古今亭志ん生単語

ココンテイシンショウ

古今亭志ん生(ここんてい しんしょう)とは、20世紀を代表するスーパー落語家である。

概要

正式には、五代古今亭志ん生。本名は美濃部孝蔵。
明治23年(1890年)に生まれ、昭和48年1973年)没。
貧乏いいかげんという、落語世界を地で行く生活を続け、あげくのはてに「何をしゃべってもたまらなくおかしい」「座ってるだけですでに面い」という、仙人のような地に達した。いわば笑いの神とマブダチになってしまった、おそるべき落語家である。

詳しくは、wikipediaexitに物凄くに満ちた解説が載っているので、それを読むべし。

昭和古典落語は、昭和30年代から40年代に、「黄金期」と言われる名人輩出の時代を迎えた。中でも名人と名高かったのは、八代桂文楽、五代古今亭志ん生、六代三遊亭圓生、八代林家正蔵(のち六)の四人であった。(人によっては、三代目三遊亭や、一回り後輩の五代柳家小さんを含めることもあるだろう。)洗練の極みといわれた文楽、あらゆる演を演じた百科事典生、渋さと怪談の正蔵、と、それぞれ異なる個性を持ち、落語界を背負ったが、「天衣無縫」といわれた志ん生は、文楽と並んで、またひときわ別格の存在だった。からもされ親しまれ尊敬された「ザ・落語家」だったといってもよいかもしれない。

長男が十代金原亭馬生となり、次男は三代目古今亭志ん朝となった。どちらも、名人としていまも記憶される素晴らしい落語家であったが、どちらも、く亡くなった。生の女優中尾彬の妻としても知られる池波志。この縁があるため、志ん生を扱ったドラマでは志ん生の妻かつ自身の祖であるりんを3度演じている(直近では大河ドラマいだてん〜東京オリムピック噺〜』)。

ニコニコ動画には、古今亭志ん生の重すぎる「動画」がアップされている。「何をしててもおかしい」という彼の芸が堪できる、まさにお宝動画である。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

【スポンサーリンク】

スマホ版URL:
https://dic.nicovideo.jp/t/a/%E5%8F%A4%E4%BB%8A%E4%BA%AD%E5%BF%97%E3%82%93%E7%94%9F

この記事の掲示板に最近描かれたお絵カキコ

お絵カキコがありません

この記事の掲示板に最近投稿されたピコカキコ

ピコカキコがありません

古今亭志ん生

4 ななしのよっしん
2012/05/24(木) 23:29:19 ID: Q91y6I0h+a
ってに卑しい人物が出てくるから、やり方を間違えるとすごくいやな話になっちゃうんだよね。
志ん生師匠はさすが名人芸!
5 ななしのよっしん
2013/01/15(火) 01:01:12 ID: QKUWYmqSzz
50代まで売れてないんだね。苦労人だな。
6
2013/01/18(金) 02:17:24 ID: WRm4avXohR
伝説
座ってるだけで絵になる
7 ななしのよっしん
2013/02/06(水) 05:07:58 ID: HsKNbSqITc
wikipediaの『寝床』の項で志ん生師匠ドイツオチシュールと書いているけど、これって冒頭で都々逸の話をしていたのにかけているのだと思うのだが、どうなんですかね?
何処で話したらいいのかわからない疑問なので、ここに書きこみました

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%9D%E5%BA%8Aexit
8 ななしのよっしん
2014/09/05(金) 22:36:10 ID: saZfjL40X+
居酒屋」「寄合」「芝浜」等のに関係する演
後輩落語家マクラでよくエピソードられる人だな
9 ななしのよっしん
2016/05/07(土) 18:32:33 ID: NCH9GMh8gK
今更ながらに気づいたんだが、大百科の文章が噺り口を思わせる。
素晴らしい、文体だ。
10 ななしのよっしん
2018/11/28(水) 22:47:12 ID: 98sST3vO2v
wikiの年表をして「当人の記憶があやふやだったため諸説ある」と言わしめる志ん生らしさwww
11 ななしのよっしん
2019/01/12(土) 20:24:58 ID: ap8eYEvVDK
関連項目大河ドラマいだてんを追加してほしい
12 ななしのよっしん
2019/01/14(月) 14:34:43 ID: QNDJRF1z+E
この人実在の人物だったのかよ!?大河ドラマオリジナル噺をやらせるための架の人物だと思ってたわ
13 ななしのよっしん
2019/02/04(月) 07:17:51 ID: F4Y7jRywOS
橘家圓喬子ってのは自分で言ってただけで確かな記録は残ってるんだっけ?

急上昇ワード