フェルグス単語

フェルグス

曖昧さ回避

フェルグスとは、以下のものをす。

  1. フェルグス・マックロイ - ケルト神話に登場する英雄の一人。クー・フーリンの養
  2. フェルグス・マック・ロイ(Fate) - スマートフォンアプリFate/Grand Order』に登場するサーヴァントの一騎。1の人物その人。
  3. フェルグス(ファイアーエムブレム) - ゲームファイアーエムブレム トラキア776』に登場するキャラクター。この記事で記述。

フェルグスとは、『ファイアーエムブレム トラキア776』に登場するキャラクターである。

概要

傭兵で、兵士にちょっかいをだしていたので止めようとして(カリンく「相手の兵士は半分死にかけていた」)捕まり、リーフの入った屋にカリンとともに入っていた。

屋に入れられてこれからどうなるのかわからないにもかかわらず居眠りを始めるなど楽観的な性格をしている。

支援相手(相互)は一緒に捕まったペガサスライダーカリン

血縁

彼はエンディングまで彼自身に関することはられないが、ベオウルフゆかりのものだと思われるベオのが扱え、さらに戦士の血が入っていないと扱えないはずのブラギのも扱える。

エンディングでは噂話としてコノートの血をひいているとかベオウルフの隠し子だとか言われている。それが本当の場合はナンナデルムッドとは異兄弟になるのかもしれないが、そのあたりの事情は伏せられている。

ユニットとしての性能

職はフリーナイト→フォレストナイト。使用武器は。騎乗しても下しても同じ武器が使えるのはトラキア仕様ではありがたい。

スキルは何も持っていないが、再行動が可で隠しパラメータである追撃必殺係数が5であるなど結構優秀である。

武器レベルも初期でレベルC、ちょっと使えばすぐにBになるため、すぐに何でも使えるようになる。

4章外伝宝箱から手に入る勇者は体格や武器レベルの関係でしばらくは彼専用になるだろう。

関連動画

関連商品

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%B0%E3%82%B9

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

フェルグス

1 ななしのよっしん
2016/10/20(木) 20:33:24 ID: Fq/e8Jo/vB
成長率は低くないはずなんだけどびっくりするほどヘタレやすい
最終的にはカリオンに出撃取られてることが多い印
2 ななしのよっしん
2017/07/10(月) 11:41:56 ID: DQDGU+2EcV
一般的にアンソロジーなどで「ベオウルフラケシス以外の女で作っちゃった子」とされることが多い(というか公式エンディングで「隠し子疑惑がある」と明記)が、「レヴィンのように族ので一時的に復活したベオウルフ」という説を見たことがある。

言われると最後行方不明ってのが何か怪しいんだよな・・・

3 ななしのよっしん
2018/09/01(土) 13:57:27 ID: oyq1IWB4ya
後半物理で安定している武器はマスターアクス、ボウという印だから使いで書もすくない序盤で
はいるフェルグスは自身も成長する使い捨てキャラぽいかな
4 ななしのよっしん
2018/09/23(日) 06:06:12 ID: 8sBzn6JJEv
序盤は書がないからヘタレやすいんだろうな
でも序盤はこいつとカリンにやるのが普通プレイだし仕方ない
5 ななしのよっしん
2019/01/20(日) 11:31:37 ID: VchDdNcQYw
戦の子世代が15歳前後に対して22歳位らしいから
噂が本当だとしてベオウルフ過去にお付き合いのあった女性の子と言う所
その女性がコノートに連なる人なら身分違いで結局一緒にはなれなかったみたいな感じだろうか
6 ななしのよっしん
2019/05/19(日) 21:35:52 ID: tDxRwqXzA2
>>5
ベオウルフ自身がコノートに連なる人物だったという可性がある

戦5章の会話でベオウルフ
レンスターには フィンと、キュアンの子がいる
 "に代わって"彼らを助けてやってくれ」
っており、これを言葉の通りに読むと
ラケシスレンスターに行く理由はラケシスではなくベオウルフ側にあった、
つまりベオウルフ自身がレンスター(北トラキア)に縁のある人物であった、と解釈できる

その前提で「フェルグスとベオウルフ血縁関係にある」「フェルグスはコノートの王族である」とすると
どこの馬の骨かも分からんような傭兵がコノート様をませて逃げた、よりは
ベオウルフフェルグスもコノートの傍系だった、という方がずっとありそうに思える

急上昇ワード