っていただろうな」と言われてしまう。

本来の発言者はダニエル・J・ダービーであり、自分のと明かさずギャンブルポルナレフを引き込んで魂を奪った後、アヴドゥルイカサマを咎められるも然とこう答えた。

イカサマ
いいですか?イカサマを見抜けなかったのは見抜けない人間敗北なのです
わたしはね 賭けとは人間関係と同じ……だまし合いの関係と考えています
泣いた人間敗北なのですよ

 全然悪びれない態度をとっているが、イカサマ使いであることを知らせた状態でその後のギャンブルは行われており、ジョセフが提案してイカサマをやって見せた「グラスとコイン」の賭けもその場でイカサマを仕掛け返してみせ、セカンド・ディール以外のイカサマ承太郎らにまったく見抜けず、スタープラチナスピードをもってしてもを盗んでのイカサマ不可能であるなど、戦錬磨の実は本物であり、承太郎アヴドゥルに「は使わないが強い男」と評されている。

なお、テーブルゲームでは一般的に投了優先の原則があり、反則があっても摘されずに投了したら投了が優先される。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

  • 5
  • 0pt
スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%90%E3%83%AC%E3%81%AA%E3%81%8D%E3%82%83%E3%81%82%E3%82%A4%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%83%9E%E3%81%98%E3%82%83%E3%81%82%E3%81%AD%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%9C

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

バレなきゃあイカサマじゃあねえんだぜ

14 ななしのよっしん
2016/07/31(日) 11:53:15 ID: C6N9HxuduP
>>11
イカサマ有りの勝負にするためじゃない?
実際ジョセフが自分からイカサマ仕掛けてたし
多分相手が中途半端にイカサマしかえしてやろうとたくらんでる状態の方がやりやすいんだろう
相手が勝ったと思ったときすでに敗北している的な
15 ななしのよっしん
2016/07/31(日) 12:00:43 ID: chX0BhxThn
イカサマを技術としてそれを見破れるかお前らって勝負をしてるからじゃない?単なるギャンブルなら有利ではあっても運ゲーだがイカサマ勝負なら決まれば勝ち見破られたら敗けという運の絡まぬ純の勝負だし

まあ、更にいうならばれないでしるっと勝つことが的じゃない人っつのが理由でしょ
16 ななしのよっしん
2016/11/01(火) 19:09:35 ID: XmbzyIWgSB
イカサマじゃねぇか、こんなの効だ!」って言わせないためかもしれない。実際、ジョセフの魂取った時に似たようなこと言ってたし。
最初のポルナレフは何とかうまくいったけど、「魂を賭けて、負けを認めた時」が魂を獲る条件だから、最初に明かしてない条件が追加されると、これは負けじゃないと思い込む言い訳ができちゃう可性があるのかも。
17 名無し
2017/07/16(日) 16:58:35 ID: fVs9CZXeGL
>>11
それはもうアヴドゥルに対する返答に集約されてるんじゃないかな
もちろん腕に自信があっての事だけど
ダービー自身の偽りい思想がスタンドにも良く現れてるよな
自分も人生哲学として考えさせられる発言だと思うよ
18 ななしのよっしん
2017/10/01(日) 21:14:52 ID: JG6mkS4R+w
>>9
イカサマについての対処は、どうしても盤外での決着という形になる。
つまりマル暴の人を相手にイカサマ仕掛けてバレたらコンクリのお靴だが、逆にマル暴の人からイカサマ仕掛けられても見破ったからっておれらに何かができるわけじゃない。

テレンスの場合、イカサマどうこう以前に承太郎の腕や花京院を人質にして実行使されなかったわけで、うっかり人質を解放してしまったテレンスリアルファイトでの決着で返り討ちに遭ったと言えなくもない。
19 ななしのよっしん
2017/12/30(土) 21:12:09 ID: llzFB6ubRm
どうあれ、vsダービーで遅れをとったジョセフ
躍如となったエピソードでもある。
20 ななしのよっしん
2019/10/05(土) 08:32:57 ID: D+Bhm2B3NG
『なお、テーブルゲームでは一般的に投了優先の原則があり、反則があっても摘されずに投了したら投了が優先される。』
卓上物に限らず、ゲームプレイでは投了将棋敗北宣言の呼称はそれぞれ異なる)を優先する事で、運営上の省化を図っているだけです。
競技にせよ遊技にせよゲームを存続させる上では、一般的でない事の存在こそが重要であり、管轄団体でも屡々その定義及び具体的な内容を訂しています。
本件では、「スタンド使いは思想性を問わず堅気ではない」「物理的な応酬を始めとする組織的闘争の一環として、霊魂を賭けるという異常事態」を前提として、「出し抜こうとして出し抜かれる因果応報性、更には無様さ」による、スタンドに悪影を及ぼすレベルでの精的苦痛・及び追い打ちとしてのスタンドバトルを前提としています。
皆さん宜しくご勘案の上で、今後の更新に反映させて頂ければ何よりです。
21 ななしのよっしん
2020/01/25(土) 01:12:37 ID: BDTij/bioB
また厄介オタクがでてきてるな
22 ななしのよっしん
2020/03/07(土) 17:18:18 ID: e81J0Gu0+I
反則とイカサマって別物な気もするけどなあ

将棋で言うと「実は二歩してたけどバレなかった」のと
「実はカンニングしてたけどバレなかった」じゃ本質的に違うのでは
23 ななしのよっしん
2020/03/29(日) 05:02:27 ID: 1UdsB/ixeE
>>13
それもあるだろうし
荒木先生の経験や思想もあるんじゃね
ケバブの値引き交渉の時の「騙されたがマヌケなのがこの辺りの文化」というシーンがあるように自身が経験したことが反映されてるのではないかと

それとジョジョもそれ以前の武装ポーカーも基本的に互いの手の内を隠したりウラかいたりしてうまく相手を騙す戦いを描いているわけだから
結構作を表現できてる台詞だと思う
(まあそういう隠し合いは土三忍者漫画やらほかに山ほど例はあるだろうけど)

そういえば評論家唐沢俊一が編んだ名言集でこれを取り上げて人生真理をついているとか何とか言って絶賛してた気がする

急上昇ワード

おすすめトレンド